スポンサーリンク

15/05/26 引越し準備・やること prepare

札幌から他県へ引越し、県外の人がもらって嬉しい札幌のお菓子5選!

img_greeting_sapporo_68

札幌から他県への引っ越しとなれば、札幌から持ち込まれるご挨拶のお菓子に注目はかなり集まります。札幌の豊かな自然と豊富な食材は何も言わなくても誰もがイメージする北海道そのもので、他県の人にとっては物珍しいものも多いはずです。また札幌でしか手に入らないような有名なお菓子も沢山あるので、選ぶ方としてもどういったものをご挨拶の品に選べばいいのかと意外と悩んでしまいますよね。今回はそんな札幌から他県への引っ越しで県外の人がもらって嬉しいお菓子を選りすぐってみました。

 

スポンサーリンク

厳選商品1:六花亭「マルセイバターサンド」

北海道と言えば、六花亭のマルセイバターサンドは絶対に外せない一品です。六花亭専用の小麦粉で作られたビスケットと北海道産生乳100%のバターを使用し、ホワイトチョコレートとレーズンを挟んだこのバターサンドはロングセラーの北海道を代表するお菓子です。他県のどこへもっていっても誰もが待ち望んでいましたと喜ぶお菓子で、定番でありながら期待を絶対に裏切らないご挨拶の一品です。

 

厳選商品2:ROYCE’「ポテトチップチョコレート」

札幌の代表的なお菓子として言わずと知れたROYCE’のポテトチップチョコレートは誰もが納得の一品です。世界中の厳選した素材で作られたそのお菓子はどれもおいしいものばかり。ポテトチップスとチョコレートの意外な組み合わせが日本中で大ヒットしたのはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。ポテトチップチョコレートなら子供の学校挨拶や若い夫婦が住むご近所に配っても喜ばれること間違いなしです。

 

厳選商品3: 菓か舎「札幌タイムズスクエア」

札幌の銘菓として知る人ぞ知る菓か舎の札幌タイムズスクエアは口当たりの優しいカスタードケーキです。カスタードクリームを柔らかいスポンジでくるんだプレーン味のケーキと、カスタードクリームと北海道産小豆を包んだアズキ味の2種類があり、どちらも食べ応え十分の人気のお菓子です。札幌と言えば札幌タイムズスクエアと言われるその名のお菓子をご挨拶の品として配れば、札幌から引っ越してきたという話にもつながりやすく、色々と話題が弾みやすくなります。

 

厳選商品4:YOSHIMI「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」

札幌で有名な、スープカレーが売りの札幌カリーヨシミが味と香りにこだわって作った新しい発見ができるカリーせんべい。その名前もインパクトがありますが、味も負けず一度食べると病みつきになるほど絶妙なスパイスが効いています。北海道の定番のお菓子の材料であるミルクや小豆と言ったお菓子ではなく、一味変わったお菓子で印象付ければ、ご挨拶後の関係も良好なご近所づきあいを続けていけます。また転勤のご挨拶としても同郷が会社いても重複することの無い新鮮な印象を与えられますよ。

 

厳選商品5: 千秋庵「山親父」

1921年に操業を開始した千秋庵は札幌の代表ともいえる銘菓で、洋風せんべいとしてロングセラーを記録しているのがこの山親父です。変わった愛称の山親父と言う名前は昔から北海道の山野を我が物顔で歩いていた熊のことだそうで、せんべいにはスキー板をはいた熊が鮭を背負う姿が焼き上げられています。北海道のお菓子にはケーキやチョコレートのようなものが多いので、このせんべいなら年配のご近所さんへのご挨拶にもぴったりです。

 

札幌から他県への引っ越しに県外の人がもらって嬉しいものを今回は定番なものと目新しいものとご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。北海道というだけでご挨拶の品にも期待がかかってしまいやすく、ハードルが高くなってしまうことも良くありますが、今回ご紹介したような品なら期待を裏切ることなく、これからのいい関係をもたらしてくれる第一歩になるのではないでしょうか。様々な食材がある札幌だからこそ、味の整った確かなお菓子を選んであげることが大事です。是非今回ご紹介したようなものを参考に、素敵な札幌のお菓子を選んでみてください。

スポンサーリンク