15/06/03 引越しコラム column

引越しで彼が持ってきた 理解し難い邪魔な物とは

img_packing_figure_77

引越しの時に、「なんでこんな物を持ってくるの?」という彼氏の理解し難い邪魔な物を発見してしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。引越しの時は荷物をできるだけ少なくした方が良いと言われているにも関わらず、余計な物を持ってくる彼氏が理解できない事もあるものです。では、どのような物があると邪魔に感じられてしまうのでしょうか。

 

魅力がイマイチ分からないフィギュア。

男性の中にはフィギュアを持っているという方も少なくないようです。アニメやマンガ、映画作品など、色々なフィギュアがありますが、女性からすれば邪魔な物であり、そして理解し難い存在に感じるものです。ただ、ダンボールなどに片付けておいてくれれば、まだそこまで不快には感じないものではないでしょうか。

しかしながらフィギュアを収集する男性の困ったところは飾る事です。飾って楽しむものでもありますので、楽しみ方としては正しいのですが、しかし棚などを占領されてしまう事もありますので、スペースが狭かったりすると相当な邪魔物になってしまいます。

また、飾る際にはショーケースに入れるという方も少なくありません。フィギュアによってはかなり高価な価値がありますので、大切に扱う気持ちも分からなくないものですが、ショーケースのスペースが結構な場所を取ったりしますので、邪魔以外の何ものでもありません。

さらにフィギュアが嫌がられる理由として、デザインが個性的という点も挙げられます。特徴のあるのがフィギュアの魅力ですが、ただ個性があるゆえに部屋の雰囲気を壊してしまう事があります。引越し先の部屋数が少なかったりしますと、二人の生活スペースにフィギュアが飾られたりしますので、インテリアに拘りたい女性だったりしますと、相当邪魔に感じてしまう事でしょう。

 

アイドルグッズの数々も嫌がられる。

女性が邪魔と感じ易いアイテムとして、アイドル関連のグッズも挙げられます。うちわなどの小物ならまだしも、ポスターやペナントなど、壁に貼り付けるタイプですと邪魔に感じてしまうものです。また、アイドルという点も彼女が嫌がる理由ではないでしょうか。恋愛感情を抱いている訳ではないものの、別の女性に夢中ですと彼女としては複雑な気持ちになってしまうものです。また、アイドルと彼女を比較する人もいますので、それもまた神経を逆なでする原因になります。

 

車やバイク用品も邪魔になり易い。

車やバイク用品もかなり邪魔な存在になる事があります。特に趣味として楽しんでいる男性の場合、工具やカスタムパーツ、タイヤなど、大きめサイズの道具を色々持っている事があります。しかも置き場所に困る存在ですので、引越し先のスペースを大部分奪ってしまう事がありますし、一部屋が用品で溢れてしまう事もあるものです。

また、車などの用品は綺麗ではないのも気になるところではないでしょうか。
基本的には室外で使う用品ですので、部屋の中にあるだけでも汚く感じてしまう事でしょう。またシンナー系の臭いやタイヤのゴム臭までしてくる事がありますので、臭いの面でも腹立たしく感じてしまうものです。

 

大量のマンガも嫌われる可能性がある。

マンガ好きの男性は少なくありません。その為、マンガを持っている方は多いと言えますが、趣味がマンガの場合はとても困ってしまうものです。一つの作品だけでもかなりの巻数があったりしますが、いくつもの作品を集めている場合ですとスペースも占領します。本棚にもマンガが溢れていたり、マンガの詰まったダンボールが何箱もあるなど、量によってはかなりの邪魔物になる事があります。カップルで好きならまだしも、彼氏だけの趣味だったりしますと邪魔以外の何ものでもありません。

 

生臭さを発生させる釣り道具。

釣竿などの道具も女性から敬遠される事があるようです。敬遠される理由として臭いが挙げられます。魚の生臭さというのは結構残るものですので、釣り道具にも臭いが付着している事があります。きちんと洗ってくれるならまだしも、使ったまま室内に持ち込まれた時には不快感を感じてしまうものです。

釣り道具自体が邪魔になる事があるのも嫌われる理由です。特にスペースが狭いお部屋に引越した時には玄関や廊下、リビングなど、色々な場所に置く羽目になってしまいますが、全く興味がない女性からすれば邪魔に感じ易いのではないでしょうか。

 

その他の細々した趣味のアイテム。

その他にもおかしな収集物にも拒否反応を示されます。世の中には、「なぜこのような物を集めているのか?」思われるような物を持っている男性もいます。例えば空き瓶や空き缶、ビンの蓋、お菓子の包み紙など色々です。このような収集癖を持っている男性は同性からもちょっと変わった目で見られる事もありますが、近くにいる彼女は余計に困ってしまうものです。しかも大量にあったりしますので、引越しの際に持って来られると困る事でしょう。

それぞれの男性によって様々な趣味を持っていますが、女性からすれば理解できない物もあるものです。そして理解し難いゆえに邪魔な物に感じてしまう事も少なくありません。その為、引越しをする際には処分をしてみる事を促してみたり、スペースの広いお部屋に引越しをし、専用スペースを持たせてあげるのも選択肢と言えます。

 

ただ、邪魔な物を持ち込むのは男性ばかりではありません。女性にも同様の事が言えます。例えば使っているのか分からないような大量のバッグやブーツ、そしてそれらのアイテムが入れられていた袋や箱などを所有している女性もいる事でしょう。そういった道具も男性からすれば邪魔な物に感じてしまうものですし、理解し難いと思われる事もあります。

お互い様になっている事もありますので、男性ばかりを責めずに自身も不要な物を持っていないか振り返ってみると良いでしょう。お互いに妥協し合う事も大切ですので、一緒に暮らす際には相手を許す精神を持ってみるのも良いのではないでしょうか。