スポンサーリンク

16/09/16 引越しコラム column

段ボールを勝手に置いていかれた?【何気ないけど要注意な業者の行動】

img_mover_leavebox_90

スポンサーリンク

引越しの段ボールは無料が当然!?

引越しの荷造りに欠かせないダンボール。

引越しというキーワードで絵を描いてと言われたら、私ならトラックと引越しスタッフと、積み重なった段ボールなどを思い浮かべる方が多いかと思います。

そのくらい引越しに段ボール箱は当たり前の存在ですが、段ボールにもお金がかかることを知っていますか?

もちろん「段ボール◯枚まで無料!」などと謳っている業者さんも多いのは確かですし、たかが段ボールですから当然無料だろうと思っている方も多いはずです。

しかし、このような無料サービスなどに安心しきっていると悪徳業者に引っかかってしまうリスクがあるかも!

次のようなシーンになりそうになったら、十分注意して下さい。

 

段ボールを置いていく!?気をつけるべきシーン

具体的にいつどのように気を付けたらよいかを見ていきましょう。

引越業者さんと契約する際には、業者さんに家へ来てもらって見積もり金額を出してもらうのが一般的です。

実際に荷物を見てもらい、合わせて家や周辺環境をチェックして詳細の見積もりを出してもらい、内容と値段に同意できれば契約の運びとなります。

一通りチェックしてもらうと「この状況だと◯◯円です」と見積書を見せられるでしょう。

 

そのとき、この業者さんが1社目の場合、他の業者さんにも見てもらって比べたいなと思うのは当然のことですよね。

しかし、口コミによると素直にここで引き下がってはくれない業者さんも相当数います

そんなとき控えめな女性では、返事を曖昧にしてしまうかもしれませんが、そのときに注意が必要です!

何気なく段ボールなんかを置いていってしまい、後で言いくるめようと画策している悪徳業者がいるという体験談があります。

きっぱり断ったりするのが苦手だと感じているのなら、誰かに一緒にいてもらうことを検討したり、段ボールを置いていくような怪しげな行動がないか十分に注意をして下さい。

まだきちんと契約をしていない段階で段ボールを何気なくもらってしまうと、後から予定していなかった段ボール代を払わなければいけなかったり、最悪、契約をしたとみなされ圧力をかけられるかもしれません。

 

断りきれなかったらどうすればいいの?

img_strong-woman01

では万が一そのようなトラブルに巻き込まれてしまったかも!という場合は?

大丈夫です、国民生活センターに連絡しましょう。

きちんとした手順で契約手続きをしていない場合は、消費者センターの力を借りれば状況次第ではキャンセルをしたり、お金を払ってしまっていたとしても返金が可能です。

もしものときはひとりで悩まずに以下からお近くの消費者センターを探して相談しましょう。

 

引越し業者さんを選ぶ時には、きちんとした説明もなしに段ボールを置いていくという行動は要注意です。気を付けて下さいね。

安心・安全な引越しを

img_positive01

初めての引越しでは不安になることも多いかと思います。

しかし、一つ一つ着実に準備をすれば大丈夫。多くの引越し業者さんはみなさんの引越しをスムーズにサポートしてくれます。

引越しモアは皆さんの安心・安全な引越しを応援します。

他にも暮らしや引越しにまつわる情報を発信しているので、是非ご参考になさってください。

 🙂 引越業者さんを選ぶときのポイントを他にも確認する

引越し業者一覧を見る(口コミや価格などを引越しモアが徹底検証)

 

スポンサーリンク