スポンサーリンク

15/12/27 引越しコラム column

引越し時にトラブルにならない彼氏との上手な別れ方

img_separation_trouble_90

彼女か彼氏のどちらかの引越しが決まり、離れ離れに住まなければならなくなりました。ラブラブのカップルならつらいつらい遠距離恋愛の始まりですが、「正直、もう終わらせたいかな…」と思っているときにはどうでしょう。絶好のチャンスに違いありませんね。最近マンネリになっている、ケンカが絶えない、信頼関係が薄れているなど、お互いに別れ時と感じている場合だったら、トラブルなくスムーズに別れられますよね。

でも問題なのは、片方だけが別れたい場合。うまく事を運ばないとお互いに傷つけあったり、泥仕合になったりします。今は別れ話がもつれた末のストーカー被害など、怖いニュースも聞きますよね。今回は、別れたいと思っている女性が、まだ別れたくないと思っている彼氏に、上手く別れを告げる方法をアドバイスします。

 

スポンサーリンク

自然消滅を狙うのは厳禁、逆効果です

楽観的な女性なら、「引越し前にわざわざ別れを告げなくても、距離が離れてしまえば自然消滅に持ち込めるだろう」と思う方もいるでしょうね。しかし、その考えは甘いです!

自然消滅ができるのは、お互いに同じくらい気持ちが離れているときだけなのです。彼の方にまだあなたを思う気持ちが残っていれば、引越し後は必ずその思いは増幅します。

特に彼氏の方が引越しをする場合、引越し後は新しい場所、新しい学校や職場などで、不安に思うことだらけでしょう。初めての1人暮らしを経験する男性だっているでしょう。そんな時にやっぱり思い出すのは、優しかった彼女や楽しかった2人で過ごした時間。距離が離れているので、その思い出は100パーセント美化されています。電話やメールは引越し前より頻繁になり、どんなに離れていても、休みが取れる度に彼女のところに会いに来るようになるでしょう。

これでは自然消滅どころか、より彼氏の方の気持ちが燃え上がって、別れたくても別れられなくなります。

 

別れ話は引っ越しの直前に、引っ越し後はひたすら連絡を拒否

やはり引越しの前に、きちんと別れ話をした方が良さそうですね。別れ話は切り出す方も切り出される方も、大きな精神的負担がかかります。ですから、どちらの方が引越しをする場合にしても、引越し前の忙しいときにそんなことはしたくないかもしれません。

しかしここが勝負の分かれ目。勇気を振り絞りましょう。別れ話は引越しの直前がいいでしょう。「もう一度話し合おう」と言われても、出発までのタイムリミットがありますから、それを避けることができます。引越しの当日まできたら、もうこっちのもの。だんだんと連絡が少なくなっていくのを、静かに待ちましょう。

電話の着信拒否、メールの受信拒否、ラインのブロックなどは、できればしないようにした方が賢明です。相手が逆上して、余計にめんどくさいことになるかもしれません。こちらは別れるという意志をきちんと伝えているのですから、しつこく連絡してきても無視すればいいのです。

彼氏にしてみれば、住んでいる場所は離れているし、電話やメールなどの連絡も無視されるしでは、なすすべもありませんね。どんなにしつこい男性でも、何ヶ月か経ったらあきらめてくれるでしょう。

 

お互いに引っ越しをしてみては?

ここまでやってもあきらめない彼氏でしたら、もしかしたら高い交通費と時間を使ってでも彼女に会いにくるかもしれません。彼女が引っ越しする場合だったら、引っ越し先の住所を教えなければ大丈夫ですね。

しかし彼氏が引っ越した場合、彼女の自宅を知っている訳ですから会いに来てしまいますよね。そんな時はいっそのこと、これを機会に女性も引っ越ししてみてはいかがでしょうか?これなら会いに来られても、もう部屋には別の住人が住んでいて、彼氏は探しようがありません。

ちょっとかわいそうですが、彼女の「もう会いたくない」という強い意志を感じるでしょう。それに、彼氏と過ごした思い出のある家を離れたら女性の側もスッキリしますよ。

スポンサーリンク