スポンサーリンク

16/09/01 引越しコラム column

アタリ?ハズレ?引越し業者からもらった粗品、意外と役に立ってる物は?

img_happy

引越し業者と契約を済ませると、粗品をいただくことがあります。

最近では経費削減のために行っていない業者もありますが、景気回復傾向にあるのかまたそういったサービスをしてくれる業者が増えているようです。

なくてもいいけれどもらえるものは嬉しいですよね。そこで業者からもらった品物で、意外と役に立っているものは何なのか、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ラップ

img_wrap

ラップは意外と重宝します。業者からもらえる粗品なので正直、質はあまりよくないものが多いですが、電子レンジを使ったり、余ったものを冷蔵庫に保存するのにこれは重宝します。

それにコンパクトなのでかさばらずに何個あっても置き場所に困りません。お気に入りのメーカーの商品しか使わない方でも万が一切らした場合、違う商品でもあれば助かるでしょう。

それにラップは食品保存以外にも色々と使える便利グッズでもあるのです。

万が一の際の包帯のかわり、または低体温を防いだり、油性マジックで用件を書いて窓ガラスに貼って伝言を残すなど、いざという時にあると助かる防災グッズの一つです。

それに顔に化粧水を塗ってその上にかぶせて即席のパックもできると、災害時だけでなく美容にも使えるのです。

 

タオル

img_towel

タオルもいくつあっても困らないものです。

宣伝文句が入ったタオルではなく、最近ではおしゃれなものをくれる企業が増えているので、使っていて恥ずかしい感じもしません。

不景気の際は生地が薄かったのですが、最近では景気回復傾向にあるのか生地も厚くなる傾向(!?)で、使い心地のいいものをいただけることが増えています。

顔や身体を拭くのはもちろん、薄くて使えないというなら雑巾や布巾などにしてもいいでしょう。ミシンがあれば縫ってもいいですし、そうでないなら簡単に手縫いしてもいいでしょう。

それすら面倒ならハサミで切って使ったり、そのままの形で雑巾にしてもいいでしょう。もらったものはもう自分のものなので、好きなように使っていいのです。

 

食器用洗剤

img_soap

食器用洗剤もあって困りません。

洗剤はこれがいいというこだわりがある人も多いかもしれませんが、もらって嫌な思いをする人はいないでしょう。普段から自炊する人は毎日使うものですし、消耗も早いからです。

でも自分は料理はしないからいらないという方、実は窓掃除にも使えるのです。

食器用洗剤にはガラスをピカピカにする成分も含まれているので、これを使って窓を掃除するとガラス用洗剤いらずでピカピカな窓に掃除できるのです。

また、Yシャツやブラウスの袖に付いた黒い汚れ、洗濯機で洗う前にこの洗剤を付けることできれいにできるのです。襟袖用を買わなくてもきれいになるので、非常に助かります。

このように料理をしない人でも色々な使い方ができるので、あって困らない代物です。

 

引っ越しの際は是非参考に

引越し業者からいただける粗品は、引越し先ですぐにでも使えるような生活必需品が中心です。

自分には必要ないからとせっかくもらった粗品を放っておくのではなく、積極的に活用するといいですし、いざという時に困らないようにわかるところに保管しておいて損はないはずです。

ただ、粗品次第で業者を決めるという姿勢は首をかしげてしまいます。粗品はあくまで粗品であって、一番重要なのは引越し作業というサービス内容であることをお忘れなく!

スポンサーリンク