スポンサーリンク

16/06/13 引越しコラム column

ダイエット効果もアリ!? 女性の引越しで活かす青色の風水効果

blue-decor

出典 http://howhome.pw/light-blue-room-decor/

引越しして新生活を始めるなら、今までの部屋とは違ったカラーインテリアを楽しみたいものですね。テーマカラーを決めかねているようでしたら、風水の考え方を取り入れるのはどうでしょう?

風水というと怪しげなイメージがする方もいるかもしれませんが、もともとは中国の漢の時代から伝わってきた環境調整の学問です。風水とは大地・水・太陽、といった大自然に人間の運命が委ねられているという考えを基本にしています。つまり、環境を整えることで、運気を上げるのが目的です。

色にはそれぞれ独自のパワーが秘められており、色の力を味方につけることで幸せを呼び込むことが出来るのです。

ここでは、風水の中でも特に青色を使った環境整理を考え、インテリアとして活かす方法を考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

方角と組み合わせて効果アップ

風水で色と合わせて考えたいのが方角です。引越し作業中であればインテリアの配置も変更しやすいでしょうから、あらかじめ、どの方角に何色の家具を配置するのかを決めておくと良いでしょう。

 

●西:節約効果

bluevases

出典 http://www.decoist.com/

西に青を配置すると節約効果が期待できます。風水で金運アップの色は基本的には黄色ですが、西と青の組み合わせをするのも良いです。

節約が上手くいって気付いたら貯金がたくさん貯まっているかも!?何か大きな買い物を予定しているなら西に青です。

 

●北西:セクハラ防止!?

北西に、特に深い青を配置すると、セクハラ防止効果が得られると言われています。新しい職場では余計なストレスなく仕事に没頭したいという方は、試してみて下さい。

 

●東:イライラ防止

なんだか些細なことでイライラしちゃって不安定!という方は、東に青を配置してみてください。女性はホルモンのバランスでも気持ちが不安定になりがち。調子が悪い時だけ配置するよりも常に置いておく方が気を整えられるでしょう。

もしイライラが激しくなってしまった時は、南側に青を配置させると抑制効果があります。

 

青色でダイエット

bluedining

出典 http://www.desiretoinspire.net/

青色は、風水の中では「水」の気を象徴する色です。そこから、冷たさや流動性を表すとされています。そのため、あまり多く使いすぎてしまうと、冷たい印象になり、そこから体が冷えたり、新陳代謝が下がってしまうので気をつけましょう。

逆に程よく使えば、特に女性に嬉しいダイエット効果が期待出来ます。青色には鎮静効果があるとされており、副交感神経を優位にさせてくれます。なので、食べたいという衝動を抑えてくれます

使いどころとしては、キッチンやリビングなどに使うと、食事中の食べたいという衝動を抑制してくれるでしょう。
また、夜になると過食したくなる衝動が多い人は、寝室のカラーインテリアとして用いることで、夜の眠りを整え、過食衝動を抑える効果があります。

 

青色で仕事の効率アップ

blue-workingdesk

出典 http://www.careerbuilder.ca/blog/

風水で「水」の気を象徴する青色には、そこから転じて「木」を育てる力があるとされています。
風水では、仕事運は「木」の要素を持つ、と考えるので、仕事運アップにも役立ちます。

仕事の中では、常に冷静であることが求められます。すぐにカッとしてしまうような人ならば、鎮静効果も狙って部屋に使うと良いでしょう。また、不必要なものの取捨選択パワーを高めてくれます。

使いどころとしては、自室やリビングなど、普段自分が仕事部屋としている所がベストです。
他にも色を組み合わせたいという場合には、緑色を組み合わせると良いです。緑色は「木」にも結びつく色ですし、他の色の効果を邪魔せず、何にでも合うとされているからです。

また、オレンジ・ピンクなどの暖色系と組み合わせると、恋愛運や家庭運に恵まれるとされています。

 

まとめ

青色を部屋に取り入れることにより、ダイエット・仕事運アップなど、女性の新生活に嬉しい効果が期待出来ます。人間関係のイライラを抑制してくれるので、人付き合いにも一役買ってくれそうです。

ただし、使いすぎると鎮静効果が強くあらわれすぎて、気持ちが落ち込んでしまうこともあるので、多用は禁物です。特に色が濃いアイテムを使うと、その効果が強く出ます。考えて配置してみましょう。

風水の効果を簡単に理解しておくことで、健康や仕事運アップにも活かせます。
今までのカラーインテリアが何となくしっくり来なかったという人は、新しい生活のスタートと共に、部屋のカラーも変えてみましょう。

スポンサーリンク