15/09/09 引越しコラム column

積極的な恋愛はNG?引っ越す彼について行って失敗するケースとは

img_separate_together_90

引越しが決まった彼。女性として決断すべき時です。自分は残って遠距離恋愛を続けるべきか、それとも彼についていくべきか。

「遠距離恋愛なんか考えられない。少しでも彼のそばにいたい」という女性の場合、彼についていく決断をすることもあるでしょう。

でも、ちょっと待って。安易に「一緒にいたい」という気持ちだけで決断すると、痛い目にあうことがあります。それはどんなケースなのでしょうか。

 

映画の中に、こんなケースがありました

img_separate_reisei_01

出典 http://www.amazon.co.jp/

みなさん、『冷静と情熱のあいだ』という映画を見たことはありますか?
2001年に公開された映画ですのでだいぶ古い映画ですが、竹野内豊が主役を務め話題となりました。

この映画の中で、イタリアに住む日本人同士のカップル順正と芽実がいました。

順正は絵画の修復士、芽実は語学学校に通う学生でした。2人はイタリアで出会いお互いにいろいろな悩みを抱えながらも、日本人同士の気楽さもあり、付き合いを続けていました。

順正が仕事のトラブルなどもあって日本に帰国する時、芽実は順正について行く決断をしました。そしてしばらくの間日本で一緒に住んでいましたが、結局すれ違いやケンカが多くなり別れてしまったのです。

これはまさに「引越す彼について行って失敗するケース」ですね。何が原因だったのか、この映画の2人をケーススタディとして考えてみましょう。

 

2人がうまくいかなかった原因とは

img_separate_shinohara_02

出典 http://addictm.blog95.fc2.com/blog-entry-199.html

日本で一緒に暮らしている時、ケンカして順正が芽実に「君は日本に帰国してから何もせず、ダラダラしているだけじゃないか」と言ったことがありました。

それに対して芽実は「順正が帰国するって言うからついてきたのに」と言い返しました。

この会話の中に、原因が如実に表れているような気がします。

順正は日本で目的もなくダラダラと暮らしている芽実が許せない。しかし、芽実は順正のために日本についてきてあげたのに、と怒りをぶつけています。

「引越す彼について行って失敗するケース」とは、この芽実のように自分には何も引越す目的がなく、ただ彼についていくケースではないでしょうか。

結婚している奥さんだったら、夫の引越しについていくことはあるでしょうが、まだ結婚も婚約もしていないカップルだったら、男性は何の目的もなくただついてくるという彼女に困惑するのではないでしょうか。それを恩着せがましく「あなたのためについてきてあげた」と言われても、筋違いと感じるでしょう。

 

依存関係は大敵

もしこの芽実が、日本で学校に通ったり仕事を見つけたりなどの、自分なりの帰国の目的があったとしたら、この2人はうまくいっていたかもしれませんね。

日本で生きがいを見つけイキイキとがんばっている芽実の姿を見たら、順正も素直に「ついてきてくれてありがとう」という言葉を言うことができたかもしれません。

または、芽実はイタリアで自分の夢を叶えるために、1人でイタリアに残るという決断をすべきだったのかもしれません。

どちらにしてもやはり避けるべきなのは、相手に依存してしまうこと

自分の決断を相手に委ねて、すべて相手のせいにしてしまうこと。このようないわゆる「重い女」には男性も引いてしまいます。

 

遠距離恋愛を選択すべき場合

彼のことは好きだし、大事な存在。でも自分には今の場所でしかできない仕事がある、または今の場所でしか叶えられない夢があるといった場合、悲しいですが、自分は1人で残るという決断をすべきかもしれません。

自分の夢や仕事をあきらめて彼についていき、もしその彼とうまくいかずに別れてしまった場合、自分の決断を彼のせいにして恨んでしまうことになりませんか?

それに、遠距離恋愛として少し距離があるまま付き合いを続けた方が、2人の関係がずっと良くなる可能性もあります。

今は以前と違って、SNSや無料のアプリなどを使ってはるかに簡単に連絡を取り合うことができます。2人の間に距離があると彼の心変わりが不安なのはよく分かりますが、その不安が2人の絆を強くすることだってありますよ

 

ついて行くか行かないか、決断の決め手は

彼について行くか、彼について行かざるべきか、まだ決断できないあなた。決断するための最終手段をお教えしましょう。

それは彼に「ついて来て欲しい」と言われているかどうか

「何も言われてないけど、彼はついてきて欲しいと思っているんじゃないかな」という憶測ではダメです。きちんと口に出して言われているかどうかです。

男性はこれからの生活に彼女が必要で、そのためには少々の経済的負担もやむを得ないと思っているのであれば、きちんと口にします。その言葉がないのであれば、あなたをそこまでの存在と思っていないか、よっぽどの事情があるのでしょう。

いずれにせよ、それにも関わらずついて行ったとしても、うまくいきません。

でもきちんと「ついて来て欲しい」という言葉を言われた場合、あなたは彼にとって新しい生活をともにして欲しい存在なのでしょう。彼は、あなたに自分の都合に合わせてもらったという責任を感じています。きっとこれからも大事にしてくれるでしょう。