18/03/08 引越しコラム column

排卵検査薬にはどんな種類がある?おすすめの排卵検査薬7選!



出典:Fotolia

自分の排卵日を予測できる排卵検査薬を、みなさんは知っていますか?

見た目は妊娠検査薬とよく似ていて、妊娠しやすい日を知れる便利なアイテムです。

最近では排卵日によって産み分けができると言われていて、希望する赤ちゃんの性別を狙うこともできます。

今回は、排卵検査薬の種類や、おすすめの排卵検査薬をご紹介していきます。

排卵検査薬ってどんなもの?

みなさんは排卵検査薬がどんなものかご存知ですか?

排卵検査薬は、女性の排卵日を予測するために作られた薬と呼ばれています。

尿・唾液から検査するもので、あなたの排卵日が確認できるものです。

排卵日を正確に計測

女性の排卵日は生理の約14日前と言われていますが、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因で、排卵日がずれる可能性があります。

そんなときに役立つのが「排卵検査薬」。

「子どもができない」と悩んで、妊活をしている方にぜひ使ってもらいたいアイテムです。

どんな種類があるの?

妊活におすすめする排卵検査薬には、「スティックタイプ」「デジタル式」「ペーパータイプ」の3種類があります。

ここでは、3つの種類についてご紹介します。

スティックタイプ

スティックタイプの薬で、排卵日を計測する部分に尿をかけて使用。

専用のキャップが付いているので、計測後も清潔に扱うことができ、判定結果を知ることができます。

使い方は妊娠検査薬と似ています。

デジタル式

使い方はスティックタイプと同じですが、判定結果をデジタル表示で確認できます。

また、デジタル式は正確な判定結果が出るので、排卵日をしっかりと把握できるのも嬉しいポイントです。

しかし、デジタル式の排卵検査薬は他の検査薬と比べ、価格の高いものが多いです。

ペーパー式

ペーパー式の検査薬は、少し厚みのあるリトマス紙のような形をしていて、採取した尿に浸すことで判定します。

このタイプは海外で使われることが多く、他の検査薬に比べて低価格で販売されている排卵検査薬です。

しかし、コスパの良さは魅力的ですが、スティックタイプやデジタル式と比べて、使いづらいところがあります。

どんな排卵検査薬を選べば良いの?

それでは、何を基準に選んでいけばいいのでしょうか?ここからは排卵検査薬の選び方をご紹介していきます。

判定の正確性

排卵検査薬は日本製だけでなく、海外製の検査薬も販売されていて、黄体化ホルモンを検出する感度に違いがあります。

しかし、計測する感度が良い検査薬だからといって正確な判定がでるわけでもなく、金額と使いやすさで選ばなければいけません。

また、人によっては尿中濃度に差があるため、排卵検査薬で正確な排卵日を計測できないという方もいます。実際、こういった話はよくあることで、何度使ってもうまくいかないという声を聞きます。

