スポンサーリンク

15/06/03 引越し準備・やること prepare

引越し準備で泥だらけ!お風呂でリラックスお勧めアイテム7つ

img_relax_bathtime_77

引越しが決まったら、色々とやらなければならないことがあります。たとえば、退去日を決めて実際に引越しをする日の予定を立てたり、不要になったものの処分をしたり、引越しの方法を決めておくことも重要です。また、引越し先の環境もあらかじめ整えておかなければなりませんので、事前のチェックが必要です。準備に追われてやらなければならないことを忘れてしまうケースも多いので、できれば引越し前にやることと引越しをしてからやることをリストアップしておくと安心です。

準備で忙しくしていると、心身共に疲労します。疲れたら無理をせず、自分なりの方法でリラックスすることが大切です。リラックス方法には色々とありますが、体の凝りをほぐしながら心をゆったりと落ち着かせることができるのはやはりお風呂です。温かいお湯に浸かっているだけでも力が抜けますし、筋肉の疲労や心の疲れもとれます。最近では色々な便利グッズも登場していますので、それらのグッズを活用してみるというのも一つの方法です。

 

スポンサーリンク

リラックスできるお風呂の入り方

リラックスできるお風呂の入り方として、まずは直前に水をコップ一杯くらい飲みます。水を飲んでおくと汗をかきやすくなりますので、体内の余分な水分や老廃物を排出しやすくなります。水温は40度程度までがリラックスできる温度です。あまり熱すぎると覚醒させる効果があり、寝る前には逆効果です。少し長めに入ることで体の芯まで温めて凝りをほぐすことができますので、負担のかからない半身浴が適しています。ただし、肩こりが酷い時には肩を温める必要がありますので、肩までしっかりと浸かるようにします。

入浴後は、自分で考えている以上に体の水分が失われています。水分補給を忘れずに行い、その際には冷たいものではなく人肌程度のものを飲みます。ミネラルウォーターなどでも問題ありませんが、寝る前なら温めた牛乳がベストです。温めた牛乳には快眠効果があります。これらの入り方に気をつけたら、あとは便利グッズの活用です。

 

お風呂でリラックス便利グッズ!

お風呂の用ブックスタンド

グッズとしては、お風呂で本を読む習慣のある人は、お風呂の用のブックスタンドが便利です。本は意外と重いので、ずっと手に持っていると疲れますし、段々と肩が凝ってきます。凝りをほぐすために入っているのに肩こりを起こしてしまっては本末転倒ですので、本を読む時には楽な姿勢で楽しむことが大切です。最近のバスブックスタンドは機能性が抜群ですので使い勝手が良く、一度利用したら手放せなくなります。

入浴剤

お湯の香りや色を楽しみたいという場合には、入浴剤を利用します。最近のものは香りの種類も豊富ですし、鮮やかな色彩のものも揃っています。香りや色を楽しむだけでなく、肌のコンディションを整えてくれる商品もありますので、自分の目的に合ったものを探すことが大切です。花びらの入浴剤というものもあり、あこがれのバラ風呂を気軽に楽しむことも可能です。

マッサージグッズ

リラクゼーショングッズとして利用する人が多いのは、首の後ろや肩や背中のマッサージ効果が期待できるタイプのグッズです。手持ちのタイプで凹凸のある面を押しつけてマッサージできるものもありますし、浴槽の壁を利用して引っかけておき、そこに体を乗せることでマッサージ効果を得るタイプもあります。凝っている部分を重点的にマッサージすることで、その日の疲れをその日のうちに解消することができます。

お風呂用ライト

視覚による作用を利用してリラックス効果を得る方法もあります。ライトを水面に浮かべたり、水中に沈めたりすることで、幻想的な空間を演出することができます。お風呂が明るいとライトの効果がありませんので、利用する時には電気を消して暗くします。中には、湯船に浮かべるだけで様々な色彩の水を噴水のように噴き出す商品もあり、色々な楽しみ方ができます。ライトによる空間の演出に音楽をプラスすれば、自分だけでの世界が広がります。

アイピロー

現代人は目が疲れている人も多いようですが、疲れ目を癒してくれる便利グッズもあります。目の上に専用の枕のような形のものを乗せるだけですが、お湯に浸かることで血流改善の効果がありますので目の疲れを癒すのに最適です。準備で色々な書類に記入したり、契約内容などを確認したりして目を酷使する機会も増えますので、このような便利グッズを利用して改善しておくことが大切です。

img_relax_eyepillow_77

出典http://olda.blog93.fc2.com/blog-entry-27.html

アロマキャンドル

幻想的な空間づくりを行いながらアロマ効果も得られるのはアロマキャンドルです。アロマキャンドルはリラックス効果が抜群ですので、疲れた体や心を癒してくれます。アロマには色々な種類があり、好みの香りとそうでないものがあります。どのような香りが好きなのか、どのような香りで癒されるのかを調べてみる必要があります。癒しの最上級であるアロマを使用した便利グッズですので利用価値は高いのですが、使用する際には取り扱いに十分注意をしなければなりません。

お風呂用テレビ

その他、お風呂で好きなテレビを見るという方法もあります。好きなものを楽しんでいる時間が一番癒されますので有効な手段ですが、テレビを見ていると時間を忘れてしまうことも少なくありませんので、のぼせないように注意しなければなりません。お風呂は一般的に使用されている部屋の電気よりも暗いことが多いので、目の疲れにも気をつけなければなりません。ほどほどに楽しむということがとても大切です。

 

このように、入浴時に行えるリラックス法はたくさんあります。どれも簡単に手に入るものばかりですし、コストもあまりかかりません。引越しの準備に追われていると、気付かないうちに体に力が入っていたり、普段使わない筋肉を使って体が凝ってしまうことも多いようです。

また、細かな字で書かれた契約書類を確認するために眼精疲労を起こすケースもあります。疲れを感じたら無理をせず、改善するための方法を考えなければなりません。慢性化する前に対処法を考えれば、それほど酷くならずに改善させることができます。忙しい時にはこのような癒しの時間がとても大切です。

スポンサーリンク