スポンサーリンク

15/10/17 引越しコラム column

引越しを機に風水で考える理想の子供部屋を作る

img_fusui_kidsroom_90

出典 http://iemo.jp/

子どもは心身ともに成長途上にあります。気の流れも子どもの生活には影響を及ぼしています。

子ども部屋の家具のレイアウトや色を風水的な視点から取り入れて、理想の子ども部屋を作ってみませんか。

 

スポンサーリンク

子供部屋に向いている方角

子ども部屋を決めるときは家族とのコミュニケーションを優先されることが多いと思います。これに加えて、最適な子ども部屋を作ってあげたいのが親心です。日当たりが良い部屋がいいのでは?という環境面を配慮した考えもありますが、風水的には必ずしもそれが当てはまるとは限りません。

 

●北 精神的に落ち着く

例えば、北なら精神的に落ち着つくので勉強するのに快適な部屋になります。コツコツ努力して成果をあげるタイプになります。

 

●東 良縁に恵まれる

東は、明るい性格で良縁に恵まれるようになります。お友達との出会いが期待できそうです。

 

●南 芸術に優れる

南なら芸術に優れますが、少し奔放な性格になる可能性があります。

 

と、いったようにそれぞれの方位には特徴を持った気があります。子ども部屋の方角には正解というものはありません。ただ、西は老成の方角で、北西は家主の部屋に向いた方角なので、子ども部屋には良い気ではありません。避けた方がいい方角さえ抑えておけば、あとはインテリアや間取りで調整していけばよいです。

 

子ども部屋に使うとよい色

●青で心を落ち着ける

子どもは世間のさまざまな出来事に影響を受けやすいものです。そのために、そわそわしたり浮き足立つことのないように落ち着いた性格であったほしいです。

黒や青は本来「智」を意味しますが、子どもには少し暗い色です、だから、部屋に使うなら明るい青を使うと良いでしょう。

全体的にではなく、カーテンや椅子、ベッド類など小物に取り入れるのが効果的です。青は心を落ち着かせて、集中力が増すので、勉強運を上げたいのであれば青を使います。

カーテンにマリメッコの青い花柄を用いたり、勉強用チェアの背もたれを青にしたりと、ポイント使いをします。明るい青がイメージしにくいときは、パステルブルーでもよいです。パルテル色ならベッドカバーなどの大面積に使っても、優しいイメージなので馴染みやすいはずです。大人にも人気の色なのでオススメです。

また、思春期を頃からは少しダーク系の色が心を落ち着かせてくれます。黒をポイント使いすることで、思春期特有の時期を落ち着いて過ごすことができます。

 

●天然木で思いやりの心を育てる

色だけでなく、木目も子どもの成長には良い影響を与えます。天然木には「仁」を育む気があるので、部屋に用いると思いやりや慈しみの心を育ててくれます。

壁に天然木を利用するのはマンションでは難しいですが、フローリングや家具で使うことができます。リラックス効果は、木だけでなく畳でも感じることができます。

 

●グリーン系でリラックス+活発

観葉植物など、グリーン系の色やモノも成長には、リラックスと活発になる気を持ち合わせているので、子どもには必要な気です。

 

勉強運を強化したいときは、ブルーの集中力アップと木目のリラックス効果でメリハリあって、切り替えのできる性格の子どもになるかもしれませんね。

 

家具のレイアウトで運気を上げる

子ども部屋のメインの家具は机、ベッド、あとはプレイスペースになります。これらの家具のレイアウトによっても気の流れは大きく変わってきます。

 

●机は窓の方角に置かない

まず机ですが、窓のある方角に置かないことです。一見明るくプラスにとらえられがちですが、この明るさが気を散漫にさせて集中力を奪います。

机は壁に面している角に寄せて配置するのがよく、方角は北向きがベストです。勉強に集中できる環境となるので成績も期待できます。

 

●東の窓側にベッド

次にベッドですが、窓側で問題ありませんが、南側は「陽」の気が強く安眠を妨げます。東側は、太陽の光もそれほど強くなく、朝から日を浴びて快適な状態になるので健康状態が安定します。

ベッドの下も運気に影響するスポットです。ここに物を置いてしまうと気が淀むだけでなく、アレルギーなどの健康状態にも悪影響なので注意しましょう。

 

●窓と直線上にあるドア

そしてドアの位置が部屋全体の気の流れをコントロールするキーとなります。窓と直線上にあると気がスッーと流れていきます。窓の位置とずれているところにドアがあるようにすると、子ども部屋全体の運気の状態がよくなります。

 

子どもが小さい頃は部屋全体のコーディネートを親がしてあげることができます。

日当たりが良かったり、風通りが良いことが風水的によいとは限らないので、方角の意味を大人が考えてあげることは大事なことです。

基本的な家族のコミュニケーションや健康に良い衣食も子どもの成長には欠かせないので、十分に配慮した上で、風水も役立たせてみて下さい。

スポンサーリンク