そんなときは、専門の医師に相談してみましょう。

産婦人科に慣れていない人からすれば、少しハードルが高いと思うかもしれません。

しかし、自分の体のことや赤ちゃん、パートナーのことも考えて、勇気を出して一歩踏み出してみてください。

先生が適切な検査薬を紹介してくれますよ。

結果が出るタイミングと時間

陽性反応が出るタイミングは、検査薬を使うタイミングによって異なります。

また、検査薬が日本製か海外製かによっても違いがあるので、付属の取扱説明書を必ず確認して、正しい方法で使いましょう。

また、排卵日を確実に知るためには、1日2回の計測が効果的なので、検査薬のセット内容の確認も大切です。

結果が出る時間は検査薬によって異なりますが、時間の関係で結果が変わることはありません。

しかし、使用後の検査薬を長い時間放置してしまうと、採取した尿の濃度が濃くなってしまうので、陰性~陽性に変わる場合があります。

検査後は取扱説明書に記載されている規定の時間内に確認して、正しい結果を確認しましょう。

排卵検査薬の購入場所

排卵検査薬は、ネットショップやドラッグストアなどで購入できます。

少し前までは医療用医薬品として取り扱われていたので、薬剤師のいるドラッグストアでしか購入できませんでした。

しかし、需要が高まったことで、2016年から一般医薬品としてネットショップでも購入できるようになっていますよ。

海外製のものはネットショップを中心に販売されていて、価格も安く気軽に購入できるというメリットがあります。

しかし、海外製の多くはショップではなく個人が販売しているため、排卵検査薬を良く知らない人は、偽物を購入してしまうリスクが高くなります。

失敗しないためにも、排卵検査薬はお近くのドラッグストアで購入する方が、リスクがないのでおすすめですよ!

おすすめの排卵検査薬7選

次におすすめの検査薬をご紹介していきます。

1.【第1類医薬品】ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬 12本


出典:Amazon

有名な製薬会社のロート製薬が販売している排卵検査薬です。

尿を採取する部分が広いため、簡単に排卵日を検査できます。

また、12回分の使用ができるので、正確な排卵日を確認できるのも魅力的です。

結果を確認できるラインがとても見やすくなっていて、初めての方でも使いやすいおすすめの検査薬ですよ!

2.【第1類医薬品】クリアブルー 排卵日予測テスト 12回分


出典:Amazon

早く結果を確認したい方におすすめの排卵検査薬です。

わずか3分で結果を確認できるので、時間をかけずに排卵日を計測できます。

尿の採取も5秒間だけ検査薬にかけて計測ができ、素早く検査が可能。

検査結果もわかりやすく矢印が付いているので、ひと目で確認できるのは嬉しいところです。

3.【第1類医薬品】ハイテスターH 10回用


出典:Amazon

結果をラインの本数で教えてくれる排卵検査薬です。

尿をかける部分が大きくなっているので、検査薬の使用が初めての方でも使いやすくなっています。

検査をした日付を検査薬に直接メモすることができるので、とても便利でおすすめです。

妊活を始める方や排卵検査薬を初めて使うという方は、一度使ってみてはいかがですか?

4.【第1類医薬品】チェックワンLH・II排卵日予測検査薬 10回分

出典:Amazon

4段階の検査結果で、初めての方でもわかりやすい排卵検査薬です。

使いやすいだけでなく、結果を早く知ることができるためおすすめ。

今の自分がどんな状態かをすぐに知れるので、妊活をしている方に使っていただきたい排卵検査薬です!

5.チェックワンLHデジタル


出典:Amazon

検査結果がハッキリとわかるデジタル式の排卵検査薬です。

スティックタイプのライン表示と違って、陰性・陽性をわかりやすくデジタル表示で確認できます。

デジタル式は正確な排卵日の計測ができるので、妊活中の人におすすめです。

6.ワンステップ排卵検査薬クリア


出典:Blerdology.co

米国製でペーパータイプの排卵検査薬です。

一般的な検査薬よりもコスパが良く、世界トップクラスの検知センサーで、正確な排卵日を計測できる優秀な検査薬です。

海外の排卵検査薬ですが、公式サイトで販売されているので、安心して妊活に使用することができます。

7.P-チェック・LH


出典:mizuho-m

検査結果を3段階で教えてくれる排卵検査薬です。

ラインの色で判断する必要がなく、ラインの本数が増えることで、正確な排卵日を教えてくれます。

計測時間は10分と長めですが、付属のキャップをつければ清潔に保てます。

まとめ

日々のストレスは意外と体の目に見えない部分に影響を与えているものです。特に現代社会は我慢の連続。自分が気づいていないだけで、会社や家庭でも常に我慢を強いられているかもしれません。

ストレスは、ホルモンのバランスを崩す原因にもなり、最終的には子どもを産む時期がずれてしまう可能性もあります。

ですので、排卵検査薬の結果に関わらず、まずは心身を健康に保つことが求められます。

「ストレスを感じる」

「会社に行きたくない」

と感じることがよくあるのであれば、まずはゆっくりと休暇をとることをおすすめしますよ。排卵検査薬を使うのは、そのあとでも全く遅くありません。