15/10/21 引越しMoreコラム more-column

修理代が高くつく!?デザイナーズマンションの落とし穴:Mさんの口コミ

img_designers_stairwell01

イメージ
出典:http://www.r-store.jp/

 

北海道で恋人とデザイナーズマンションに住んでいたというMさん。

デザインはもちろん、高い天井に吹き抜けがあり、明るい日差しが気に入ったようです。

しかし、デザイナーズマンションならではの悩みも。どんな悩みだったのでしょうか?

住んでみてよかったことや後悔していること、
今後デザイナーズマンションを考えている方に向けてのアドバイスをいただきました。

 

 

スポンサーリンク

都会的でかっこいい、彼女も気に入ってくれた

決め手は、駅からの距離と立地条件が良かったことや、高い天井とリビングルームに吹き抜けがあったこと。
実際に朝と夕方2度にわたって下見した時に、窓からの光の差し込み方が丁度良かったです。

水回り、特にキッチンのデザインが都会的でかっこよく気にいりました。

そして、一緒に住む彼女がとても気に入ってくれたので決めました

 

家にいるときはテンションも上がり、仕事の能率も上がった

気に入って決めた住居だったので、家に居る時はテンションが上がり仕事の能率も上がったような気がします

窓が多く室内で日光をたくさん浴びれるし、洗濯物もすぐに乾きました。

夜はかなりムーディーな感じで、お洒落な場所になり友人に自慢できました

 

修理代が痛手に・・・

一般的なマンションよりも窓や床が破損した時の修理代金が高く付き、こればかりは後悔しました

やはりいろいろな場所に特注品を使っていたりするせいか、部品の取り寄せにも時間がかかり大変でした
もちろん工賃も普通よりも高めになりました。

また窓が多かったせいか、冬の夜はとても冷え暖房費がかかりました。

 

デザインにとらわれすぎないで。しっかり下見をして。

後で後悔しないように、何度も下見をしておくべきでしょう

下見の時は物が置かれていませんが、自分がインテリアをどういう風に設置するか考えたり。

テーブルやソファーを置いた時に人が動くスペースがどうなるのか、窓を開けた時の風の通り方なども調べておくと良いかもしれません。

デザインに気を取られ過ぎると、周りの騒音や近辺の治安など基本的な事を忘れがちになるので注意ですね。

デザイン重視で安全性が疎かな物件もあるので、火災や地震時に逃げるルートがちゃんとあり、機能するかなど、セキュリティ面は見ておいた方が良いです。

デザインにとらわれすぎないで、冷静にしっかり下見をして決めて下さいね。

スポンサーリンク