18/03/26 引越しコラム column

初めて使う人でもわかる!エルゴベビーの簡単な使い方と付け方


出典:Fotolia

みなさんは赤ちゃんを抱っこするときに重宝する「エルゴベビー」を知っていますか?

昔からベビーグッズとして愛用されているエルゴベビーですが、非常に使いやすいことで知られています。

豊富なバリエーションがありますので、可愛い赤ちゃんの体型にもぴったりとあってくれるでしょう。

「エルゴベビーって使い方がよくわからない・・・」「本当に必要なものなのかな?」

と感じてしまうお母さんもよくいます。

しかし、どのお母さんも最終的には買ってよかったと思うほど、便利なアイテムなのです。

今回は、エルゴベビー初心者でも使いやすくなる、エルゴベビーの使い方についてご紹介していきます。

エルゴベビーってどんなもの?

エルゴベビーは赤ちゃんを抱っこしたり、おんぶしたりするためにある抱っこヒモです。

昔からよく使われている抱っこヒモですが、赤ちゃんをしっかりと固定してくれるので、お出掛けするときにも安心して使えるのが特徴。

使い始められる年齢としては、生後4ヶ月からの赤ちゃんが対象になります。

体重の増加にもよりますが、年齢としては5歳まで使えて、最大20キロの体重まで使えるようになっています。

首がすわっていない状態から使うのなら、インファントインサートを使ってあげましょう。

首周りをしっかりと固定してくれるので、新生児の赤ちゃんでも安定して抱っこができるようになります。

また、お母さんお父さんにとっても使いやすいですが、赤ちゃんにとっても非常に使いやすいアイテムです。

ちょっぴり不安という方もいるとは思います。安心して使いたいという方は、赤ちゃんの首がすわってから使うようにしておきましょう。

専用のスリーピングフードもありますので、ぜひエルゴベビーを使う方は使いこなしてみてはいかがでしょうか?

エルゴベビーの使い方

赤ちゃんを安心して抱っこ・おんぶするためには、正しい使い方を覚えておかなければなりません。

それでは二つの正しい使い方を見ていきましょう。

正しい抱っこの方法

  1. しっかりと抱っこひもを赤ちゃんの身体に装着します
  2. バックル部分をゴムループから通してあげて、「カチッ」と音が鳴るまで差し込みます
  3. あまっているウエスト部分のベルトもゴムループに通しましょう
  4. 本体部分はエプロンのように垂らしておき、手で支えながら肩ヒモを通します
  5. 両手を後ろに回したら胸ストラップのバックル部分に留めていきます
  6. ストラップ部分にあるテープを締めて、テープを赤ちゃんのお尻の方に引っ張りましょう

もしも胸ストラップを留めにくいときには、胸バックルを留めてから頭を通してみましょう。

赤ちゃんを抱っこしたいときには、こちらの方法を使えば簡単にエルゴベビーが付けられるようになります。

正しいおんぶの方法

赤ちゃんをエルゴベビーでおんぶするときには、赤ちゃんの向きが逆側になるだけです。

手順は変わりませんので、抱っこの方法を覚えたらすぐにおんぶができるようになるでしょう。

特にお母さんが家事をするときには、抱っこよりおんぶをしていた方が、何でもスムーズにやりやすいものです。

ただし、赤ちゃんが寝てしまって寝返りを打っているときには、少し動きづらくなりますので注意が必要です。

また、赤ちゃんをおんぶするときは、完全に首がすわってからにしてください。

抱っこと違っておんぶは頭が固定されないので、首がすわっていないととても危険です。

お母さんだけではなく、お父さんでも簡単に赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりできますので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

エルゴベビーなら腰抱きも簡単?

抱っこやおんぶだけではなく、腰抱き用の抱っこヒモも販売されています。

もちろん赤ちゃんの首が完全にすわった状態で、お母さんやお父さんのお腹を足で挟めるくらいの状態になってからでないと、使うことはできません。

専用のアイテムも付属していますので、抱っこやおんぶだけではなく、赤ちゃんを横抱きしてみてはいかがでしょうか?

エルゴベビーのメリット

エルゴベビーは非常に可愛くて使いやすく、なおかつおしゃで様々な使い方ができるようになっています。

お母さんやお父さんが使いやすいように作られていて、長時間抱っこやおんぶをしても楽に使えるでしょう。

また、エルゴベビーは新生児から5歳くらいまで使えるので、長期間使えるところがメリットです。

 

さらに、専用のバックルを使っているので、赤ちゃんをがっちりと固定してくれます。安心して大切な赤ちゃんを任せられますね。

赤ちゃんがリラックスして安心できるアイテムで、一瞬で泣き止んだり、すぐに寝てくれたりするので赤ちゃんにも嬉しいベビーグッズと言えるでしょう。

もちろん洗濯機・乾燥機が使えるので、いつでも清潔に使用できるところもおすすめです。

エルゴベビーのデメリット

メリットが多くある商品でも、必ずデメリットは存在するものです。

エルゴベビーは他のベビーグッズと比べると、どうしても価格が高くなってしまいます。

少しサイズが大きいので、コンパクトに使えないというデメリットもあります。

一応折りたたみができるタイプではありますが、専用の収納ポーチを使っても、少し収まりが悪いです。

ベビーカーを使うときには、収納かごに入れて持ち運びした方がいいでしょう。

また、横抱っこしにくいというデメリットもあります。

ムリに横抱っこをする必要はありませんが、首がすわっていないときには新生児用パッドを必ず使う必要があります。

特に体重があまりない赤ちゃんを抱っこするときには、抱っこやおんぶが安定しにくいでしょう。

また、正しく装着するためにはバックルで固定する必要がありますが、身体がある程度やわらかくないと装着しにくいです。

人によってはまったく装着できないという人もいるでしょう。

エルゴベビーは偽物に注意

ベビーグッズの中では高価なエルゴベビーですが、偽物が販売されていることが多いです。

正規品と比べると安価なので、購入したくなってしまいますが、しっかりとした作りになっていません。

ベビーグッズを購入するときには、安全性と使いやすさを重視する必要があるのですが、偽物のエルゴベビーは耐久性が高くないです。

そのため、子供を安心して抱っこ・おんぶするのに、少し不安が残ってしまうでしょう。

金額の安さから手を出してしまいたくなるものですが、可愛い我が子のことを思うなら、正規品を購入するようにしておきましょう。

何か起きてからでは手遅れになってしまう可能性があります。

お母さん・お父さん・赤ちゃんが安心して使えるように、本物のエルゴベビーを選んであげましょう。

正しく使って赤ちゃんを快適に抱っこしよう

エルゴベビーを使ってあげれば、赤ちゃんを快適に抱っこができるようになります。

赤ちゃんがリラックスして心地良く使えるので、ゆっくりと寝られる空間を作ってあげてくださいね。

しかし、エルゴベビーは偽物も販売されているので、正規品を使うことが大切です。

エルゴベビーを使おうと考えている人は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。