スポンサーリンク

15/08/07 引越し準備・やること prepare

引っ越し準備で判明!彼の物と自分の物どっちが多い?料金でもめない!

img_packing_trouble_65

 

スポンサーリンク

荷物の量は料金でもめる原因!

同棲しているカップルが、結婚に向けて引越しをする。
あるいは、同じ同棲という状態で引越しをする。
そんな、まだ夫婦ではない、ある意味他人というカップルで引っ越しする場合、料金でもめるということがしばしばあるようですね。

例えば荷造りしてみたら、彼の物と自分の物、どちらが多いのか歴然と差があることがあります。
その場合、

『あなたの方が荷物が多いんだから、多めに払ってよね!』

と内心思ってしまうことがあるはずです。

これは本当に難しい判断であり、あきらかに私物の量が多いなら相手を納得させることができますが、似たような量なら本人同士の価値観が大きく働いてしまうでしょう。

カップルの引っ越しは基本的にどちらが引っ越し料金を負担するのか、これはカップルによってかなり違いがあります。
調査してみると、基本的には割り勘が多いのですが、中には私物の量から判断して自分の方が多いなら金額を多く出す、彼の方が多いなら少し多く費用を出してもらうというカップル、そんな事は関係なく彼が男らしく全額を負担するというケースもあります。

これは二人でどのような生活をしているのかによって結構大きな違いがあるものです。

カップルの引っ越しで料金に関してもめることがないように、あらかじめしっかりと出費の負担は話し合いをしておきましょう。
せっかく二人で引っ越しをして新生活を始めるのに、出費でもめて喧嘩になり、挙句の果てに破局するのは本当に最悪です。
自分の方が荷物が多いから少し多めにお金を出すと自ら提案する姿勢が好ましく、これは彼にも同じスタンスを求めたいところです。

 

だいたい物が多いのは女性、でも・・・

だいたいのカップルで、女性の方が荷物が多いです。
しかしそれは仕方がないことです。

女性は化粧をすることが礼儀であり、バッグを持つことが礼儀です。
さらに、服装もTPOをわきまえようとすればするほど、複数パターンの衣服が必要なんです。
男性なら革靴一つあればフォーマルにもカジュアルにもコーディネートしようと思えばできますが、女性は服に合わせて靴のバリエーションも必要になります。

つまり、お洒落以前に、礼儀を重んじようとする人ほど物が多くなってしまいます。

ですから、そんな女性たちは、自分の方が荷物が多いと単純には認められません。
なぜなら、男性の荷物の必要性を理解できないことが多いからです。

たとえば、

  • 何かわからないOA機器のコード
  • 自分の趣味とは異なるCD
  • ライター、文房具など、一言では言い表せない小物

これらは、量としては大したことはなくても、なぜか邪魔感がハンパない。
それは女性ならではの感覚ですが、

”なんとなく不潔感がある”

ということなんです。
この不潔感が、なぜか感覚的にボリュームを増やしてしまいます。
ですので、

『あなたの方が余計な物多いわよね?』

となり、喧嘩になりやすいのです。

 

不用品処分でもめるのを予防!

カップルの引っ越しで両者に大量の荷物がある場合、これは費用がいくらというよりも新しい生活を考えると、二人で荷物の整理をしっかりとやっておきたいところです。

たくさんの荷物があると費用が高くなりますが、何よりも梱包が非常に大変になります。ダンボールが何箱も必要となってきますし、新居で荷物を出すことを考えても大変な作業です。

そこで、まずはそれぞれの荷物でいらない物が本当にないかどうかをチェックしていきましょう。

処分しやすい物

  • 衣類
  • CD

衣類は、今シーズン着なかった服は不必要と考えられます。来年までとっておいても、流行はまたかけ離れます。
本やCDも、荷造りの時にその存在を見ると急に惜しくなるものです。
普段から手に取っていなかったものは不必要です。本やCDに関しては、データ化してしまえばモノはなくなっても所有していることができますので、処分は衣類よりもしやすいと言えますね。

処分の方法

●フリマアプリ、ネットオークション

こちらは、売りたいものの写真を撮って、説明書きを加えれば、日本全国から買い手を探すことができます。
ただしフリマやオークションは結果が出るまでにわりと時間がかかるので、最低でも1か月ほどの余裕を持っておきたいところです。

●買取業者

あまり時間的余裕がないなら、買取業者に持っていきましょう。
買取業者を利用する場合なら最短で今日にでも物を売ることができます。
物によってどのくらいの価格になるのかは様々なのでとりあえず査定を受けるようにしましょう。
査定を受けるときは店頭まで行くのが一番早いですが、お店が遠くにある場合などは宅配買取を活用すると簡単に買い取りできます。

●捨てる

一番手っ取り早いのは捨ててしまうことです。
もちろん普通に捨てれば上記のようにインカムを得ることはできませんが、そのために奔走する労力と時間をお金に換算するとどうでしょうか。

売ることが好きな人ならよいですが、めんどくさがりな方ですと、これもまた喧嘩の原因になってしまいます。
思い切って捨てることは、最も簡単な方法です。

 

まとめ

物が減ると本当に梱包が楽になります。
また、引越しの料金も安くすることができるので、メリットが多いですよ。
しっかりと必要な物はどれなのかを見極めるようにしましょう。
二人で新しい思い出の品を買いそろえるのも悪くないのではないでしょうか。

スポンサーリンク