スポンサーリンク

15/07/24 引越しコラム column

【北西】北西への引越しで仕事もプライベートも成長!

img_direction_nw_90

北西は父親の意味を持つので、一家の長を信頼する理想的な家族を表す方角です。

一人暮らしの人は自らがリーダーなので北西特有の責任感やリーダーシップが増して、人間として一味も二味も成長することができそうです。

仕事を頑張りたい人は北西に引越して、仕事でチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

北西のもつ意味とは?

北西は主人の方角で、家庭や職場の代表を表します。
責任感やリーダーシップなどが深まるので、周囲の人からの信頼も生まれる方角です。

努力や勤勉といった意味もあるので、単純にリーダーシップがあるわけではなく、地道に培ってきたものを周囲に認められて誰にも負けないものを見につけた結果と言えるでしょう。

人間関係にも恵まれる気があり、支援してくれる人との出会いがあるかもしれません。金銭的なものでなくても仕事における上司の助言や、友人のアドバイスなど、必要なときの大事な機会が生まれやすい方角です。

子育ての運気も強く、親と子の絆も深まりやすいです。

 

北西に引越しするときに期待すること・注意すること

●まとまる一方、乱れることも

北西に引越すと父親の権威が上がるかもしれません。
一家の中心人物を意味するのでこの方角を大事にするとまとまりのある家族になりますが、乱れてしまうと不仲になったりするので要注意です。

会社の場合も、責任感ある上司が存在する組織を期待できますが、一歩間違うとガタガタとダメになってしまうので調和を大事にします。

 

●起業もあり

仕事面では自らが起業してしまう可能性もあります。
バイタリティがあるので自分で物事を進めたほうが順調に行く場合があります。

もともと慎重ではあるのですが、不安定なまま様々な方に手を出すと金銭的な損失が大きいので要注意です。
ヘッドハンティングにも期待大です。

 

●心臓の病気に注意

体で言うと心臓にまつわることが起きそうです。
風水的によければ、もともと弱っていた機能を回復できますが、マイナスに働いてしまうと病気になってしまうところまで考えられます。

 

●援助者が現れる

信頼を得る方角ではあるので、困っているときに援助してくれる人が現れます。
人間関係も培っていくと後々よい方向に繋がるでしょう。

 

北西に引越したらこれを置こう!

●ラッキーカラーはベージュか薄いピンク

北西は「金」の気を持つので、西同様にラッキーカラーはベージュか薄いピンクとされています。

NGカラーは、赤や青、緑など原色なので避けるようにします。
原色ではなく、パステル調のファブリックなどを選ぶようにします。

 

●格式高いイメージの木製家具

主人の方角なので格式高いイメージは崩さないようにするため、濃いブラウンの家具やアンティークの家具など高級路線のものを置くようにします。できるだけ木製家具が良いです。

 

●無地より柄物

この方角は冷たいイメージを持っているので全体的に殺風景にならないようにします。
素材は毛足の長いものを選んだり、無地より柄物を選びます。
ストライプ、水玉、花柄など少し派手と思われるくらいのものが丁度良いです。

 

●花を飾って出世運アップ

家具はできるだけシンプルで重厚感のあるものをチョイスすればバランスがよくなり、運気も乱れにくくなります。
実際に花を飾ると出世運が増すので、バラなど思い切って飾ってみてください。

 

●明るい部屋

照明はシェードなどで影を落さないようなものを選び、できるだけ明るいお部屋になるようにします。
色合いは白熱色かナチュラル色になるようにします。
どんよりとしたイメージは取り除いて、メリハリある空間にします。

 

まとめ

仕事で活躍する機会がどんどん増えていく方角です。
やる気がある人は北西に引越しをして、目指すところまで進んでみてはどうでしょうか。

ただ、冷たい気を持つ方角でもあるので、出会運や結婚運を高めてきたいようだったら別の方角に引越すことをオススメします。
頑張りたいときに力を与えてくれる気をもらえるような風水を目指しましょう。

スポンサーリンク