16/05/30 引越しコラム column

引越しで気になる子とお別れ でも今は幸せ

image_separate

引越しをするとなるといろいろな別れを経験したりするのではないでしょうか?私も過去に引越しをして好きだった男の子と離れ離れになってしまいました。引越しは辛い経験でしたが今ではいい経験になったなと思います。

幼かった時のあまずっぱい経験ではありますが参考にしていただけたらうれしいです。

 

スポンサードリンク

想いを打ち明けられないまま転校

30代の女性です。
小学5年生の時に、父親の仕事の都合で、生まれ育った新潟県の田舎町から、関西へ引越しました。
引越す前の当時の私には、幼稚園の頃から好きな男の子が、同じクラスにいました。
その子と私を含め、男女グループで休み時間に遊んだり、剣道の習い事が一緒だったりで、話す機会も多く、仲も良かったのですが、結局想いは打ち明けられず、私は転校してしまいました。

 

引越しを後悔

ある日転校前の学校の友達から手紙が届き、『○○君が○○(私)の事が好きだったから、離れて寂しいと言ってる…だから手紙を送ってあげて』と書いてありました。
私は天にも昇るような気持ちになり、すぐさま手紙を送ると、数日後返事が返ってきました。
けれども、結局文通の長続きはしませんでした。
まだその頃、お互い中学生で、携帯電話も持っていません。
彼に思いは伝えてはなかったのですが、その後勝手にフラれた気持ちになり、どうすることもなく時が過ぎるばかりでした。

新しい地で、他に気になる人ができたり、付き合ったりしました。楽しいことも沢山ありました。
しかし今思えば、恋でうまくいかなくなると、必ず彼のことを思い出して、なんで自分は今、こんなところにいるのだろう、生まれ育った地を離れ、引越しをしたこと、あの時、両親に強く反対して、単身赴任の選択をお願いするべきだったと、後悔と悲しい気持ちでいっぱいになる青春時代を過ごしました

月日も経ち、20代も半ばになり、久々に連絡のあった昔の女友達と話が盛り上がり、『みんな集めて飲もう!』と、その女友達がみんなを集めてくれました。
私は誰にも自分の思いを伝えていなかったので、祈るような思いでお店に入ると…

彼がいました。
彼と話すことができ、連絡先も交換しました。
彼は田舎町から上京し、仕事にも就いて生活していました。

 

昔の恋があるからこそ、今の自分がある

その後しばらく、連絡を取り合いましたが、会っていなかった時間の溝が大きすぎて、気持ちの距離を縮めることもできず、しだいに私は、彼のことを思い出すこともなくなりました。
その頃、私は別の好きな人と出会い、結婚し、子どもも産まれました。
今は主人のことが大好きです。

そして昔の恋があるからこそ、今の自分があると思っています。
幼かった私にとっては、少し辛かった引越しでしたが、今はとても幸せです。
引越しはそのきっかけになってくれました。