スポンサーリンク

16/08/01 引越しコラム column

引っ越しを考える妊娠中のママ必見!その家具危なくない??

img_baby_interior_21

こどもが産まれることになり、引っ越しを考えている貴方。

もちろん外部からの刺激も少なく、住みやすい環境作りや、お部屋選びも大切だけど、自宅の中の環境はもっと大切ですよね。
そこで引っ越しを機会に一度見直したいのは、家具の種類では無いでしょうか?

赤ちゃんも、ママやパパも安心して生活を送る為の配慮って、たくさんありますよね。
その中でも、今回は家具に目を向けて、暮らしやすい環境作りを考えてみることにします。

 

スポンサーリンク

新居にはやっぱり、大人カッコイイ家具が勢ぞろい!

引っ越しをするとなると、どうしても購入意欲にかられてしまう、大人カッコイイ家具達。
白を基調にした、取っ手も引っ張りやすい、機能性抜群な清潔感溢れる家具や、一つの家具に電子レンジも、炊飯器もおけるような、縦長タイプの家具など、オシャレで尚且つ機能性も抜群だと、ついそんな家具を揃えてしまいたくなりますよね。

大人カッコイイ、オシャレなお部屋作りは、新居へ引っ越すとどうしても考えずにはいられないポイントです。そんな空間に包まれて過ごすと、心まで和みますね。

特に新婚の場合であれば、お部屋のデザインやレイアウトは、オシャレに仕上げていたいところです。
しかし実際にそこに赤ちゃんができるとなると、本当に住みやすい空間と言えるでしょうか?

 

その家具危なくない??

赤ちゃんは少し大きくなると、大人とは全く違う目線で遊ぶようになります。
そこに危険はつきものです。油断していると、顎をうって舌を噛み、そのまま口から流血していたりなんてことが、頻繁に起こるようになります。

大人二人の時とは違い、こどもが一人増えるだけで、生活は一変してしまうのです。
そこで注目すべきは、家具選びです!

オシャレに気をつかうあまり、危険な家具もたくさんあります。

 

まずキャスター付きの扉のある家具は、赤ちゃんが引っ張っただけでも、簡単にあいてしまうので、必ずと言っていい程、指を挟みます。小さくて細い指が折れてしまっては、取り返しがつきません。

img_caster

出典 http://www.homes.co.jp/stylemarket/shop/g/gsm-006-10015/

他には背の高い家具や、電化製品です。この辺りは倒れてくると、最悪の事態を招きます。

あと意外に遊ぶのが、テレビです。最近では、超薄型の押すと簡単に倒れてしまうようなタイプの、液晶テレビが主流ですね

そのテレビはこどもには、最適の遊び道具になります。

まず後ろを固定して、震災時などに倒れてこないようにしておくのは、基本的な対策として取り入れておきたいところですが、赤ちゃんはそのテレビを一生懸命倒そうとして遊ぶようになります。

実際は壁などに当たり、倒れるまでには至らないので、中途半端にテレビの前部分だけが浮いているような状態になります。
そして何かの拍子に今度は、もとに戻そうとするので、テレビの下敷きとなり、手を挟んでしまうのです。

他には、取っ手つきのタンスですが、ほぼ100%その取っ手を利用して、捕まり立をするようになります。きっちりとまだ立つことの出来ない赤ちゃんは、取っ手という微妙なところに捕まっているので、バランスを崩しやすく、顔から取っ手目掛けて強打します。

このように、今までには考えられなかったほんの少しのことで、すぐにケガをしてしまうのです。

 

引っ越しを機会に考えたい家具選び

全ての家具を買いかえる必要はありませんが、最低限ベビルームに置く用の家具は、安全性を第一に考えた、こども部屋用の家具を置くことをオススメします。
そこで、不要な家具は、どんどん捨ててしまいましょう。

そうすることで、赤ちゃんをケガから守れるのです。
もちろん危険なものが無ければ、ママも安心して家事にも専念できますよね。
でも、赤ちゃんがケガをする可能性の高い物を、赤ちゃんの近くに置いてしまうと、気になって仕方がありません。

このように小さな心配の積み重ねが、ママのストレスへと変化していくことになるので、安全面第一なお部屋作りを心がけておくと、ママのストレスも軽減されますよ。

 

最後に

妊娠中の方、おめでとうございます。
これからママになると、今までとは違った「なんでこんな動きをするの!」という驚きの毎日になります。

こどもは予想外に思うような、遊びをすることが大好きです。

引っ越し時には、良い機会と考えて一度家具の見直しを行ない、それでもどうしても捨てられないのであれば、最低限度の配慮は何かということを考えて、常に行動するようにしましょう。

スポンサーリンク