子ども 引越し 体験談

子ども時代の引越し体験談

子ども 引越し 体験談のイメージ画像

引越し準備でとっても忙しいお母さん、あちこち調べたし、もう忘れ物はないですか?案外お子さんの気持ちは忘れていませんか?引越しは子どもにとても大きな影響を与えます。子どもには子どもの世界があり、彼らなりに日々さまざまな困難に立ち向かっています。

ここでは、子ども時代に引越しをした経験のある方が、当時のリアルな気持ちを体験談として綴って下さっています。ぜひ参考にして、お子さんのサポートをしてあげて下さい。引越しを機に、家族の結びつきが強くなるはずですよ。

 

引越しで不安定な子どもの気持ち、両親にケアしてほしいこととは?

引越しという環境の変化は子どもに様々な影響を与え、子どもの心や身体に変化が現れるものです。子どもが自覚して伝えたり、対処できたりすればいいのですが、大人と同じようにコンディションを整えるのは難しく、やはり両親のケアは重要になってきます。

初めての子連れ引越しは当然戸惑いますが、子どもは年齢によって能力に大きく差がありますので、2度目以上の引越しでも毎回戸惑い悩みの種となることでしょう。では、ここで語られている子ども時代に引越し経験のある方の体験談を読んでみましょう。様々な年齢の時の記憶が集められています。あのときこんな気持ちだったな、今思えばあれも不安の表れだったんだな、そんな時は親にこういうケアをして欲しいものだな、と回想してアドバイスを下さっています。

あなたのお子さんの気持ちをきっと代弁してくれているはずですよ。

 

引越しで両親がしてくれて嬉しかったこととは?

自分ではなんの意識もしていなかった関わりも、子どもにとっては一生覚えている大切な記憶となっていることもあります。引越しというイベントで、子どもはどんなことを感じるものなのでしょうか?子どもの目にはどんなものが映っているのでしょうか?

ここでは、子どもの頃の引越し経験の中でも、両親にしてもらってうれしかったことなども語られています。家族全員にとって、引越しが良い思い出になるといいですよね。引越しで子どもがどんなことに喜びを感じるものなのか、引越しの成功のためにひとつの参考になると思います。ご覧下さい。

img_move_child_11

子どもは親の庇護のもと成長するほかないため、自分では住む場所を決めることはできないのが普通だと思います。 ただ、子どもの頃に住む土地や環境、周辺の人間関係は多感な時期にたくさんのものを吸収する子どもたちにとってはかなり大きな影響力を持っています。その影響というものは、時と場合によって良いものであったり悪いものであったり、どちらにも成り得ます。 子どもを育てている親である人々は、責任を持って子どもに…

img_child_school_far_22

子どもの頃の初めての引越しで、私たち家族は町のはずれに家を建てて引越しをしました。兄はそのときすでに高校生で自転車通学でしたが、小学4年生だった私は小学校まで3.5kmの道を、毎日徒歩で通学することに!その道のりには、なかなかシビアな現実がありました。 マイホームを建てて家族で引越しをするのは本当に楽しみですよね。これからの人生の拠点となる場所ですので、だれもが慎重に考えるはずです。でもどうしても…

img_oldguy01

家族での、初めての引越しには、予想もしないようなトラブルがつきものです。 近距離(2km程度)の引越しだった我が家では、父親が張り切って軽トラックを借りてきて、自分たちで引越しを行いました。 だけど、自分たちでの引越しは、思いもよらぬ落とし穴やトラブルがたくさん! 子どもの自分にはどうすることもできなかったけれど、我が家に起こったトラブルを、まとめました。 ご自身でのお引越しを検討されている方は以…

img_child_trust_19

家族での、初めての引越しには、予想もしなかったトラブルがつきものです。 両親がマイホームを購入したのは、地方の町の不動産屋で、今から考えるとそこそこ立派な建物の会社だったように思いますが、やはりトラブルは発生・・・!我が家に起こった、不動産屋がらみのエピソードをまとめました。   転校しないはずだったのに?学区が違う! 両親がマイホームを建てる際に、私に約束してくれたこと。それは、小学生…

img_child_not_move_17

これから新生活を迎える方の中には、お子さんの転校を伴い、新学年を新たな場所で迎えるという方もいらっしゃるのではないのでしょうか? 親の都合でお子さんが環境を変えないといけないともなると、多少なりとも後ろめたい気持ちと不安がありますよね。そんな不安が少しでも軽くなって、楽しい新生活を迎えられるきっかけになればいいと思い、私の子どもの頃の引越しと転校の経験談をお話しします。   家を引越さな…

img_child_language_17

京都から名古屋へ 私が京都から名古屋に引越したのは、七才のときでした。七才というと、小学一年生で、いろいろなこともわかりはじめ、言葉の語彙も増えて、複雑なニュアンスも表現できるようになります。 私の両親は二人とも京都生まれの京都育ちでしたから、家の中では当然京都弁。家の外も京都弁だったので、私は七才まで、京都弁べったりの世界の中で育ち、自分も知らない間に京都弁で喋っていました。 それが、七才のとき…

img_child_schoolgirl_17

小さいお子さんをお持ちの方で、引越しを控えられている方、たくさんいらっしゃいますよね。 引越しの理由もさまざまだと思います。 旦那さんの転勤、子どものために良い環境に移りたい、家庭の複雑な事情でやむを得ず、という方もいらっしゃるかもしれません。 そんな引越しを経験する際、お子さんはどのように感じているのでしょうか。自分の子どものことはなにもかも理解していると錯覚しがちです。 ですが子どもはどんなに…

img_child_teacher_16

小さいお子さんをお持ちの方で、お引越しを控えられている方もたくさんいらっしゃるでしょう。 我が子は新しい転校先の学校にうまく馴染んでいけるだろうか、新しいお友達はすぐにできるだろうか、と心配していらっしゃる親御さんも多いと思います。 お母さん、お父さんの家庭でのサポートは一番大切です。 ですが、担任の先生の助けを借りることもお子さんがスムーズに新しい環境馴染むには大切なことなのです。 今回は、私個…

img_child_school_14

小さいお子さんをお持ちの方で、引越しを控えている方はたくさんいらっしゃると思います。 不安な思いはしないか、新しいお友達はすぐできるだろうか、とお子さんの転校先での学校生活に気を揉むママ、パパも多いかと思います。 私も、小学校低学年のときに引越しを経験しました。でも、心配しすぎることはありません。 はじめはやっぱり不安なこともあったけど、子どもはやはり順応するのが早いです。 私の転校体験を振り返り…

img_child_goodpoint_16

引越しを控えられている方で、お子さんをお持ちの方。小さいお子さんのことがとても心配に思っているママさん方もたくさんいらっしゃいますよね。 引越しによってお友達と離れ離れになり、寂しい思いをすることもあるでしょう。 ですが同時に子供にとっての引越しは、とても楽しいものでもあるのです。 大人よりもずっと楽しむ才能がある子供。実は知らない土地へ引越すことも、冒険のように楽しんでいるものなのです。 今日は…

スポンサーリンク