スポンサーリンク

15/12/06 引越しコラム column

六白金星の人の2016年引越し運

img_fusui_2015-6_49

 

スポンサーリンク

六白金星の特徴

真面目で正直な六白金星は、努力家で目標に向かって頑張る性格のためリーダーシップをとってみんなを引っ張っていくタイプです。プライドを持ちつつも誰にでも愛嬌があり、センスがよいため様々な人から好かれます。

行動するのにタイミングを深く考えすぎて時期を見逃してしまうこともありますが、慎重に物事を考えることができるので頭脳明晰なところが周りからの信頼を得ています。

夢に向かって頑張っているところが評価されやすく、夢の障害も乗り越えられる根性がある六白金星は自ら開運を開いていけるはずです。

 

六白金星の2016年の全体運

これまで頑張ってきたことが評価される1年です。仕事で昇進したり、恋愛では彼氏ができたり、パートナーのいる人はステップアップが期待されます。いろいろと華やかになる反面、仕事での周囲からの期待値はあがるので多忙になってしまいます。

ストレスを抱え込みやすくなるので、仕事からくる疲れはなるべくとるようにします。また、仕事の多忙さが家族や恋人との関係を疎遠にしてしまう可能性もあるので注意しましょう。恋愛に重きを置いている人は、パートナーとの関係が進展していくでしょう。恋愛成就や結婚だけに限らず、一人になることも一つの発展ですので次の恋の準備ができるよいタイミングを迎えます。

大きくは恋愛においてですが、これまで曖昧にしてきたことに決着をつける時期でもあります。傷ついたり、マイナスに思えることがあっても、その決断は後々は自分にプラスに帰ってくることなので自分の決断に迷わないようにしましょう。

 

六白金星の2016年の引越し運(月別)

六白金星の吉方位は南東です。2016年引越しに適した時は、新年早々の1月と2月にやってきます。仕事などでの期待が膨らむ今年は引越しを早々にして、新しい住まいで自分時間を過ごしてストレスをなくしましょう。

 

1月

吉方位は南東です。引越しに向いている日が多い月で、6、9、12、15、18、21、24、27、30日が引越しベストな日です。引越しを早々にして、ゆっくり今年1年の計画を練るのも手です。金運も良好などで引越しで家具を新規一転するのもいいですね。

 

2月

吉方位は南東で、引越しには2日ベストですが、全体的に積極的に動くといい月なのでタイミングをみて引越ししてもよいでしょう。大変なときは周囲が手伝ってくれる交友関係の気が高まっているときです。

 

3月

吉方位はありませんが、逆に凶方位の南、南西、北東、北には注意したほうがよいです。思いがけないトラブルが待っていそうです。

 

4月

3月に引き続き、凶方位に気をつけます。特に異性の問題が、この方角にありそうなので、出会いがあってもまずは慎重に進めましょう。

 

5月

吉方位はありません。口コミで引越し情報を得られそうなので引越しの話題を同僚や友人にしてみましょう。不動産屋さんにフラッと行ってみたりインターネット検索したりすると思いがけない良物件に期待できます。

 

6月

吉方位はありませんが、南東が今年はツキのある方角なので外出はそちらにするとよいです。自分で出歩いて見た土地を気にいったり、お気に入りの場所を見つけたりできそうです。

 

7月

吉方位はありません。引越しを本格的に考えている人は秋にむけて物件探しに本腰をいれましょう。自分の住みたい部屋や使いたい家具などのイメージを明確にできる月です。頭で考えていることを整理するのに向いているので、ゆっくり考える時間を見つけて下さい。

 

8月

7月から引き続き引越し先のイメージを深めるのに最適な時期です。一人であれこれ考えるより周囲からの情報収集が高まるときなので、いろんな方面の人に声をかけてみましょう。

 

9月

吉方位はありませんが、凶方位に要注意です。今まで進めていたことを不安になり躊躇してしまうと、そこからトラブルが発生しそうです。引越し関係も、決意がにぶることがあったら一旦離れて、落ち着いてからまた考えてみて下さい。

 

10月

新年ほどではないですが東南の気が大きく高まるときなので引越しに向いている月です。変化を受け入れやすく、柔軟に日常生活に取り入れていくことができるので新しい生活を送るにはいい時期です。

 

11月

吉方位はありません。友人の家や同僚の部屋に遊びに行って、いろんな街をみてみるのに良い時期です。引越しというキーワードを忘れて、純粋にどんな街や部屋が自分にあっているか感じてみて下さい。

 

12月

吉方位はありません。引越しを今年できなかった人は翌年の計画をたて、引越した人は部屋づくりの計画を立てましょう。漠然としたものではなく、実行できるレベルで計画することで次の年に上手く繋げていけます。

 

 

スポンサーリンク