スポンサーリンク

15/09/28 引越しコラム column

人生が大きく変わった一大決心の引っ越し

img_move_love_86

引っ越しによって、これほどまでに人生が大きく変わると思っていませんでした。
確かに、当時自分の環境を変えたくて、住み慣れた地域を本当に思いきって離れました。本当に思いきりました、見通しのない将来を変えたくて。

 

スポンサーリンク

大学卒業後、憧れの関西に引越し

と言いますのも、大学時代から憧れていた関西に、大学卒業後何とか移り住みました。

その当時、誰も知り合いが無く、就職も決まっておらずという状態でしたが、歴史とユーモアセンスの溢れる関西に、ただ住みたい!というだけで移り住んだのです。当時、23歳です。

関西での就職試験に何度となく挑戦し仕事に就くまでは、アルバイトで生計を立て、臨時でも一定の収入が入るようになり、仕事を通して、様々な人と繋がり、何も無かった場所から第二の故郷のような住みやすさまで味わって7年目の決断です。

 

ダメ男に捧げた関西での20代

実は、当時、お付き合いしていた人がいましたが、別れられずに20代の輝かしい時期をその人に捧げておりました。
身も心も、そしてお金まで。

人柄は申し分のない人でしたが、何せ、経済力が無く、要するに「ヒモ」でした。別れを持ち出した時も、自殺未遂までされ、関西に越してから4年程は遠距離恋愛だったのですが、その人は仕事を辞め、無一文で私の所へ来てしまったのです。

そんなこんなでしたが、約3年後に一大決心をして関西を離れることにしました。一定の収入はあっても、臨時で働き続けている不安と、やはり改善されない彼の経済力に見切りをつけたくて。

憧れだった街で、やっと住み慣れた関西を離れることはとても勇気がいりました。でも、現状をとにかく変えたくて。引っ越し業者に荷物を預け、残りの荷物を自分の車にのせて新天地に向かった時に泣きながら運転したことを今でも忘れません。

 

関西を離れ新たな出会い

引っ越してからは、当然、関西未練で新しい仕事にも身が入りませんでした。彼と会えないというよりも、関西で知り合った仕事仲間、友人たちへの思いで…。心に穴が空いたような新天地での3ヶ月。

それからです、新しい出会いがあったのです。新しい出会いがあるとは想像もしていなかった。その出会いは突然やって来ました。
同僚の彼の弟さんで、アメリカ人でした。アメリカからお兄さんの所へ遊びに来て、私にも出会う機会があったのです。アメリカ人の彼と出会ったら、それまでの彼にもあっさりと別れを告げ、きっぱり別れられました。その後海外留学もしたので、流石に海外までは追いかけて来ず、10年以上一緒だった彼ともやっと別れることができたのです。

残念ながら、アメリカ人の彼とは将来を共にするパートナーにはなれませんでしたが、その彼と出会ってお付き合いをした約2年間、価値観が大きく変わりました。それを機に、海外留学へ挑戦。英語を殆ど話せず、留学当時、ATMから現金の引き出しに1時間も要していた私も、今では日本で幼児英語を教えるまでになりました。あの時、涙した別れが人生を大きく変えました。思いきりが人生を大きく変えていくことを実感しています。

スポンサーリンク