スポンサーリンク

15/10/28 引越しコラム column

勢いで同棲解消して一方的に引越しした私が気付いたこと

img_move_love_67

スポンサーリンク

喧嘩してしまう彼との同棲生活

私は以前、彼氏と同棲をしていました。

付き合いはじめてから2ヶ月経った頃、お互いに付き合ったばかりで気持ちが盛り上がっていたこともあり、すぐに一緒に住もうという話になり、彼と一緒にアパートを借りたのです。

しかし、同棲を始めてからというもの、喧嘩が多くなりました。

喧嘩の理由はとても小さなことなんです。
洗濯物の干し方が悪いとか、お風呂掃除は自分ばかりやっているとか。

すぐに仲直りできるならまだいいのですが、それをお互いに引きずってしまい、何日も口をきかないこともありました。

彼が帰ってこないこともありました。
仲がいい時はいいのですが、一度喧嘩してしまうと顔も見たくないほどになってしまう。

同棲する前はあんなに好きで、ずっと一緒にいたいと思っていたのに、こんなことになるなんて…と同棲したことを後悔することも何度もありました。

 

勢いで一方的に引越し

ある日、ついに耐えきれなくなってしまい、出ていくことを決意しました。

自分でアパートを探し、勝手に契約して、一方的に彼に出ていくことを告げたのです。

彼は私を止め、私はそれを拒否し、また喧嘩してしまいましたが、私はもう引越先も決まっていたために仲直り出来なくてもいいやと、やけになっていました。

彼との関係が微妙なまま、私はそこを出て、新しい生活が始まりました。

彼のいない、ひとりの生活。最初はのびのびできて気楽でした。
喧嘩することもない、何をしても怒られない、いい生活だとひと時の小さな幸せを感じていました。

 

彼の存在の大きさに気付く

しかし、生活するにつれ、何かが足りないのです。

確かに気楽だけど、心にぽっかりと穴が空いたような、物足りない気持ちになってきたのです。

私はここでやっと彼の存在の大きさに気づきました。
彼の好きな料理を作るために頑張っていたこと。
彼が私の好きなスイーツを買ってきてくれたりしたこと。
一緒に買い物に行ったり、部屋で一緒に映画を見たりしたこと。

当時はなんてことのない生活だと思っていましたが、大切なものは失ってから気づくのだな、と後悔の気持ちがこみあげてきて泣いてしまいました。我慢を知らない本当に身勝手な自分でした。

私が後悔していた頃、彼から連絡がありました。
やっぱりふたりで暮らしたい、一緒にいたいと言われました。こんな私に対してそんな気持ちを持ってくれているなんて、信じられませんでした。

私は今まで素直になれなかったけど、彼に言われたことで私も同じ気持ちだということを伝えることが出来ました。

 

相手の価値観を尊重すること

私たちは離れて、改めてお互いの存在の大きさ、大切さに気づけたのだと思います。

今はお互い別々に暮らしていますが、また仲のいいふたりに戻れました。
あのまま同棲していたら、永遠の別れだったでしょう。

勢いあまってのことでしたが、あの時引越しをしてよかったと思います。
いずれまた、一緒に住むことも考えていますが、きっとその時には私は少し大人になれていると思います。

よく言われることですが、他人同士一緒に暮らせば、価値観の違いがあらわになることもあります。でも相手を尊重することが大切なんです。

同棲中でがんばっている方にエールを送ります!

スポンサーリンク