スポンサーリンク

16/07/03 引越しコラム column

アクセスが便利で住みやすい大阪の街は? 

img_good_access_osaka_01

関西にはJR西日本に加え、地下鉄、5大私鉄(近畿日本鉄道、阪急電鉄、南海電鉄、京阪電鉄、阪神電鉄)があり、交通の便は文句なく良好です。

その中でも交通の要所となっているような所はあります。

でも大阪内で実際にいろいろな所に移動してみないと、どこかアクセスが便利な場所かなかなか分からない。

しかもアクセスが良いだけではなく、住みやすくて素敵な街じゃないと。

というわけで、今回は関西圏以外の人にはなかなか知られていない、大阪府内でアクセスに便利でかつ、住みやすい街をご紹介します。

 

スポンサーリンク

阪急電鉄各線、地下鉄各線「梅田」駅

大阪府における最大の都市は「梅田」です。

新幹線の駅から直結のJR「新大阪」駅から1駅で、JR「大阪」駅に着きます。

そこから徒歩で、阪急や地下鉄の方に行くとそこが「梅田」界隈です。

「大阪」と「梅田」の境界線はあいまいで、場所は同じで単にJRの呼び名と私鉄の呼び名の違いという人もいます。

「大阪」が外から来る人々の玄関口、交通の要所という印象で、「梅田」は地元関西の人々が遊ぶ繁華街というイメージです。

最近でも「グランフロント」などの新しいビルが次々とオープンし、常に発展し続ける街でもあります。

驚くことに、梅田は「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関西版(リクルート住まいカンパニー)」で堂々の2位を獲得しており、4年連続で1位もしくは2位に輝いています

遊びに行く場所としてではなく、住む場所としても梅田が選ばれているのですね。

梅田に住むメリットとしして考えられるのは、何と言っても終電を気にせずに遊べること。

梅田はお店がいっぱい。梅田での飲み会が盛り上がって時間を忘れて楽しんだとしても、徒歩で帰宅できます。でも、終電を逃した友達を泊めてあげることになりそうですけどね。

 

南海電鉄・地下鉄「なんば」駅

大阪府の繁華街は「キタ」と「ミナミ」の2つ。

前述の梅田が「キタ」の中心地としたら、「ミナミ」の中心地は難波です。

ここは、近鉄・阪神の「大阪難波駅」やJR「難波駅」ともつながっているので、関西圏のどこに行くにも交通の要所と言えます。

人の多さ、店舗の多さ、街の大きさでは、梅田に決して引けをとりません。

地方から出てきた人などは、休日などに駅周辺を歩くと、圧倒されるのではないでしょうか。

そんな難波ですが、中心街からちょっと離れるとのんびりとした下町情緒あふれる町並みも残っています。

それが「ミナミ」のおもしろいところであり、醍醐味です。

家賃もぐんとお手軽な値段に。安くておいしい昔ながらの飲食店も軒を連ねます。

 

最近関西でもホットな場所が「裏難波」、なんば駅の東側に位置する、日本橋にも近い場所です。

多くの小さな立ち飲みの居酒屋が集中していて、はしご酒にはぴったりです。

ワインバーなどのお洒落なお店もありますので、デートにも使えます。

中にはB級グルメが食べられる店も点在しており飲みだけではなく、ランチ、ディナーも楽しめます。

おすすめのお店は「DININGあじと」。まさに裏難波という雰囲気で、「聖地」とも謳われる人気のお店です。

和・洋どちらも充実のメニューに、こだわりが随所に見られるおつまみ、日本酒にワインにとお酒も豊富。

隠れ家のような落ち着いた店内です。

 

まとめ

大阪でアクセスに便利な街と言ったら、やはり「梅田」と「なんば」は外せません。

遊びに行く街としてなら、何の問題もありません。

しかし住むとなると躊躇してしまうのは治安の問題。

繁華街なので、どうしても危険なエリアはあります。

周辺の昼と夜の様子を両方見て、住む場所を決めるのが賢明です。

不動産屋さんは、街の悪いところまでは言ってくれないかもしれません。

まずはリサーチを十分した上で、自分の目で確かめてみるのが一番です。

スポンサーリンク