16/04/22 引越しコラム column

引越しで、風水的に気を付けたい黒い家具

black-room-decor

出典 https://www.happywall.co.uk/

女性が引越しをする際、意外に気になるのは、越した先の家の持つ運気、いわゆる家相です。

風水的に良いとされる間取りのところへ行ければベストですが、現実はなかなかそうもいきません。また越した先に、既に備え付けの家具などが揃っているという場合もあるでしょう。

そうなると出来ることは限られてしまいますが、特に黒い色の家具には気を付けたいものです。

よく、デザイナーズマンションなど、スタイリッシュな部屋のレイアウト例に、真っ黒の家具が配置されているのを見かけることがありますが、これは、風水的にはあまり良くありません。

家具に黒やグレーなどの無彩色が多いと、運気を上げるどころか、逆に自分が持っている本来の運気すら下げてしまうことがあるのです。

 

スポンサーリンク

風水にとっての「黒い色」の持つ意味とは?

●拒絶の色!?

この色は、風水的には、あらゆるものを拒絶する意志の表れであるとされています。
良い面としては、秘密を守るパワーを持っているということです。

もし、他の人に対して自分の気持ちを知られたくないといった場合や、プライベートに必要以上に踏み込まれて嫌な思いをしているときには、この色の革製品などを持つと拒絶できると言われています。

また、格調高さや静謐さといった特徴もある色です。自分の気持ちや、場の雰囲気を引き締めるような効果も望めます。

更にこの色は、白い色と陰と陽の関係にあるところから、相手を引き立てる役割を担う人が好んで使うとされてもいます。

しかし一方では、かたくなさや緊張を強いられる色でもあることから、これを広い面に配色すると、自分が持っている運気も下げてしまうような、強いマイナスの効果を持つ場合もあるのです。

 

●クリエイターに最適

マイナスなことばかり挙げてしまいましたが、黒の良い面もあります。

「黒」は無から有を生み出す、創造的な仕事をしている人が好んで使う色でもあります。そのため、黒は先駆的なアーティストやクリエイターたちがよく身につけています。

よく知られているのは、千利休がいつも黒を身につけていたと言われています。彼も茶の文化だけでなく、芸術にもとても造形が深かったようです。

陰の気が強いとされる色ですが、ポイントで黒のものを使うと、クリエイティビティに良い影響があるでしょう。

 

どうしたら運気が上がるの?

黒い色が好みであるという人も多く、また実際に無彩色は、多様な色の製品との相性も良く、使いやすいということもあります。その場合は、配置で工夫できるものについては、配置を変えてみましょう。

黒は、北に置くことが運気を上げる秘訣です。そこには古代の中国の五行思想が関わってきます。古代の中国では、色と方角や季節を結び付けて考えており、青は方角は東で、季節は春とされました。赤は南で夏、白は西で秋、そして黒(玄)は北で冬とされています。

この思想に基づいて中国では、東には緑の観葉植物が良い、北には黒い家具を置くのが良いとされているのです。

よって、引越した先の家具が動かせるものであるなら、北の方へ置く場所を変えると運気は上がるでしょう。

また、作り付けなどの動かせない家具や、北側にスペースが取れないなどの理由で、北側に置き直すことができない場合は、お気に入りのカラフルな布をかけるなどして色を隠してしまうということでも対応可能です。

 

まとめ

  • 黒い家具をお勧めしたい人:クリエイター
  • 黒い家具と相性のいい方角:北

風水は、気にならない人にとってはさほど問題ではありませんが、一度気になってしまうと、出来れば運気は逃したくはないと思ってしまうものです。

一方で、風水的に家相の良い物件を探したり、リフォームを考えるのは、現実的にはなかなか勇気がいることでもあります。

マイナス運気になってしまうと言われる黒い色の家具ですが、布で隠したり、金属金具があるものは、磨いて金属部分を目立たせたり、あるいは北側へ移動させたりするなど、ちょっとした工夫で良い家相に変えることができます。

家相が良くなり、滞っていた気もめぐりはじめると、気持ちも晴れやかになり、それがまた次の運気を呼び寄せることにもなります。引越すのを機に部屋の模様替えをしてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク