スポンサーリンク

15/12/08 引越しコラム column

女性専用シェアハウスとは

img_lady-sharehouse_10

シェアハウスが日本に導入されたのは、まだまだ最近のことですが勢いよく利用者が増えています。中でも、女の子らしい可愛いデザインのところや、みんなでホームパーティが出来るような広いダイニングがあるところなど楽しみながら暮らせるようなものが人気です。女性専用のシェアハウスならではのメリットがたくさんありますので、住んでいたころが素敵な思い出になるような時間を過ごせる物件を見つけることが出来ると良いですよね。

 

スポンサーリンク

男女共同は怖い?

シェアハウスで女性専用のタイプが増えているのは事実です。理性のある男性とのシェアハウスならば、互いに干渉しすぎることもなく平和に暮らすことは出来ます。しかし、男性が一緒に住んでいる女性を好きになってしまったり、猛烈なアプローチを受けることで女性は身の危険を感じてしまうかもしれませんよね。

せっかく新しい気持ちで引越しをしたのに、同居している方のために不安になったりするようでは意味がありません。トラブルの対処に暴力を振るわれて怖い思いをするのも辛いですよね。

同姓とのシェアならそういった心配は大幅に少なくなるので、初めて実家を出る方は女性専用の家を選んでみてはいかがでしょうか。わからないことや、何気ない会話も同じ女性同士なら相談しやすいと感じる方は非常に多いです。また、お付き合いしている男性がいる場合も女性だけの方が安心出来るかもしれません。

 

女性専用だからこそある安心感

女性専用のシェアハウスには、セキュリティーがしっかりしている、地域の中でも比較的治安が良い立地が多いなどのメリットがあります。

セキュリティーでは最低でも共有玄関に防犯カメラを設置、個人スペースには専用の鍵を取り付けてある物件を選びましょう。ルールもある程度、シェアハウスを提供している事業所が決めているところもありトラブルが起こらないような対策をしています。既に入居者が他にもいる場合は、独自でルールを決めていることもあるので確認してみましょう。また一人暮らしではなかなか難しい、広いキッチンや共有スペースもあるので毎日がとても楽しくなります。たくさん活用してスペースを広々使いましょう。すっぴんを見られてはずかしい、休日はだらだらしている、そういう方でも同姓相手だとありのままで過ごしやすいことも人気のひとつです。

 

友達ができる?

シェアハウスは年齢や国籍の違う方と生活を共にします。住む目的で選ぶ方が多い為、学生同士、社会人同士など立場が近い同居者もいるでしょう。共通の趣味などがあれば、すぐに打ち解けられますし休日一緒に出かけることもあるかもしれません。

夕飯を作りすぎたので、少しわけてあげたりおすすめの本やCDの貸し借りをするだけでも距離がグッと縮まります。仲良くなりたいけれどなかなか自分から声をかけられない方は、「おはよう」「おかえり」など挨拶は明るい声でかかさずするだけでも自然と良い印象が残り相手から話しかけてくれるはずです。初めは緊張するかもしれませんが、程よく相手を思いやって過ごしやすいように配慮しましょう。実際にシェアハウスで共同生活をしていた方々で、退去した後も連絡を取り合い食事をするような関係として仲良く出来ている方も大勢いますので、そのような関係になれると素敵ですね。

 

いかがでしたか?
今回は女性専用のシェアハウスで暮らすことのメリットをみていきました。
安全面の問題、また、同性同士だとより気を抜いて生活を楽しめたり、生活を共にするため気のおけない友人が増えるという魅力があります。
シェアハウスでの生活を始めることを考えている方は、まずは女性専用のシェアハウスを考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク