子ども

引越しが子どもとママに与えるストレスとは?

子どものイメージ画像

引越しのストレス

●ストレスとはゆがみの状態

ストレスと聞くと人間の気持ちが穏やかでない状態をイメージする人が多いと思いますが、本来のストレスという言葉は人間に限らず物に対しても言われることで、何かの外的な刺激を受けたことにより、その物がゆがんでしまっている状態を指しています。

その原則を人間に当てはめると、やはり私たちのイメージは正解で、刺激によって心がゆがめられてしまっている状態と言えます。

 

●ストレッサーとは

心がゆがめられてしまうその刺激を「ストレッサー(ストレスの原因)」と言いますが、どんなものがあるかご存知でしょうか。

例えば寒さ、暑さの物理的ストレッサー、薬は科学的ストレッサー、風邪ウイルスは生物的ストレッサー、悲しみや興奮などは心理的ストレッサー、このようなものです。

並べてみると、刺激は日々たくさん受けているのだなと思いますよね。

そこで引越しですが、自分をとりまく環境が一気に変わるので、様々な「不安」が押し寄せる心理的ストレッサーが多いと言えます。

●ストレス反応はいろいろ

刺激により心がゆがめられると、それをもとに戻そうと働きますが、その時に生じる変化をそれをストレス反応と言います。

イライラしたり集中力が低下したり、無性に悲しくなったり、または動悸、呼吸困難のような身体の変化も現れることがあります。

ほうっておいて重症化してしまうと、うつ状態になってしまい生活が困難になることもあります。

●引越しでは気付きにくいストレス反応

引越しのストレスで心配なのは、このようなストレス反応に気付かない場合が多いことです。

なぜなら、引越しの前後はやることがたくさんあり、常に忙しく追われて自分を顧みる余裕がないからです。

また、引越し後の新生活に期待する、わくわく楽しい感情により隠されてしまうからです。

新生活は元気な心でスタートさせたいものです。
引越しの時にはストレス反応によく注目してみましょう。

引越しと子ども

●子どもも引越しのストレスは受ける

さて、お子さんをお持ちのお母さんにとって、お子さんが引越しのストレスを受けることは自分のことよりも心配でしょう。

子どもは環境の変化に強いという意見もありますが、多かれ少なかれ刺激に反応はするはずです。

また、小さい子どもは引越しそのものが理解できないからこそ、急な環境の変化は大きな刺激となりうるのです。

 

●引越しが子どもに与える影響

引越しが子どもに与える影響は、年齢によっても様々です。

*赤ちゃんでしたら部屋の明るさの違いだけでも大きな影響です。

*幼稚園、保育園のお子さんは、お友達や先生との別れという試練を与えます。
と同時に新たな友達や先生との関係作りという不安も与えます。

*小学校のお子さんなら友達との関係はさらに深いものになっていますから、より影響は大きいものとなります。

*中学生のお子さんでしたら、クラス以外にも部活のコミュニティーもありますし、そろそろ恋愛事情も考慮しなければいけないかもしれません。

好きな人との別れは思春期の子どもにとって大変なストレスです。
また、人生を左右する受験にも影響を与えるかもしれません。

 

●引越し後の子どものストレス反応に注意

このように引越しは子どもに様々な影響を与えます。

実際に引越し後に、夜泣きがひどくなった、急にどもるようになった、身体に湿疹が出た、再びおねしょをするようになった、などという変化が現れるお子さんがいるようです。

このような反応が見られたら、引越しによるストレス反応かもしれません。
引越しから受けるストレスができるだけ少なくなるよう、また、早く対処して回復できるようにサポートしていきたいものです。

 

引越しとママ

●ママにとって引越しは大変なイベント

妊娠中のお母さんも含め、お子さんをお持ちのお母さんにとって、引越しは人一倍大変なイベントです。

単身の引越しよりも考えることは倍増です。
お腹の子を守りながら、子育てと両立しながらの作業は、ストレスとの戦いではないでしょうか。

 

●まずママが元気でいて!

先にも述べたように、お子さんの年齢によっても受ける引越しのストレスは異なり、反応も異なります。

引越しの経験があったとしても同じ条件の引越しはなく、毎回その年齢のお子さんとともに異なる環境に挑まなければなりません。

しかしお子さんのケアをしたいと思いつつも、仕事や家事はいつもと変わらずこなさなければならず手一杯になるのが普通です。

大事なのはお母さん自身がまず元気であることです。
事前に集められる情報は集め、対処できることは対処して、家族みんなで楽しく引越しができるようにしたいですね。

img_move_child_11

子どもは親の庇護のもと成長するほかないため、自分では住む場所を決めることはできないのが普通だと思います。 ただ、子どもの頃に住む土地や環境、周辺の人間関係は多感な時期にたくさんのものを吸収する子どもたちにとってはかなり大きな影響力を持っています。その影響というものは、時と場合によって良いものであったり悪いものであったり、どちらにも成り得ます。 子どもを育てている親である人々は、責任を持って子どもに…

