スポンサーリンク

15/09/10 引越しコラム column

引越したら花風水を取り入れて運気アップ

img_fusui_flower_26

プレゼントでもらった花をお部屋に飾ると気分が変わったりしませんか?

花はモチベーションを上げてくれたり、女性らしさを引き出してくれる優しい存在です。部屋の中が一気に華やぐので、お花のある生活を新しく始めてみると良いかもしれません。

ただ、生きている存在ですので、一緒に暮らしている家族のように毎日世話したり話しかけたりして下さい。ほっておくと枯れるのも早く、枯れたお花はあまり良い気を招きません。

お花を入れ替えたり、差し替えたりする行為も、気持ちの切り替えになるのでお花を飾る、活けるということはとてもステキなことです。

 

スポンサーリンク

風水の考え方にとって花とは?

花は美しさと生命を感じさせる素晴らしい風水アイテムです。

色や形で異なる「気」を帯びているので、その方角や部屋にあった種類を選ぶので部屋も華やかになりインテリアとしては役に立ちます。

花自体が持つ「気」とそれぞれの方角に合わせて楽しく選んでみましょう。

 

どんな種類の花がいいの?

生花は生きているので飾ると開運アイテムとして効果を発揮します。では、どんな種類の花を選べばいいのかご紹介しましょう。

 

●色から選ぶ

どんな花を選んだらいいのかはお花に詳しくない人はまずは、色から選んでみてはどうでしょうか。

【白】

白は人間関係を良くしてくれ、その場所の気を浄化してくれます。

【紫】

紫は、クリエイティブ力や発想力が増し、芸術関係の仕事についている人には効果があります。

【青】

青は、気持ちがたかぶったりイライラしそうな時に置くと良いです。冷静さを取り戻すことができます。

 

●達成したい目的別に選ぶ

基本的な色を目標に選ぶこともできますが、目的が明確なときは目的別に花を選んでみるのもいいですね。

【仕事運】

仕事運・疲労回復には、東に赤い花を飾るのが良いとされています。バラやシクラメンが代表的な花になります。

【金運】

金運には、西に黄色の花を飾ります。ヒマワリが黄色の花の代表格ですが、ヒマワリは大ぶりで元気のある花なので、リラックス効果もありストレス解消したいときにも良いです。ユリの花も大きいので、私たちを元気にしてくれますよ。

【恋愛運】

恋愛運にはピンクの花を選びます。ピンクの花は多いので、選びやすいと思います。バラでもユリでも、いろんな花を混ぜるにもいいし、定期的に種類を変えるのも楽しそうです。

 

花の種類は本当にたくさんあるので、花屋さんに通うのが楽しくなると思います。

生花を飾るのは難しい場合には、絵や写真を飾るのでも効果があります。花瓶を気遣うように額縁も気にするとより効果的になります。

 

どこに花を飾ると効果があるの?

お部屋ごとに求める効果とその効果を強くしてくれる色があります。基本的には、相性の良い色の花を選んで飾ることで毎日の生活が生き生きしてきます。

●ダイニング・キッチン

例えば、金運を上げたい人は、黄色の花をダイニングやキッチンに飾ります。西の方位には黄色や山吹色の花をたくさん飾ることで財運が増します。たくさん飾った時は枯れにくいようにお手入れ手も忘れてはいけません。

 

●ダイニング・リビング

ダイニングやリビングは、家庭運や健康運を上げてくれる気があります。この部屋にグリーンの花を飾るとさらにその気が強くなります。できることなら目線より低い場所に飾ってあげます。健康が安定して、安心した生活を送ることができます。

 

●窓辺

窓辺があるお部屋にはイエローグリーンの花はどうでしょうか。美容運や人気運に繋がります。

窓辺だけでなく、日差しのある部屋などにもお勧めです。日当たりのいい部屋に、オレンジ系の花を飾るのも効果的です。新しいことを始めるのに背中を後押ししてくれる気が生まれるので、結婚や旅行などこれから楽しく過ごしたいことが待っている人には良い結果を招いてくれます。

 

●トイレ・水回り

トイレや水回りにも花を飾る場面を見かけます。ここにピンクの花を飾ると、異性の心を動かすと言われています。ベビーピンクのような女性らしい色合いの花を飾って恋愛運を強化させましょう。

トイレは邪気も多いので花が枯れやすい環境でもあります。こまめに確認して枯れた花を飾っておかないようにします。

 

花の種類は本当にたくさんあるので、気分によって置く場所、置く花を変えて楽しいインテリアコーディネートをしてみるのも手です。

 

ここに注意しよう!

●枯らさない

枯れたりしぼんだ花はエネルギーがなくなりかけているので、悪い方向に運気が向かうので注意します。

ドライフラワーはインテリアとしてはステキですが、花としては死んでいるので陰のエネルギーを作り出してしまいます。なるべく置かないようにしましょう

 

●寝室には飾らない

花自体は気が強いのでゆっくり休みたいときはなるべく遠ざけるようにした方がよいので、寝室には花は飾らないようにします。

逆に、気持ちが弱っていたり、体調が悪い時は気の強さが回復へ導くので花の効果は絶大です。身近において元気をたくさんもらいましょう。

 

まとめ

一人暮らしだと花は無縁の存在のことが多いです。でも、仕事帰りに花屋に立ち寄って、新しい花を選んで飾ることは女性として魅力的なことです。

この行い自体も良い気を循環させる一つとなります。生活に、定期的に新しいアイテムを添えるというのは楽しい習慣の一つになりそうです。

風水でベストな引越し先が決まったら、引越し準備!引越し準備・やること・手続きコラムはコチラ

スポンサーリンク