スポンサーリンク

15/04/02 引越しコラム column

引越しがなければ彼には会えなかった

img_move_love_46

十年前のことですが、夫の転勤のために海外へ引っ越しをしなくてはならないという事態になりました。
その頃には夫婦の間もすっかり冷え切っていたのですが、日本から離れてしまえば、お互いの気持ちも変わって良い方向に勧めるかもしれない、というかすかな希望も持っていました。

 

スポンサーリンク

海外生活、努力を認めてくれない夫

外国での生活は言葉の違いがあって、やはりとてもたいへんでした。
それでも現地の人と仲良くなるために、わたしはわたしなりにいろいろな努力をしました。

まったく苦手だった英語を習得するために英会話の家庭教師に習ったり、心細い気持で買い物に出掛けたりしました。
現地での奥さま会にも出席して夫の顔を立てる努力もしました。こどもがいれば、学校関係の人と親しくなれますがわたしはこどもがいなかったので、それはできませんでした。

日本料理を作るには遠い日本食のスーパーに買い物に行かなくてはならないのですが、それも頑張って行って食材を買ってきて、夫のために食事も作ったのです。

 

ところが、わたしの努力を夫は少しも認めてはくれませんでした。
ほんとうに悲しかったです。
会社からは二年間と言われていましたが、三年近くその生活は続きました。
帰国命令が出て、やっと日本に帰れると思ったら嬉しくて涙が出ました。
日本に帰ればもう我慢しなくていいのですから。

 

離婚、引越し、新たな出会い

帰国してすぐに夫はまた国内の転勤がありましたが、わたしはもうついて行くのをやめて離婚を切り出しました。
夫も面倒なことになるのは嫌だからとすぐに応じてくれました。

それから引越しをして、一人暮らしをはじめて、仕事を探しました。
英語ができるようになっていたのでそれを活かして外国人に日本語を教えることにしました。

すると半年ほどして、イギリスから来た5歳年下の青年と知り合うという出来事がやってきました。
思えば、最初の引越しが英語を引きよせてくれて、一人暮らしを始めた引越しが彼と出会わせてくれたのではないかと思います。
日本にずっといたら、彼と出会うことは決してありませんでした。
次の引っ越しは彼と暮らす新居になる予定です。

スポンサーリンク