スポンサーリンク

16/01/14 引越しコラム column

他の引越業者の悪口を言わないか?引越しを嫌な思い出にしない秘訣

img_mover_abuse_90

引越し業者さんとやり取りをする場面で、他のライバル会社の引越し業者さんを批判したり悪口を言っていないかという点に注意するのは、引越業者さんを上手に選ぶコツです。

自社の強みをアピールするには、他社と比べてこのように強いと説明するのはもちろん納得のいく説明ですが、営業妨害になるような他社を酷評する悪口が聞かれれば、契約はやめておくのが無難です。詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

いつ悪口に注意したらいいか

ではいつそのような悪口が聞かれないかと気を付けておくべきかというと、受付スタッフとの電話のやり取りのときと、訪問見積もりに来た営業スタッフとのやり取りのときです。

あなたが決断に戸惑ったとき、あるいは他社の名前を出したときなど、他社の評価を下げて自分の会社を売るような手段に出れば、明るく「検討します」の一言で契約は逃れましょう

悪気はなく女性は特に人のウワサ話は好きな方ですし慣れています。多少他社の悪口を聞いたとしても良い判断材料として活用できる人も多いかもしれません。

しかし、他社の悪口を言うような社風のある業者さんはどうして良くないのか、次に具体的に説明していきます。

 

なぜ多少の悪口でも契約をやめておいた方がいいのか

万が一営業妨害になるような酷評をして他社から訴えられたとしても、罪に問われるのはその業者で、引越しが終わってしまったら私たち客とはもはや関係がありません。

しかしそのように深刻なケースを考える前に、単純にあなたに気分を害してほしくないからおすすめしないのです。

「そのくらい」と思うかもしれませんが、悪口が当たり前の業者さんは、引越しの準備を進めるうちにあなたに対して悪口を言ってくることも十分考えられますよね。

そうでなくても、

「二名のスタッフが来たのですが、一人は若い男性でアルバイトの方で、もう一人のスタッフによく怒られているのを見て、あまり気持ちの良いものではありませんでした。」30代女性 Yさん

という口コミも寄せられるように、せっかくの自分の引越しに険悪なムードというのはとても残念に思うものなのです。レビューで書きたくなるくらい。

 

他社の悪口を言わないかどうかという点は、後々あらゆる場面に現れる対応が予測できるというものです。引越しを良い思い出にするために案外重要な評価ポイントです。新しい生活への大切な日なのですからね。

 

 🙂 引越業者さんを選ぶときのポイントを他にも確認する

 

スポンサーリンク