スポンサーリンク

15/09/10 引越し準備・やること prepare

引越しで服の整理をするなら!オンワードのグリーンキャンペーンがおすすめ

img_green_01

オンワードのグリーンキャンペーンってご存知ですか?

オンワード樫山が環境・社会貢献活動の一環として2009年から行っているキャンペーンで、タンスやクローゼットの奥で眠っている衣料品を引き取り、リユースやリサイクルをしていこうというキャンペーンです。

今回はこのキャンペーンを利用して不要になった衣料品を賢く整理する方法をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

オンワードのグリーンキャンペーンとは

オンワード・グリーンキャンペーンとはオンワード樫山が環境・社会貢献活動の一環として不要になった衣料品を回収してリユースやリサイクルをしていこうというキャンペーンで、2009年から毎年2回、春と秋に実施されているものです。

実施期間中、クローゼットに眠っているオンワード樫山の衣料品を実施店舗に持ち込むと、衣料品1点ごとに実施店舗内のオンワード樫山のショップでの買い物で利用できる「オンワードグリーンチケット」という1080円分のクーポン券(または衣料品1点につき、オンワードグリーンポイント300ポイント)と引き換えてもらうことができます。

また、近くに実施店舗がない場合には、キャンペーン実施期間中にオンワード樫山の各店舗の指定する場所へ郵送することも可能です。

 

回収された衣料品はどうなるの?

「オンワード・グリーン・キャンペーン」で回収された衣料品は固形燃料として活用するほか、一部の衣料から作られたリサイクル糸を使用して毛布や軍手として生まれ変わります。

2010年からは、日本赤十字社と提携して、185カ国以上の被災地や復興地域へ毛布と軍手を贈り支援しています。

他にも、軍手は日本国内の森林保全活動に携わる方などへ贈られたり、啓蒙活動の一環として、イベントなどで配布されたりもしています。

また、まだ活用できる一部の衣料は「オンワード・リユースパーク」で販売もされています。

 

引き取ってくれるもの

オンワード樫山が販売した全てのブランドの婦人、紳士、子供、ゴルフ等の衣料品です。

品質表示タグに「オンワード樫山」「樫山」と表示があり、オンワード樫山の商品だと認識可能なものが回収の対象となっています。

ただし、下着、服飾雑貨、生活雑貨、呉服は引き取り対象外です。ネクタイ、マフラー、バッグ、手袋、帽子などは引き取ってくれるようです。また点数も一人15点までという決まりがあります。

 

オンワード樫山のブランドって?

それではこのグリーンキャンペーンで引き取りが可能なオンワード樫山のブランドにはどんなものがあるでしょうか?

オンワード樫山のブランドとして有名なのは23区、組曲、自由区あたりでしょうか?

他にもICB、JANEMORE、BEIGE、23区GOLF、Paul Smith、SONIA RYKIEL COLLECTION、J.PRESS、JOSEPH、TOCCA、Calvin Klein women、DAKS GOLF、any SiS、any FAM、field/dream、SHARE PARKなどなど。

婦人、紳士、子供、スポーツと幅広いブランドを展開しているだけに、対象となる衣料品もかなり多そうですね。

 

グリーンキャンペーンを利用するメリット・デメリット

オンワード樫山が展開しているブランドにお気に入りブランドがあり、そこの服をたくさん持っているという方にとってはとてもうれしいキャンペーンですよね。

なにしろ商品タグでオンワード樫山の商品だということが確認できればいつの服かに関係なく引き取ってもらうことができるのですから、デザインが古くなって着なくなってしまったり、「若い時に買ったものなのでもう年齢的にちょっと…」というような昔に購入したものでも回収の対象となります。

そんなタンスやクローゼットの奥に眠っていた服を引き取ってもらって、1080円のクーポン券をもらえ、それで新しい服を買うことができるなんてまさに一石二鳥です。

しかし、キャンペーンの実施は春と秋の年に2回で、実施店舗も限られています。引っ越しの片づけの時がちょうど実施期間と重なればいいのですが、なかなかそうもいきません。

さらにクーポン券の利用は引き取りをしてもらった百貨店に限るので、遠方に引っ越しをした場合には使えなくなってしまう可能性もあります。

 

まとめ

オンワード樫山が環境・社会貢献活動の一環として2009年から行っているグリーンキャンペーンについてご紹介しました。

現在は年に2回、春と秋に実施されていますので、このグリーンキャンペーンを利用して服の整理をしたいと考えている方は、ホームページや百貨店での実施の事前告知などをチェックして、上手に活用してくださいね。

スポンサーリンク