18/04/17 引越しコラム column

【陣痛】初産の妊婦さん必見!前駆陣痛や本陣痛とは?


臨月を迎えると、お腹の中の赤ちゃんと対面できるまであともう少しですよね!多くの妊婦さんが、可愛い赤ちゃんの誕生を待ちきれないと、とても楽しみにしているのではないでしょうか。

特に初産の妊婦さんは、そんなワクワクした気持ちとともに、これからやってくるであろう「陣痛」に、大きな不安も抱えているのではないでしょうか?初めてのことなので、「痛みはどれくらいあるのだろうか?」「どのタイミングで病院に連絡をすればいいのだろうか?」などといった具体的な心配事もたくさんあることでしょう。

そこで今回は、特に陣痛に不安を感じやすい初産の妊婦さんに向けて、2タイプの陣痛について詳しく紹介していきます。是非参考にしてみてください!

 

 

前駆陣痛とは?

陣痛はどのようにして起きるのかご存知でしょうか?

陣痛は子宮が収縮することにより発生する痛みです。子宮の収縮は、内部で大きく成長した赤ちゃんを出産するために起こります。

そして陣痛には、「前駆陣痛」「本陣痛」の2つのタイプがあります。

それでは早速、前駆陣痛から詳しく見ていきましょう。

前駆陣痛の起こる時期

前駆陣痛は、正産期に近い36週目から40週目未満の頃、本陣痛の半月前から1カ月前に起こるのが一般的です。本陣痛と異なることから、「偽陣痛」と言われることもありますよ。

前駆陣痛が毎日同じタイミングで起きる妊婦さんもいれば、不規則で起きる妊婦さんもいます。中でも夜間は、前駆陣痛が起こりやすいです。妊婦さんは前駆陣痛によって起こされてしまうこともよくあります。

前駆陣痛の痛み

前駆陣痛の痛みは、1時間から数時間にわたり続くことが多いです。

痛みの強さは、不規則に強くなったり弱くなったりすることもありますし、徐々に弱まっていくこともあります。

痛みの間隔も、長くなったり短くなったりと不規則です。

また、前駆陣痛と本陣痛の痛みは、似ても似つきません。初産の妊婦さんが「これってもしかして陣痛なのかな?」と迷う痛みは、ほとんどが前駆陣痛です。

前駆陣痛で病院へ行く目安

前駆陣痛と本陣痛の痛みは、似ても似つかないとはいえ、初産の方は痛みを心配されるかもしれません。

しかし、前駆陣痛による痛みは出産の準備のような現象ですから、基本的に異常ではないのです。

  • 痛みがどんどん強くなり、規則的に続く

先ほど、前駆陣痛の痛みは強くなったり、弱くなったりする。または弱まっていく。そして痛みの間隔は不規則であると紹介しました。

もし、痛みが強くなっていったり、痛みの間隔が短くなっていると、それは本陣痛である可能性があります。

  • 破水が起きた

前駆陣痛が起きる前後に破水してしまった場合は、雑菌が産道を通じて赤ちゃんに届きやすくなります。そのため、赤ちゃんが感染症にかかってしまうリスクが高まります。

 

本陣痛とは?

本陣痛は、出産直前の陣痛です。

本陣痛を感じたら、親族へ連絡するなど出産の最終準備をしましょう。

本陣痛から出産までの時間

特に初産の妊婦さんは、本陣痛を感じ始めてから出産するまでの時間が長くなる傾向にあります。平均で8時間から12時間程度です。

本陣痛の痛み

本陣痛の痛みは、どんどん強くなっていき、間隔も短くなっていきます。

本陣痛で病院へ行く目安

初産の妊婦さんは、陣痛を感じ始めてから出産するまでの時間が長くなることが多いので、痛みの間隔が10分になってから受診するようにと言われています。

 

 

前駆陣痛と本陣痛を判別するときは?

 

ここからは、前駆陣痛と本陣痛の特徴をまとめて整理していきます。

自分で痛みがどちらなのかを判別するときに参考にしてください。

もし、自分では判別がつきにくいというときは、病院へ相談しましょう。

  • 前駆陣痛

痛みの間隔が不規則で長くなったり短くなったりする。

痛みの強さが不規則で強くなったり弱くなったりする。あるいは規則的で徐々に弱まっていく。

体勢を変えると痛みが弱まる、あるいは消える。

  • 本陣痛

痛みの間隔が規則的で徐々に短くなっていく。

痛みの強さが規則的で徐々に強くなっていく。

体勢を変えたところで痛みは変化しない。

 

 

おしるしが出たときは出産間近!

おしるしとは、血液と子宮の粘膜が混ざり合ったピンクのおりもののことを指します。

おしるしが出てきた場合は、子宮口が開き始めているという兆候です。いよいよ出産が目の前まで迫っているというサインですね!

おしるしはすべての妊婦さんが経験するわけではありません。おしるしが出なかったまま出産をする妊婦さんも多いです。

一般的にはおしるしが出てから、3日程度で本陣痛がくることが多いのですが、中には1週間も経ってからようやく本陣痛がきたという妊婦さんもいます。

 

 

おすすめ陣痛間隔記録アプリ

陣痛の間隔を記録してくれる、便利な無料アプリがあるのはご存知ですか?

ここでは、そのうちの1つをご紹介します。

『陣痛きたかも -今スグ使える陣痛計測アプリ-』

  • AppStore

https://itunes.apple.com/jp/app/id672093792

  • GooglePlayストア

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.plusr.android.jintsu

このアプリは、ボタンをタッチするだけで陣痛間隔の記録を取ってくれます。病院に着いたら、お医者さんや助産師さんにパッと陣痛の状態を見せることができますね。

また、先輩ママたちの陣痛や出産の体験談も読むことができます。自分の陣痛や出産の予習に役立ちそうです!

緊急連絡先も登録しておけるので、いざという時は病院や両親へすぐに連絡することもできます。

このアプリ以外でも、無料の陣痛間隔記録アプリはいくつか出ています。自分に合っていると感じたものを、ダウンロードするのがいいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2つの陣痛、「前駆陣痛」と「本陣痛」の違いと、判別する特徴について知っていただけたと思います。

出産直前の陣痛は、「本陣痛」の方ですよ!

これから出産を迎えるという妊婦さんは、この記事に書いてあったことをしっかりと頭の中に入れておきましょう!

元気な赤ちゃんを産んでくださいね!