スポンサーリンク

15/08/17 引越しコラム column

”MOCO’sキッチン”のキッチンがおしゃれな理由3つ!

img_kitchen_mocos_59

スポンサーリンク

おしゃれな理由1

MOCO’sキッチンのキッチンがおしゃれな理由の一つ目は、料理を行っている速水もこみちさんがイケメンであることが大きくて、これによって空間全体がおしゃれな雰囲気になります。
それを言ってはおしまいですが、もこみちさんでなくてもあることを真似すればおしゃれにできるのです!

あることとは、所作です。

料理をする動作が洗練されているのであれば、キッチンという空間は美しく見えてしまうのです!
あなたも常にカメラが回っていると思って動いてみて下さい。

包丁の使い方なども手馴れているのですが、これは速水もこみちさんが過去にレストランのシェフのアルバイトを経験していたこともあって、道具の使い方がとても上手なんです。
テレビというのは一つ一つの演出が非常に重要なので、速水さんの動作のすべてが洗練されていることで、キッチンがおしゃれ空間として認識されるようになっています。

そして声もいいので、料理のレシピなどを説明しているだけで、MOCO’sキッチンの空間は大人の食事を作ることを楽しむスペースに生まれ変わるのです。

b1700f62

出典 http://kidan-m.com/archives/42035024.html

 

おしゃれな理由2

MOCO’sキッチンがおしゃれに見える二番目の理由としては、使用している道具が最新のものや高価なものが多いことです。

機能的で洗練された道具の数々を見ているだけで、視聴者は憧れの感情を抱いてしまいます。
人間の本能として、便利であったり、珍しいものであったりすると、それを手に入れることで自分も同じような振る舞いができると考えてしまいます。

このような人間の本能はコマーシャルなどにも利用されていて、このキッチンの空間で使用されているものは見ている人たちが欲しくなるようなものばかりが置かれています。

MOCO’sキッチンで使用されている道具は人気が出るので、インターネット検索などでも上位にきたり、SNSで紹介をされたりつぶやかれるので、一般の消費者の認知度が爆発的に上昇していきます。
キッチンの道具を作っているメーカーは、消費者の認知度を上げるためにこの番組にさまざまなアイテムを無償で提供して、双方に利益があるようにしているのです!

 

おしゃれな理由3

MOCO’sキッチンがおしゃれな理由の3つ目はオリーブオイルの使い方が大胆なことです。

日本人はオリーブオイルを、サラダ油のような感覚で使用しているので、あまり多く使用することがないのですが、MOCO’sキッチンの場合は、どんな料理にでも大量にオリーブオイルを使用することが名物となっていますね。
サラダや炒め物だけではなく、煮物などにも大量のオイルを使用します。

和風な食材を使用する時も迷わずオリーブオイルを使用するので、番組が終了した直後にはインターネット上で話題になり、つぶやかれたランキングにも必ず登場しています。
また通常の放送でオリーブオイルを使用しすぎているために、放送で使用しない回があったりすると、逆にインターネットで騒動になって盛り上がるという素晴らしい演出になっています。

この番組で使用されているオリーブオイルは高品質のオイルで、速水さんのブランドとしても売り出されています。
日本人の場合はカロリーなどを気にするので、あまりオイルを使用しないのですが、イタリアの場合には、パスタや魚料理、肉料理に、大量に使用して、1日あたり1本のオリーブオイルを消費するとされています。

それに比べるとこの番組で使用しているオイルの量はまだ控えめであると考えられますが、日本国内ではメタボリックシンドロームなどを気にする人がいるので、それと逆行するようなこの行動は逆に斬新な行為ともいえます。

 

*ちなみに連ドラ出演時は…

この番組は通常は7時30分過ぎに放送されていたのですが、速水さんがNHKの朝の連続テレビ小説に出演しているときは、時間を変更して放送していました。

そのドラマの役柄がどうしようもない兄を演じていたので、MOCO’sキッチンでの速水さんとのギャップを楽しむ視聴者も数多くいて、現在でも高視聴率を維持しています。

最近はハワイなどでロケを行うなどして、積極的にスタジオの外でのロケに挑戦しているのですが、外で料理をするのは、風や湿度、気温などの条件によっては、難しくなるので、速水さんも戸惑いながら料理していたのが印象的でした。

 

使いやすくておしゃれなキッチンを作るには?

●キッチンは北欧タイプが狙い目

キッチンのタイプは流行りがあるので、さまざまなタイプがありますが、テレビに登場するのは標準的なタイプのものが多く、海外のキッチンを参考にして作られたタイプなどはあまり紹介されません。

流行は数年で終わってしまうので、基本は長く使い続けられるキッチンを作り、幅広いアレンジをしていける可能性を含めることが重要です。

北欧タイプはただおしゃれなだけでなく、ポイントは飽きのこないシンプルなタイプなのでおすすめです。
だからこそアレンジの幅が広く、長く使うことができるのです。

natural_kitchen001

出典 http://www.kitchen-ouen.com/index.html

●収納をおしゃれに

調味料やフライパン、鍋などの収納にも工夫を凝らすとおしゃれになります。
インテリアコーディネーターなどに相談をして、自分の趣味や用途などによって、使いやすいだけでなく、積極的に他人に見せたいキッチンを作り上げましょう。

img_moco_92

出典 http://foorich.jp/archives/125

●高級感を出すならフランスもの

シンプルな中でも、安っぽくならないように高級感を出したいなら、フランス製のキッチンアイテムを取り入れることをおすすめします。
フランスで高級感と言うと、中世のころの高級イメージをしてしまうかもしれませんが、そういったテイストではありません。
まさにMOCO’sキッチンにハマりそうな、洗練されたデザインのものが多いです。
おしゃれで”ちゃんとした物”を使ってるな、そう思わせることができるはずです。

img_moco_94

出典 http://news.livedoor.com/article/detail/6938351/

img_moco_95

出典 http://item.rakuten.co.jp/is-kitchen/ik3701/

スポンサーリンク