スポンサーリンク

15/10/28 引越しコラム column

妊婦にも子どもにも優しいパズルマットのメリット

img_interior_carpet_22

賃貸マンションの場合、よく生活音による苦情を受ける家があります。
その苦情というのも、実際は過敏な人が上下左右に住んでいるがために起こるケースが多いのです。

しかし一度苦情を受けてしまうと、何だかそのマンションに住みづらくなりませんか?
引っ越した直後から、あらかじめ少しでも対策をとっておくと安心できますね。

そこで今回は、小さなお子様のいる家庭にオススメのカーペットを紹介します。引越し先での騒音ご近所トラブルは避けたいですね。

これは妊娠中にもすごく役立つので、産後の引越しを考えている方でも早めに試してみて損はないですよ。是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

賃貸マンションに多い板の間が妊婦に与える影響

賃貸マンションに多いのが硬い板の間ですね。
クッション性のある床材にしてしまうとすぐに傷がつくことになりますし、しかも工事が大変になるので、洋室の場合は硬くて冷たい床になっていることが、ほとんどだと思います。

しかし妊娠の期間が進むと、家事をしている間の時間でも、この床に立つことがとても苦痛になるのです。春先や秋でも床の冷たさが身にしみるんですよね。

そこでカーペットを敷いて靴下を履くのですが、それでも冷気が伝わってきて大した役に立ちません。

それもそのはず、妊娠中の女性は妊娠前と比べると血液が悪くなり冷え性が進行するのです。

 

おすすめしたいパズルマットのメリット

img_puzzlemat01

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp/hypnos/

皆さんパズルマットの存在をご存知でしょうか?
パズルマットとは、厚みが1センチ程度ある、保育園などで使用されているマットのことです。

このマットの存在を知らない人は多いので、おそらくはピンと来ない人の方が多いでしょう。
ネットで、『こども パズルマット』と検索すれば、出てくるはずです。

 

●子どもの足音を防げる

このマットは厚みがあってクッション性が高いので、子どもが走りまわったとしても、子どもの足音を防ぐことができるのです。

1歳前後のこどもは、やっときちんと一人で立つことができるような段階になるのですが、それまでの間は、不安定ですぐに転んでしまいます。
そんな時に床が硬いと、もろに頭を強打するような状態になり、危険で見ていられません。
しかしこのマットがあれば、少しくらい床で頭をうっても、打ち方さえそんなに悪くなければ痛くないのです。

そしておもちゃが転がる音や、子どもの足音、ひいては自分たち大人の足音までも防いでくれます。

 

●妊婦の大敵 冷えを軽減

床の冷たさを感じさせないことにより、お部屋が随分暖かく感じられるようになります。妊婦は常に身体を暖め血流をよく保ち、子どもに酸素を送らなければなりません。冷えやすい足元に助かるアイテムです。

その他には、床からの反発を和らげて、妊娠での急激な体重増加による踵の痛みをかなり和らげてくれます。踵が痛かったのは私だけでしょうか!?

 

●きれいな床を保てる

そしてパズルマットの多くは、ナイロン加工になっていて、水などをこぼしても弾くので、床を汚す心配もなくなります。
もちろん家具による、床への傷も防ぎます。

退去前に慌てて床掃除をする必要がありません。妊婦に床掃除は重労働ですもんね。

 

●組み合わせで形や広さは自由自在にフィット

ひとつひとつが、だいたい30cmくらいのパーツを、名前の通りパズルのように組み立てるので、引越し前の間取りと引越し後の間取りが違っても問題ありません。足りなければ必要な分だけ買い足すことが可能です。

 

今回はわたしのおすすめパズルマットをご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?

イオンなどの大手スーパーや、コーナンなどのホームセンターでもたくさん販売していて、一度どの程度の厚みなのかを確認されると良いと思います。100円ショップでも売っていますので、気軽に試すこともできますよ。
(※商品によっては、少し薄めに作られているものもあります。)

この商品は、どうせ子どもが産まれてから購入するのであれば、妊娠中などに早めに購入しておくことが一番のポイントです。

私は、実際子どもが産まれて頭を打ち始めてからから購入したので、もっと早くこの存在に気づいておけば良かったと、大変後悔しています。

ネットでも購入することができるので、一度検討されてみてはいかがでしょうか?
出産後のことであれば、これで頭をうっても大丈夫という安心感が少し生まれて、随分と子育ても楽になりますよ。

スポンサーリンク