スポンサーリンク

15/08/19 引越しコラム column

おすすめアジアン家具webショップ アジアンリゾートのようなお部屋に

bali_interior_design_villa

出典 http://www.cempaka.biz/index.php/villa-nyanyi

インドネシアのバリ島、タイやベドナムなどは、旅行先として日本人、特に女性にとても人気です。ゆったりと流れる時間、おいしい食事、そしてアジア独特と雰囲気が、日常の忙しさを忘れさせ、心からリラックスできるからでしょうね。一度行ったらその魅力に取り付かれ、何度も訪れてしまう人もいるようです。

ストレスを感じる度に旅行に行けるわけではありませんから、せめて旅行先で味わえるリラックス時間を、自宅で味わうことができたらいいですね。そんなあなたに、アジアン家具のご提案です。バンブーやチーク材、ラタン(籐)などで精巧につくられたアジアン家具は、いつでもあなたをリゾートへ連れて行ってくれます。

 

スポンサーリンク

1.LOOP

img_loop_91

アジアン家具・バリ家具の天然無垢材家具を扱うインテリアショップ「LOOP」(http://www.loopsky.com/)は、アジアン家具を揃えるのにおすすめのwebショップです。

インドネシアはバリ島北部にある自社工場で、一つ一つ現地スタッフが手作りしています。木材の買い付けから、制作、日本のお客様への配送まで日本人スタッフが関わっているので、安心です。テレビ台やローテーブル、シェルフなどは、天然のチーク材などを贅沢に使っており、第一印象は重量感のあるどっしりとした仕上がりになっています。

しかしよく目を凝らしてみると、脚や扉などに精巧な手彫りの細工が施されていて、眺めているだけで美しく心が浄化されるようです。ランプなどの照明器具にもこだわっています。バンブーやラタン(籐)素材で芸術品のように織り込まれていて、そこから光が柔らかくこぼれ出します。ちょっとしたスペースに付けられる小さなランプでも、存在感抜群。お部屋の主役となって、アジアンリゾートな雰囲気を醸し出します。

 

 

2.ES-STYLE

img_es_91

アジアンリゾートをテーマにした家具と雑貨のお店、ES-STYLE(エス-スタイル)(http://www.es-style.jp/)も、おすすめのwebショップです。

このwebショップの製品の中には、ウォーターヒヤシンスという植物が使われているものがあります。ウォーターヒヤシンスとは、東南アジアの川に生息する熱帯性の水中植物です。きれいな花を咲かせる植物ですが、あまりにも強い繁殖力のために生態系を破壊したり、水上交通を阻害したりして、問題となっていました。

近年この植物を新素材として、編みこみの籠や椅子などに利用される動きが始まっています。環境にもよく、丈夫でお手入れも簡単なこの素材の製品を積極的に使うことで、エコにも現地の人々の雇用創出にも役立つことができるのです。

 

 

3.カパロロ

img_kapa_91

アジアン雑貨・アジアン家具の通販ショップのカパロロ(http://www.kaparoro.com/)にも、素敵なアジアン家具がたくさんあります。

価格もリーズナブルで、気軽にアジアンリゾート風インテリアを始められます。雑貨も豊富にありますので、家具と一緒にそろえてみてはいかがでしょうか?ティッシュケース、ミラー、ゴミ箱、お香立て、クッションなどを、一気にアジアン風に変えてみましょう。自分のお部屋がリラックスできる空間に生まれかわります。

「アジアンセット」として、何点かの雑貨がセットになっている商品もあります。これなら自分でコーディネートを考えなくて済みますし、お値段も単品で買うよりお安くなっているのもうれしいですね。

 

 

アジアン家具は意外にも、日本の家具と相性がいいのです。自然の素材を使っているということで、日本の家具とも共通点が多くあります。だから日本の家具とも相性が良く、ミックスさせてもしっくりきますよ。

たとえば、日本の伝統的な障子と畳の部屋に、アジアン家具の籐の椅子やバンブーでできたランプシェイドを配置すると、とても素敵な空間になります。「うちは和室だから、おしゃれなお部屋づくりができない」とあきらめていた女性にも、アジアン家具はぴったりのチョイスですね。

スポンサーリンク