15/05/09 引越し準備・やること prepare

お引越し前に…その冷蔵庫大丈夫?運搬準備と掃除の仕方


img_cleaning_refrigerator_51

新生活に向け、旧居から引越しをされる方もいるのではないでしょうか。引越しの中でも一番気を使うのが冷蔵庫。今回はお引越しの際の冷蔵庫の取り扱いとお掃除についてお送りします。

 

冷蔵庫……どうする? 中身は? 運搬は……?

冷蔵庫。日頃は買ってきた食材を保存したり、冷凍したりと当たり前のように使っていて私たちの生活にもはやなくてはならない存在です。そのような日常において冷蔵庫の電源を切るということは滅多にないものです。ですから、いざ引越しとなると冷蔵庫の取り扱いに困ってしまうという方も非常に多いです。

まず、冷蔵庫に入っている中身はできるだけ新居に持っていくことは考えないほうが無難です。引越しまでにどうにか冷蔵庫の中身の食材を使い切る、使い切れないものは思い切って処分することが良いでしょう。どうしても持って行きたい食材などはクーラーボックスに入れて新居まで持ち運びましょう。ドレッシングなどの液体ものも液もれなどする可能性があるので、持って行く場合は慎重に。
いずれにしても引越しまでに使い切ってしまうのがベストです。

冷蔵庫の中身をゼロにするのは思っている以上に大変です。
引越しの少し前から賞味期限が切れているものなど、冷蔵庫の中身をチェックして処分しておきましょう。

引越し直前は冷蔵庫に保存しなければならない食材の購入は避け、外食やスーパーのお惣菜やお弁当などで食事をすませるのも冷蔵庫に中身を残さないのでおすすめです。

引越し前日には冷蔵庫の電源を切って水抜きをしましょう。
冷蔵庫の中はいたるところに凍った水滴がついていることがあり、
引越し当日に冷蔵庫の電源を抜くと凍った水滴が溶けて他の家財を濡らすおそれがあります。
少なくとも前日には冷蔵庫の中身をカラにして電源を抜いておくのがベターですね。

女性の方のお引越しでは単身用の小型の冷蔵庫でも冷蔵庫を自力で運ぶという方はまずいらっしゃらないと思いますが、冷蔵庫を自力で運搬する場合は冷蔵庫の横置きはしないようにしましょう。
冷蔵庫の冷却システムの故障の原因に繋がりかねません。
冷蔵庫の取り扱いがよくわからない!という女性の方は中身をカラにして電源を引越し前日に切った状態でおけばまず大丈夫です。後のことは業者の方にお任せしてしまいましょう。

 

冷蔵庫の中身をお掃除しましょう

どうせお引越しで冷蔵庫の中身をカラにするならば冷蔵庫の中も綺麗にお掃除しませんか。
食品を置いているだけのつもりでも意外と汚れているのが冷蔵庫。
食品の汁やカス、液もれなどの汚れがこびりついていることも多いのです。
日頃、どんどん買った食材を詰め込むことは多くても冷蔵庫のお掃除ってなかなかしませんよね。
これを機会にピカピカの冷蔵庫で新居で楽しくお料理しましょう。

電源プラグを抜く

まず、お掃除の際は安全のために電源プラグを抜きます。
冷蔵庫のお引越しの過程としてはまず中身をゼロにして電源を抜いた段階からお掃除をはじめるのが望ましいでしょう。

棚やポケットを外して洗う

冷蔵庫内には棚やポケットなどさまざまな部品が取り付けられています。
取り出せるパーツは取り出して、台所用中性洗剤で洗って乾かします。
意外とこの棚やポケットの底が汚れていることが多いので入念にチェックしてみてくださいね。

壁はアルコールスプレーで

冷蔵室内、ドアの内側はキッチン用アルコール除菌スプレーを使ってふいていきます。

冷蔵室、野菜室も同様にトレイやケースなど外せる部分は外して丸洗いをしてみてください。
冷蔵庫本体の表面も意外と手垢や料理中の手で触った跡がたくさんついています。
水ぶきで丁寧にふいていきましょう。

 

冷蔵庫という存在はごく当たり前に私たちの日常に溶け込んでいるが故にお掃除ということは余程中身で食材をこぼしただとか、大きなハプニングがない限りやろうという気にはなりにくい場所です。
引越しを機会に思い切って冷蔵庫の中身もまるっと綺麗にすると気持ちまでピカピカすること間違いなしです。
なんとなく不潔な汚れた冷蔵庫より清潔な冷蔵庫であるということは気持ちのいい食事を作ることにも繋がります。
毎日の食を豊かにするためにもまずは食を保存する冷蔵庫から見直して綺麗にしてみましょう。