15/05/20 引越しコラム column

恋愛と結婚は違う!? 新婚生活のいいところとは?


img_marridge_life_62

恋愛期間は本当に楽しいものです。大好きな人と一緒にドライブに出かけたり、映画を見に行ったり、おいしいイタリアンレストランで食事をしたり、また天気のいい日には一緒に手をつないで、近くの景色のきれいな公園を散歩するだけでも、とても楽しく思えるものです。

しかし、一緒に過ごしている時間はとても短く感じられます。それで、もっと一緒にいたい。デートをして別々の家に帰るのが嫌だ。という感情になり、別れるのがとても寂しく思えます。

そんな大好きな人と一緒にいたい。これからは離れ離れに生活するのではなく、朝起きてから寝るまで一緒にいたい。お互いがお互いを必要としている。と感じたカップルは、恋愛関係から結婚して夫婦になることを踏み切ります。
結婚を意識しての交際は、これまでよりも一層親密なものとなります。一緒に式の準備をしたり、新居の準備をしたりと大忙しになることでしょう。

いろんな準備などで、忙しい日々がしばらく続きますが、しかし忙しさよりも、楽しさや喜びの方が大きく感じるものです。
そして、無事に式が済んで、新婚生活を迎えるわけですが、恋愛期間がどんなに長くても、また相手のことをよく知っているつもりであっても、やはり愛する人との新婚生活はとても新鮮に感じますし、とても楽しく思えます。

相手の意外な一面を見て驚いたり、時には夫婦げんかをしたりするかもしれませんが、それは新婚生活につきものです。
相手の嫌な面を見たり、些細なことから夫婦喧嘩をして「一緒にいたくない。」「恋愛している時の方が良かった」と、ときには思えるかもしれません。しかし、それでも結婚生活はとても良いものです。

 

そう言える理由はいろいろあります。例えば、恋愛期間が長くて、どんなに相手のことをよく知っているつもりであっても、「他人」です。恋人であることに変わりはありませんが、やはり「他人」という部類になってしまいます。
しかし、結婚すると「他人」から「夫婦」になります。夫婦は地上で最も強い絆で結ばれていますので、拘束力があります。ほかの誰も夫婦の絆を簡単に断ち切ることはできません。親や兄弟もこの絆を断ち切るべきではありません。

恋愛している恋人同士の関係の間は、喧嘩したり意見の食い違いがあった時には、別れる、とかしばらく距離を置く、という形をとることが出来るかもしれません。時には、恋人以外の他の人に気が変わるかもしれません。
しかし夫婦になると、些細なトラブルや意見の食い違いといったことが原因で、簡単にその絆を断ち切ることはできません。

もちろん、配偶者以外の他の人に気移りして浮気をしたり不倫ということも絶対許されません。
ある人は、夫婦としての絆を堅苦しいもの、と考えるかもしれません。また紙きれ一枚の関係だから。とも考えます。また、ある人一生、一人の人に束縛されるのは嫌だ。というかもしれません。しかし、愛する人と一緒ずっといられると言うのは、実はとても幸せなことなのです。

img_marridge_life2_62

例えば、女性であれば、朝起きた時に、愛する人が自分のベットの横に寝ている。愛する人のためにおいしい朝御飯を準備する。愛する人が、仕事に出かける姿を見送ることが出来る。そして、夕方になると愛する夫が帰ってくるのを、夫の好きな手料理を作ってワクワクしながら待っていられる。朝から晩まで幸せな気持ちになることが出来ます。

男性であれば、守るべき人が出来たわけですから、仕事に張り合いが出ます。仕事でどんなに上司から嫌味を言われたり、取引先に冷たい態度を取られても、また仕事のノルマが達成できなくてストレスを抱えていても、愛する妻のため。と思うと仕事をがんばることが出来ます。

お互いがお互いのために頑張ることが出来る。さらに、どちらかが病気にかかり看護が必要になった時、経済的に苦しい時、精神的に苦しい時、お互いを支え合って励まし合って生きていける。これは結婚生活のとても良いところです。

img_marridge_life3_62

また、別の良いところとしては、夫婦二人だけではなく、家族が増える楽しみを持てる。ということも挙げられるでしょう。
新婚生活の、ラブラブとした新鮮な雰囲気もとても良いものですが、やはり新しい家族を迎えることはもっと楽しみでしょう。
自分と、愛する配偶者との間に、自分達そっくりの子供が出来たなら、よりいっそう家族生活が楽しくなることでしょう。
最初のうちは子育てに不安を覚えたり、上手にできなくてイライラすることもあるかもしれません。
時には新婚生活時代の楽しい思い出が懐かしく感じたり、せつない気持ちになるかもしれません。

しかし、子育てについて夫婦で協力し合って、子供の成長を見守ることができるのはとても楽しいものです。
はじめて寝がえりをうった、はじめてハイハイできるようになった。つかまり立ちが出来るようになった。乳歯が生えた。歩けるようになった。「パパ」「ママ」と呼べるようになった。どんな些細なことでも我が子の成長はたまらなくうれしいものです。子供の成長と共に、親自身も人間としても成長することが出来るでしょう。

赤ちゃんだったわが子の成長はとても早いものです。保育園の入園、運動会、卒園式、小学校の入学式、卒業式、高校・・大学・・就職・・とあっという間です。
子供が巣立って自分たち夫婦二人だけになった時に、恋愛期間中に一緒に手をつないでよく言った景色の綺麗な公園を再び手をつないで歩くなら、懐かしい思い出がよみがえることでしょう。きっと、愛する人と一緒になって良かった。結婚して本当によかった。と思えることでしょう。

 

 

結婚生活の良い所とは、その時にはすぐに分からない部分もあります。しかし時が経つにつれて、徐々にその感情や重みや実感がわいてきます。
もし、自分に愛する大切な人がいて、ある程度交際をして、将来一緒になりたい。と真剣に考えているなら、是非一緒になることをお勧めしたいと思います。