スポンサーリンク

15/11/10 引越しコラム column

引越しの時、じゅうたんは新調する?そのまま持って行く?ジャッジの仕方

img_rag_bring90

出典 http://www.e-3m.jp/carpet/style/living.html

 

これから引越しを考えている方、特に部屋のインテリアにこだわりがある女性の方は、新生活を機に家具を新調しようかどうか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回はじゅうたんに焦点を当ててみようと思います。

もちろん旧居で今まで利用しているものをそのまま持って行く方もいらっしゃると思います。特に高級なものを利用していた方はなかなか買い替えることは難しいでしょう。

ただ、じゅうたんは人の足の踏み場となるものであり、またいろいろなものをこぼしたりしてしまって、大変汚れやすいものでもあります。
今まで利用していたものを持って行った方がいいのか、それとも新調した方がいいのか、ここでは考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

じゅうたんはその部屋の印象を決める基盤となる

じゅうたんは、その大きさから部屋全体の印象に大きく影響を与えます。だからこそ、どういった部屋にしたいかを考えるにあたって、最初の基盤となるものです。

色彩が鮮やかなものを選べば、部屋はポップな印象になりますし、ブラックやブラウンといった色であれば、落ち着いた雰囲気になります。ペルシャ絨毯などの高級なものであれば、それだけで高貴で気品の高い印象を与えてくれます。

だからこそ、自分がどういう部屋が居心地がよいのかを見極めることが大切です。そして、じゅうたんの色や形状に合わせて部屋造りを進めていくことで、お部屋のトータルコーディネートが上手くいきます。

理想の部屋のイメージができたら、今まで使っていたじゅうたんの色で合うのかどうかジャッジしましょう

 

新調する場合は、自分の生活に合わせて購入しよう

じゅうたんを新調する場合、自分自身の好みはもちろん大切ですが、それよりも生活レベルや家族に合わせることの方が賢明です。

例えばまだ小さな赤ちゃんがいる家庭では、遊び毛の少ないものだったりクッション性が高いものを選ぶようにすることで安全に過ごせますし、ペットを飼っているのであれば、傷がつきにくいものを基準に選ぶようにしましょう。

また、例えば独身の20代の女性などがペルシャ絨毯などの高級なものを利用することは、場合によっては不相応に映ることもあります。仮にじゅうたんだけ高級なものを用意しても、周りの家具がそれに見合ったものではないと、部屋全体としてバランスも悪くなってしまいます。

今まで使っていたじゅうたんは、引越して生活スタイルが変わる場合でもふさわしいものですか?誰とどんな生活をするかをよく考えて、新調するかどうか決めましょう。

 

旧居から持って行く場合は、綺麗に掃除しよう

以上のジャッジから、今利用しているじゅうたんをそのまま持って行こうと考えたなら、引越しを機に一度綺麗にしておきましょう。じゅうたんの掃除にはさまざまな方法がありますが、ここではその一例を紹介します。

1.ごみを吸い取る

まずは、ほこりや髪の毛、糸くずといったものを吸い取ることから始めます。ブラシなどで毛並みを逆立たせながらゴミを浮き上がらせ、毛並みに沿って掃除機で吸い取りましょう。

亀の子たわしを使うと奥深くに入ってしまっている髪の毛やほこりが出てくるのでおすすめです。

 

2.べたつき、シミを拭き取る

次に、べたついてる部分やシミなどが気になる部分があれば、拭きとりましょう。

雑巾に重曹や洗剤などを付けて拭きとっていくのですが、ここでも毛並みに沿って拭いてあげることが重要です。またゴシゴシとこするのではなく、シミの上からトントンと叩くことで、じゅうたんを傷めないで汚れを落とすことができます。

 

3.ダニ退治

そして、余裕があればじゅうたんに潜むダニを退治しましょう。

ベランダがある家では天日干しをし、ない場合はスチームアイロンで代用できます。スチームを強にし、端から端までアイロンをかけることで、熱処理が加えられダニを駆除することができます。

 

じゅうたんは、部屋の中心となるものなので、引越しの際にはまず最初に敷きたいものです。もしテレビやテーブルなどの他の家具を先に配置してしまうと、敷くために家具を持ち上げたりするなど大変です。

新調するのか、それとも今利用しているものをそのまま持って行くのか、じゅうたんの場合は引越し前によく考えましょう

スポンサーリンク