スポンサーリンク

15/09/25 引越しコラム column

夢のために引っ越しを決意 後悔はしていない

img_move_love_97

 

私が、人生で初めて引っ越しをしたのは、短大を卒業してから関東への引っ越しでした。

 

スポンサーリンク

引っ越しの決意

私の地元は、かなり田舎で東京へのアクセスは、新幹線で片道2時間ほどかかります。短大を卒業して、本当は、地元で就職をするつもりでした。私の家族も友人もみんなそう思っていたと思います。

地元で就職を考えていた一番の理由は、当時付き合っていた彼がすでに地元で社会人として生活をしていて、離れることが嫌だったからです。当時は、よく結婚の話もしていて、いずれは彼と結婚すると思っていました。

そんな私が、引っ越しを決意したのは、ずっと密かに夢見ていた通訳者になりたいという思いが、大きくなったからです。
大好きな英語を短大でも専攻していたのですが、地元では、英語を生かせた就職先も見つけられずに、英語とは全く関係のない求人ばかりを見ているうちに、きちんと通訳の勉強をして、やりたいことを仕事にしたいと強く思うようになったからです。
両親はとても理解があったので、私が本気だとわかると応援してくれました。

 

それでも夢を叶えたい!

ただ彼とはとても話し合いました。引っ越さなくてもこっちでも勉強ができると彼に何度も言われました。ただ私がどうしても行きたい学校が東京だったため、最後には彼もしぶしぶ納得してくれました。

初めての一人暮らし初めての東京での生活は、不安なこともいっぱいだったけど、今思うとすごくいい時期だったなと思います。自分で決めたことなので、がんばることもできたし、新しい環境に身をおくことでいろいろなことを経験してきました。

彼とは約一年ほど遠距離恋愛をしていたのですが、結局は別れてしまいました。
その時はとても辛かったけど、自分のやりたいことのために東京へ引っ越しを決意した事は、一度も後悔したことは、ありません。

 

学校を卒業した後は、そのまま東京で 企業通訳として働きました。
住み慣れた場所を離れるのは不安なこともいっぱいあったけど、あの時もしあのまま地元に残っていたら今頃後悔していたと思います。引っ越しは大きな決断でしたが、今の私にはとても良い経験になりました。

スポンサーリンク