スポンサーリンク

16/10/18 引越し準備・やること prepare

気分のリフレッシュなら断然電話がおすすめ!引越しストレス乗切り術!

img_refresh_telephone_43

引越し準備をしていると、どうしてもストレスが溜まります。繁雑な手続きや、転居先への不安など、知らず知らずのうちに、体も心もヘトヘトに疲れてしまうもの。

そこで、疲れたなと感じたら、ちょっと手を止めて、誰かと電話をしてみませんか。とてもいい気分転換になりますよ。

 

スポンサーリンク

おしゃべりの効果

電話でおしゃべりをすると、こんな効果を得られます。

気分をリフレッシュできる

女性なら、話すことで気分がすっきりすることはよくありますよね。相談事をして解決のめどがたたなかったとしても、話を聞いてもらえただけで晴れやかな気持ちになれます。会話をするということは、ただそれだけでストレスの解消に役立つんです。

たるみの解消

話すだけでたるみが解消できるって知っていましたか?もちろんただ話しているだけでは、あまり効果がありません。笑顔で楽しく話すと効果があります。

というのも、笑顔で話すと表情筋がとてもよく動くのです。電話だからといって無表情にならず、笑いながら楽しい話をするといいでしょう。

ホルモンの分泌

好きな相手と電話をしたり、友達と恋バナをすると、女性ホルモンやドーパミンなどが分泌されます。それらは女性をキレイにしてくれる効果があるんです。よく恋をすると女性はキレイになるなんて言いますよね。あれは本当のことなんですよ。どんどん話して、ますますキレイになりましょう。

このように、気分転換ができる意外にも、人と話すということのは女性にとってうれしい効果がたくさんあるのです。

 

電話は男女でとらえ方が違う

女性は電話で話すのが好きな人が多いですが、同じような気持ちで男性と電話をするのは危険です。というもの、男女で電話に対するとらえ方がだいぶ違っているんです。

女性は電話のことを、離れた人とたくさん会話ができる便利なコミュニケーションツールだと思っています。そのため、特に用がなくても電話で会話を楽しむのです。

一方男性は、電話をただの情報を伝達するための道具だと思っている人が多いのです。そのため、電話は用件を伝えるためだけのもので、目的が済んだらいつまでもダラダラ話す必要はないと思っています。

これは男女の脳の構造の違いから起こるずれなので、無理に認識を変えろといってもできるものではありまえん。

 

男性へ電話するときの注意

では、そんな男性と電話をするときは、女性はどんなことに気をつければいいのでしょうか。

電話が苦手な人が多いことを覚えておく

先に説明したとおり、男性はそこまで電話が好きではない人が多いです。まずはそのことを頭の中に入れておきましょう。
とはいえ、好意を寄せている女性からの電話であれば、男性でもちゃんと嬉しいと感じるようですよ。そのため、男性だから電話はしないようにしよう、など極端にとらえる必要はありません。

30分以上話すと長電話になる

NTTが過去に行ったアンケートによると、人は30分以上電話が続くと長電話だと感じるようです。男性は長電話が苦手な人が多いですから、30分以内には話を切り上げるようにすると、面倒くさいと感じられずに済むでしょう。

話す内容に気をつける

男性はオチのない話や、起用転結がない話を嫌います。そのため、あまり要点のない話をダラダラ続けていると、うんざりされてしまいます。電話をする前に、まずはなんの話をするか、ある程度決めておいたほうがいいでしょう。

電話のマナーは守る

当然ですが、電話のマナーは守ってください。あまり遅い時間にかけたり、物を食べながら電話をするのはNGです。電話がつながったらいきなり会話に入らず、まずは「いま電話してもいい?」とたずねることも大切ですよ。

 

女性へ電話するときの注意

気の置けない友人との長電話は、とても楽しいものです。とはいえ、それでもマナーや配慮はきちんとしてくださいね。

また会話が弾むと、ついつい夜中まで話してしまうことがあります。しかし睡眠不足は美容の敵です。また、明日の予定に差し支えることもあります。そのため、節度を守って電話を楽しみましょう。

 

いかがでしたか?このように、女性にとっては電話はとてもいい気分転換になります。そのため、引越し準備が煮つまってしまったら、息抜きをかねて、引越し経験のある友人などに電話をし、アドバイスを求めることをおすすめします。

電話の相手が異性でも、はっきりとした用件があるので嫌がられず、電話をするいいきっかけになるでしょう。さあ、電話でうまく気分転換をしながら、引越し準備をがんばりましょう!

スポンサーリンク