スポンサーリンク

16/05/31 引越しコラム column

おしゃれで快適な新生活に、かわいい”のれん”という選択肢!

img_goods_noren_84

出典 http://www.rakuten.co.jp/auc-nextyle/898581/898582/

引越しを機会にこれまでとは違ったお部屋づくりをしたいという方におすすめなのがかわいいのれんです。おしゃれなお部屋を作りたかったけど疲れてしまった、お金がない…という方は、手軽に試せる賢いマイナーアイテムです。

インテリア雑貨としてののれんを買い足して、素敵なお部屋づくりをしてみませんか?

 

スポンサーリンク

のれんは和室向きのもの、なんて思っていませんか?

皆さんにとって”のれん”のイメージはどのようなものでしょうか?お寿司屋さんやラーメン屋さんの店先に掲げられた、あののれんをイメージする方が大半かと思います。“のれん”というと和風なイメージがどうしても漂ってしまいます

しかし今では必ずしものれんが和風で昭和なアイテムとは限りません。おしゃれなのれんがたくさん出てきています。

 

のれんの効果

のれんは、部屋を人目にさらさないという意味でとても便利なものです。また温度管理のためにのれんを使う方もいらっしゃいます。お部屋にのれんを取り入れる習慣は昔からあり、少し前まで部屋と部屋の仕切りにのれんを取り入れるお宅は随分ありました。おしゃれというより機能性が先にあったのですね。

今は機能よりもお部屋のアクセントとして使われている方が多くなってきています。マンションなどにお引越しされた方はどうしてもお部屋の白い壁が気になりませんか?お部屋にどこかアクセントがほしい、変わり映えがほしい・・・などという時はこののれんがぴったりです。

 

のれんでお部屋をイメージアップ!

では、お引越し後の簡単なお部屋作りアイテムとしておすすめしたいのれんをご紹介していきましょう。

タペストリー風

こんな英字のれんはいかがでしょう?のれんのイメージを覆しますよね。これもタペストリータイプののれんと言います。敢えて和室にかけてもかっこよくなりそうです。

img_noren01

出典 http://www.netsea.jp/shop/122884/CR-JF04

 

ガーリーテイスト

ビーズやポンポン素材ののれんは70年代に流行したものですが、今なおガーリーテイストとして女の子のお部屋づくりにとても人気があります。レトロテイストにもガーリーテイストにもなって楽しめます。

お部屋を隠すという目隠し効果は布状ののれんではないので得られませんが、お部屋をかわいらしく彩ってくれるでしょう。
壁面にかけても白い壁が一気にポップでガーリーなテイストに早変わりします。さみしい壁面とこれでサヨナラできますね。

img_noren02

出典 http://www.romapri.com/

 

モダンテイスト

モダンなデザインののれんはどんな洋室にも似合うでしょう。そして上級者は、部屋の入り口にかけるのではなく、敢えて部屋の中の仕切りたい場所に自由にかけてみましょう。ロングタイプの細い突っ張り棒が役に立ちます。だだっ広いリビングルームによいアクセントになるはずです。img_noren03

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp/mystyle-interior/

 

タッセルでひと工夫

布ではなくひも状ののれんの場合、入り口にかけるとなると実際ちょっと鬱陶しく感じることもありますよね。そんなときはタッセルで快適にしかもおしゃれに工夫することができます。タッセルだけしばらくしたら付け替えるだけでもかなり飽きずに楽しめるでしょう。

もちろん入り口にかけるだけじゃなくて、何もない壁にかけておいてもアクセントになっていいですよ。窓が小さい部屋にある種の開放感を演出してくれる効果もあります。

img_noren04_2

出典 http://sweetpea.cx/fs/sweetpea/

引っ越して荷解きをやっと終えたと思ったら、新生活がすぐ始まってろくに部屋に手をつけられなかったと残念に思っているみなさん、このようなお手軽のれんはいかがですか?

お値段もお手頃なので、気軽に試すことができます。のれんでお部屋の雰囲気を十分確認してから、重要な家具を合わせて買っていけば失敗も少なくなるでしょう。時代とおもに進化するのれんを楽しんでみてください。

スポンサーリンク