スポンサーリンク

16/01/13 引越しコラム column

引越し料金をいつどのように払うか説明があるか?女性も毅然と確認して

businesswomen working image

引越しを繰り返し行い慣れている人ならいいのですが、多くの人が忘れた頃に引越しをする程度ですので、どのように引越し料金を払うのが妥当な方法なのか、いつ請求されるものなのか、よく分からないというのが普通です。

そこを突かれて不当な支払い方法を求めてくる悪徳業者さんがいるので、十分注意しましょう。

引越し料金をいつどのように払うように要求されるかが、安心の業者さんを選ぶポイントになります。トラブルに巻き込まれないために、引越し料金の払い方について事前に知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

引越し料金は多くの場合は後払い

まず知っておいてほしいことは、引越し料金を払うタイミングは多くの業者さんが後払いという現状です。

もちろん業者さんの数は多いですし様々なケースがあるので先払いのこともあるかもしれませんが、そのときはきちんと理由を説明してくれるか様子を見ましょう。「先払いは珍しいですね〜」などと声をかけてみてもよいでしょう。

十分納得できる説明がない場合は、「支払いは父でないとできない」「夫でないとできない」などと言って断って下さい。

最悪の場合先払いをしたのに引越し当日ドロンという話も聞きます。ここは堂々とした態度で雰囲気に流されずに確認しましょう。

 

「手付金」「内金」の要求がないか

また、全額先払いではないけれど一部の料金を事前に払うように要求されたら、それも断って下さい

キャンセルされないようにそのような手を使うことがあるようですが、支払う義務はありません。

やむを得ずキャンセルすることになった場合でもその前金を返金してもらえないというケースも聞いています。

一部で、荷造りサービスを依頼する場合はその料金のみ先払いというところもあるようですが、荷造りサービスの料金なのかどうかしっかりと確認をしてください。

 

支払い方法をきちんと説明してくれるか

大手の業者さんなら銀行振込やクレジットカード払いができるところがほとんどですが、地域密着型の業者さんの場合現金支払いのみのことが多いので注意しましょう。

もちろん当日準備がなくて払えないと困るからですが、悪徳業者に引っかかってしまうと、当日現金で払えないことに対して不当に追加で請求されたり、高圧的な態度で迫られるリスクも考えられます。

通常、支払い方法についてはきちんと説明することがマニュアルで決まっているはずですが、説明がなかったり曖昧だったりしたら確認し、怪しそうなら契約書にサインをするのをやめましょう。ここでもまた「父に相談する」「夫に相談する」のセリフでやり過ごして下さい。

当日現金での支払いだと言われた場合は、封筒に入れて準備をしてスムーズに支払えるようにしましょう。細かい数字にならないことが多いと思いますが、おつりがないように用意できれば親切ですね。

 

領収書をくれるか

領収書をきちんと出してくれるかどうかも気にしておいて下さい。ほとんどが引越し当日の支払いだと説明しましたが、引越しが終わってしまったのだしもういいのでは?と気をゆるめないようにしましょう。

後々トラブルに気付いた時に重要な証明になるのが領収書です。自分を守る物になりますので、引越しを終えて疲れたところでもきちんともらっておくようにしてください。

 

お金のトラブルは想像以上に深みにはまることもありますし、何よりせっかくの引越しなのに気分は最悪です。

お金にうるさいとか細かいとか思われると嫌だな〜と私なんかは思ってしまうのですが、不安な気持ちを相手に理解してもらいながらきちんと確認してくださいね。

 

 🙂 引越業者さんを選ぶときのポイントを他にも確認する

 

スポンサーリンク