スポンサーリンク

15/06/02 引越しコラム column

みんなのDIY キッチンカウンターにさらに棚を作ったYさん

キッチンカウンターに、調味料を置いたりトースターを置いたりするのはよくある光景ですね。
キッチン側からも、リビング側からも手が届きやすく、便利な置き場所となっていると思います。

しかし今回の投稿者Yさんは、キッチンカウンターにさらに棚を作ることで、収納、そしてディスプレイ機能を拡大させることに成功しています。

部屋が狭くてキャビネットを置けない場合や、見せる収納をしたい方はマネしてみてはどうでしょうか。
ダイニングの誰からも見えるので、例えば上の段に家族の写真などがあっても素敵ですね。

さて、気になる作り方は?簡単なのでしょうか?

img_diy_counter_01

必要物品は、

1.棚板1枚、
2.足にした木材4本、
3.ネジ釘8本、
4.地震で家具が転倒しないように天井との間に使用するつっぱり器具2つ
購入はすべてホームセンターのコーナン

ということです。ホームセンターに行けば全てそろうのですね。

そして作り方は、

1.作りたい長さ、高さを測り、棚板、足の木材を買う。店で材料を購入し、木材をカットしてもらう。足の長さは同じなので、ワンカットですむ。

2.足の木材は板をはめるためのくぼみやネジ釘を入れる穴が、10cm間隔でついている。棚板の4つの角に足の木材のくぼみの部分をはめ、ネジ釘で固定する。

3.カウンターの上にできた棚を置き、家具転倒防止器具で固定すればできあがり。

以上簡単3ステップのようです!

ホームセンターに行けば、もともとくぼみのついた板を購入することができ、しかも希望の長さに切ってもらえるのですね。
つっぱり棒で天井を使って支えてしまうとは、いいアイディアです。

img_diy_counter_02

いかがですか?みなさんの趣味に合わせて、お酒やお花、調味料などをディスプレイしたりして、おしゃれなキッチンを作ることができそうですね。

スポンサーリンク