スポンサーリンク

15/12/10 引越しコラム column

思春期の引越しと転校…それは時にはいい転機!心配しないでママ!

img_move_child_07

小学生高学年、中学生。この時期での引っ越しや転校で経験する大きな生活環境の変化は、思春期に突入する時期でもあり、
ささいなことでも傷つきやすいお子さんにとってはとても大きな問題なのでは、と心配な気持ちで引っ越しを控えられている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

不安なことばかり連想しがちな引っ越し・転校。
だけど、実はそれは思い込みで、生活環境をガラッと変えることは、時にはとてもすばらしい変化をもたらすものかもしれません。

今回は、転校・引っ越しをきっかけに成長することができた私の個人的な体験談を混じえて、引っ越し・転校にまつわるポジティブな面をご紹介していきます。

小学校に上がる、中学校に上がる、そんなすこし大人になるタイミングには、きっと子どもは頼もしい成長をするはずです。
お子さん個人の変化していく、成長していく能力を信じてあげて、ママさん方もお子さんと一緒に環境の変化を穏やかな気持ちで向かえられるようになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

引っ越しを機に新しい自分に大変身!転校を機に大きく変わる!

自分はこういう人間なんだ、という思い込みは、誰しもが少なからず持っていると思います。
○○ちゃんておとなしいよね、○○ちゃんておっちょこちょいだよね、などなど、人間はまわりに言われ続けてきたことが自分の人格だと思い込むことがあるようです。それが良いことばかりならば問題ないでしょうが、時には”自分とはこういうものだ”というものが不自由な制限になっている、ということもありますよね。

私個人の話でいうと、比較的大人しく目立たない子だったのですが、どこかで明るくハキハキした友達に憧れ、自分もそうなれたらなぁという思いがあったのです。
でもそれまで慣れ親しんだ環境の中ではなかなか自分のイメージは変えられませんでした。
それまでの学校では、おとなしい性格の子はあまり自分の意見を発言しない、発言する人はクラスで人気者だったり賢かったりする人だけ、というような感じを受けていました。

引っ越しをして転校をすることになり、環境も友達も全て変わるいい機会なので、思いきってなりたい自分になろう!と決心したのです。
そう意気込んで中学に入学すると同じクラスに、普段はおとなしいけど自分の意見をはっきり言える子がいました。
普段はおとなしいのに、というところにかっこよさを感じたのです。私も彼女のようになりたいと思っていたら運良く仲良くなれたのです。

付き合う人によって人間は変わるもので、気が付いた時には自分の意見をちゃんと言えるようになっていたのです。それからたくさんの友達が出来ていきました。

環境が変わるのは不安も大きいけど、新しい自分を見つける事や新しい発見、関わる友達も増えれば考え方にも深みが生まれ、その分ひと回りもふた回りも大きな人間になれたような気がします。

 

引っ越しがきっかけで見つけられた自分の大好きなこと

今までずっと住んできた家。それはいつも変わることがありません。居住空間がガラッと変わるのも、時には大きな変化を促すきっかけになります。
私個人が体験した、住まいが変わったことで起こった大きな変化をご紹介します。

それまで妹とひと部屋を一緒に使っていたのですが、引っ越しを機に初めて1人の部屋をもらいました。
自分の部屋のレイアウトを考えたり、家にある家具をうまく使って他の部屋の収納をしていくことに楽しみを見出していきました。
引越しの片付けも、段ボールに荷物をきっちり詰めていくのも楽しく、だんだんと自分の才能に気付いていったのです。
これも、もっと幼いころに部屋をもらっていたり、引っ越しを経験していたらこれほど積極的に行動していなかったでしょう。

この後何度か引越しを経験したので、ますます技術は磨かれました。その経験を活かして一時期引越しの箱詰めのバイトまでしたくらいです。
そして最近、整理収納アドバイザーの資格も取ってしまいました。引越し経験により自分の好きなことにを発見し、それが得意な事となり、将来の仕事にまでなろうとしているのです!

このように引越しは、いろいろな発見ができた経験です。将来の可能性にまでつながったのですから。
引越しを控えているお母さん方、もしかしたらお子さんの将来につながる何かが、引越しに潜んでいるかもしれませんよ。
そんな視点で見てみたら、大変なことも楽しい発見になると思います。
いかがでしたか?
今回は、繊細な思春期時代ならではの引っ越し、転校で起こり得るとても良い変化についてお話しました。

私個人のお話が多かったですが、いろいろなことに感化されやすい思春期、というところにポイントがあります。
幼少期に比べ、自分で物事を考え、行動する割合も増えていきます。感受性の豊かな時期であり、そして主体性も生まれてくる思春期だからこそ、環境の変化は新しい自分を発見する機会になったり、人生の転機ともなり得るような大きな変化になるのです。

思春期のお子さんを持つ方で、引っ越しを控えている方は、お子さんの中の自発的な成長する能力を信頼してあげて、お子さんの変化を楽しみにしてあげましょう。

スポンサーリンク