img_child_school_far_22

子どもの頃の初めての引越しで、私たち家族は町のはずれに家を建てて引越しをしました。兄はそのときすでに高校生で自転車通学でしたが、小学4年生だった私は小学校まで3.5kmの道を、毎日徒歩で通学することに!その道のりには、なかなかシビアな現実がありました。 マイホームを建てて家族で引越しをするのは本当に楽しみですよね。これからの人生の拠点となる場所ですので、だれもが慎重に考えるはずです。でもどうしても…

ffa7cec771fba25ad261eeac8ebb60da_s

春は転勤や転校等で引越しシーズンですね。何度も引越しを経験している転勤族は、子どもが赤ちゃんや幼稚園児の頃は、多少引っ越し費用が高くなったとしても、お手軽パックなどを使って楽に済ませていますが、小学生くらいになると準備を手伝わせるのはどうでしょう。 猫の手も借りたい時は、上手く巻き込むとたとえ低学年の子どもでも、猫以上の力を発揮します。今回は小学生でもできるお手伝いを、いくつか挙げていきます。 &…

img_baby_wash_21

出産経験者の皆さんは、よく御存知のことと思いますが、出産直後の家事で最も大変な事の一つに、洗濯が入りますよね。 オムツ変えの失敗、または発汗など、赤ちゃんには度々お着替えが必要になり、洗濯物も増えたりします。 それだけではありません。私たちはすくなからず食べるときや飲み物をも飲むときに空気を一緒に飲み込んでしまいますが、産まれてすぐの赤ちゃんはこれをゲップとして上手く出すことができません。 空気を…

img_baby_cry_measure_39

新しく加わった家族のために 赤ちゃんが誕生したら、こどものためによりよい環境を求めて引っ越しをする家庭が多いと思います。 小さなお子さんがいる世帯と夫婦だけの世帯とでは必要な間取りが大きくかわってきますし、毎日の買い物がしやすい場所や親族のサポートが受けやすい土地に引越しをする方も多いでしょう。 こどもたちが将来通う学校のことまでを視野に入れ、引越し先を決める方もたくさんいます。多くの方が新しく加…

img_oldguy01

家族での、初めての引越しには、予想もしないようなトラブルがつきものです。 近距離(2km程度)の引越しだった我が家では、父親が張り切って軽トラックを借りてきて、自分たちで引越しを行いました。 だけど、自分たちでの引越しは、思いもよらぬ落とし穴やトラブルがたくさん! 子どもの自分にはどうすることもできなかったけれど、我が家に起こったトラブルを、まとめました。 ご自身でのお引越しを検討されている方は以…

img_pregnant_healing_60

引越しには色々な手間がかかりますよね。まずは引っ越し先を決めるために不動産屋巡りを行い、気に入った物件があれば内見をします。内見では理想と現実を天秤にかけながら真剣に考えていると、数件回っただけで疲れてしまいます。いざ引越し先が決まっても、引越しに関連する手続き関係に追われて、落ち着くまでには時間がかかります。 その間ずっと根を詰めると心身共にもちませんので、適度に気を抜くことが必要です。引越しは…

img_pregnant_stress_72

引越しをするとなると、スムーズに新生活へのスタートを切れるか、すぐに馴染めるかなど心配になります。 ただでさえやることが多く、心身共に疲れてしまうのが引越しですので、妊婦さんが行うとなると大変です。ストレスによりイライラしてしまったり、ホルモンバランスの影響で精神的に不安定になりナーバスになってしまう可能性もあります。 できれば妊婦さんが引越しをするのは避けた方が良いのですが、どうしても引越さなけ…

img_elementary_unique_90

小学校といえば、通学範囲で決められた所に通わなければならないものと思っていませんか? 小学校生活は、その先の中学、高校、大学、どの学校よりも長く6年間もの間通うもので、卒園したての幼稚園に近いころから、思春期を迎える中学生になるまでを過ごす大切な期間です。子供の成長に大きく影響を与えるであろう6年間を過ごす小学校を、家の近くだからという理由だけで決めてしまってよいのでしょうか? 最近では、公立の小…

img_child_trust_19

家族での、初めての引越しには、予想もしなかったトラブルがつきものです。 両親がマイホームを購入したのは、地方の町の不動産屋で、今から考えるとそこそこ立派な建物の会社だったように思いますが、やはりトラブルは発生・・・!我が家に起こった、不動産屋がらみのエピソードをまとめました。   転校しないはずだったのに?学区が違う! 両親がマイホームを建てる際に、私に約束してくれたこと。それは、小学生…

スポンサーリンク