スポンサーリンク

15/12/03 引越しコラム column

賃貸で一戸建てを借りる際の注意点

img_flat_attention_21

引っ越しというのはどうしてこんなにうきうきと楽しいものなのでしょうか。毎回賃貸物件を選ぶ度に、今度はどんな素敵な部屋との出会いがあるのだろうと想像を巡らせると胸がときめいてきますよね。特に女性の方の場合、ショッピングで服やバッグを選ぶような楽しさで賃貸物件も選んでいることも多いことでしょう。

そして最近若い女性達の間で意外な人気となっているのが、賃貸物件で一戸建てを借りて住むことなんです。一戸建てを購入しようと思ったならば莫大なお金がかかってきますが、賃貸ならば比較的安くて憧れの一戸建て生活を手に入れることができます。しかし一戸建てに住む上で、いくつかの注意点というものがあります。以下に代表的な注意点を示しますね。

 

スポンサーリンク

色々と自由だからこそ、近隣住民の方達とはマナーを守って仲良く過ごすこと。

まず何と言っても一戸建てに住んでいる方達の特徴として、マンションやアパートに住んでいる方達と比べて近所づきあいが比較的濃厚であるという点があります。回覧板の閲覧だったり、町内会の存在だったり、そういった事柄も濃い近所づきあいをしているということの証拠でもありますよね。そして濃厚な人間関係を築くということは、何か困ったことが起こった時にお互いに助け合えるという点でとても心強いものです。特に女性の一人暮らしであれば、近所に一人でも多くの味方を作っておくことは必須であると言えるでしょう。

そして一戸建て賃貸物件に住むということは、マンション等と比べて庭も使えますし、自由な点が沢山あるということです。しかし自由な点が沢山あるからこそ、それに伴うマナーも当然しっかり守ってこそ、良好なご近所づきあいができるのです。例えば夏になれば庭で花火をしたくなることもあるでしょう。そのような時にきちんと火事が起こらないように配慮することが大切。また、庭でバーベキューをしたくなることもあるかもしれません。そんな時も必要以上に煙を出さないように配慮したりする必要があります。

 

築年数が古い物件の場合は自分なりにきちんと耐震対策を立てること。

賃貸で一戸建てに住む場合、どうしても木造の古い物件が多くなることが多いです。もちろん築年数が古い物件といっても、きちんと私達入居者がしっかりとした耐震対策をとれば、地震等の災害発生にも対処できるのです。

具体的にはどのような対策が必要なのでしょうか。まず何といってもしっかりと家具を転倒しないように固定することですね。それから家具が沢山ある部屋を寝室にしないようにするとか、万が一の時に備えて非常災害用の備品を入れたバッグを用意することも必要ですね。
もちろん自分一人だけで対処できないような老朽化した場所等があれば、大家さんに相談して報告することも必要です。大家さんとしても、自分の家がしっかりと耐震対策してあった方がいいと思うに決まっていますから、遠慮なく相談してみましょう。

 

まとめ

このように、賃貸の一戸建て物件に住む際には様々な注意すべき点があるということがお分かりになられたかと思います。しかし基本的なマナーを守り、ご近所の人達と顔を合わせればきちんと挨拶することができていれば、マンション等に住むよりも楽しい生活ができることは間違いありません。
特に都会に住む若い人達は、ご近所づきあいが希薄である場合が沢山ありますが、意外とつきあってみれば楽しいものです。昔ながらの暖かい人間関係を思い出して優しい気持ちになることも間違いないでしょう。引っ越しや新生活というのは楽しいものです。皆様方もわくわく楽しみながら、自分だけの素敵な賃貸物件が見つかりますように。そして楽しい春の生活を過ごしましょう。

スポンサーリンク