15/05/10 引越し準備・やること prepare

引越し疲れをぶっ飛ばせ!リフレッシュ効果があるおすすめストレッチ

img_refresh_stretch_52

引越しの準備とはとにかく疲れるものです。

たとえ当日は引越し業者さんがほとんど運んでくれるのだとしても、あれこれ梱包したり、慣れない手続きの連続で、体はバキバキに凝固まってしまったなんてことがよくあります。

そんなときはストレッチで体をほぐしましょう。

そこで今回は、引越し準備で疲れてしまったあなたに、女性でも簡単にできるおすすめのストレッチをご紹介します。

 

スポンサードリンク

まずはストレッチをはじめる前に

ストレッチを行う前に、まずは注意点を確認しましょう。

・体が温かい状態で行う

ストレッチとは、体の筋肉を伸ばして元の長さに戻すための体操です。そのため、体が冷えた状態で行うと、筋肉は収縮しているため、きちんと伸ばすことができません。

また、縮まっている筋肉を無理に伸ばしてしまうと傷つけてしまうので、まずは筋肉がほぐれるように温めましょう。

とはいえ、プロの運動選手のように走りこんでから行うなんて面倒ですよね。

そこで最適なのは、お風呂上りに行うことです。

お風呂で体全体を温めてしまえば、わざわざ運動などで筋肉をほぐす必要もないのでおすすめです。

・グイグイやりすぎるのは禁物

ストレッチを行うとき、よく勢いで無理にグイグイ体を曲げている人がいますが、これは知識や経験がない人がやるには危険なんです。

リラックスしたいのであれば、ゆっくりじっくり伸ばすストレッチで十分なので、無理はしないようにしてくださいね。

・呼吸はゆっくり吐きながら

息を止めてやっている人もいますが、ゆっくり息を吐きながら行うのが基本となります。

・伸ばす時間

なんとなく行っている人も多いですが、あまりに短いと、ストレッチは効果がありません。できれば最低でも20秒くらいは頑張って伸ばしてくださいね。

 

上半身のストレッチ

・肩のストレッチ

背中で両手を組み合わせます。
組んだままの腕を、ヒジを曲げないようにしてゆっくり上に引き上げます。
このとき背中を丸めないように注意してください。

・上腕のストレッチ

片方の腕を上げます。
その腕を曲げ、空いているほうの手で曲げたヒジをつかんでください。
ひじが頭の後ろにくるようにゆっくり引きます。

・前腕のストレッチ

片方の腕を、手のひらを上にして、まっすぐ前に伸ばします。
空いているほうの手で、伸ばしているほうの手の指を四本すべて持ち、体側に引きます。
腕の前側が伸びていたら正解です。

・首のストレッチ

片手で、手とは反対側の頭の側面をつかみます。
そのまま手を引き、ゆっくりと首を横に曲げて筋肉を伸ばします。
反対も同様に伸ばします。

・腰のストレッチ

両手と両ひざを床につき、四つんばいの姿勢になります。
手足は動かさず、背中を丸めたり反らせたりしてください。

 

下半身のストレッチ

・股関節のストレッチ

あぐらをかくようにひざを曲げて座り、足の裏を合わせます。
そのままの状態で両ひざを床につけるように、下に引き下げます。

・開脚前屈

両足を大きく開いて座ります。
ひざを曲げないように意識しながら、体の上半身を前に倒します。

・腿のストレッチ

横向きに寝転がります。
上になっているほうの脚を思い切り曲げ、つま先を手で持ちます。
その状態のまま、かかとをお尻につけるように、脚をさらに曲げて引き寄せます。
終わったら、体の向きを変えて、もう一方の脚でも同じように行いましょう。

 

全身のストレッチ

・手足のリフレッシュ

あお向けに寝転んでください。
そのまま両手両足をすべて上にあげます。
あげた両手両足を、左右に小刻みにぶらぶら揺らします。

・全身のリラックス

あお向けに寝転んでください。
両手を頭のほうへ伸ばします。
そのまま手と足を外に向かって思い切り伸ばしましょう。

・赤ちゃんポーズストレッチ

あお向けに寝転んでください。
膝を曲げて、胸の前まで引きあげます。
その膝を、両腕で抱えてください。
頭と膝をくっつけるようなイメージでどちらも引き寄せます。

 

いかがでしたか?

このようにストレッチにはたくさんの種類があるんです。

疲れが溜まっているなと感じた部分だけでもストレッチを取り入れることをおすすめします。

そうすれば心も身体もリフレッシュできて、また引越し準備を続ける気力も沸いてきますよ。