15/08/04 引越しコラム column

ピアノを運びたいのですが、引越しの一括見積もりで料金を比較できますか?


img_secret_piano_70

ピアノを持っている人にとって、大切なピアノの引越しは安全に運んでもらえるか気がかりですよね。
しかし欲張りなことに、安全なだけではなく、できれば少しでも安く頼みたいところです。

安全で安い、この二つを叶える業者をしっかりと選ばなければなりません。

ではどのように選ぶことができるのでしょうか。引越しの一括見積もりはサイトで比較することは可能なのでしょうか。

 

ピアノ引越しの依頼方法は大きく2つ

まず初めに、ピアノの引越しをする時は大きく2つの依頼方法がありますので確認しましょう。

1つは、ピアノの運搬を専門としている業者です。ピアノの運搬を毎日のように何件も行っていますので実績があり、様々なパターンに対応が可能です。

もう1つは普通の引越し業者で、ピアノの引越しも対応してくれるところです。
とはいっても、普通の引越し業者が、ピアノ専門の業者と提携していて委託する場合がほとんどです。

 

安全性で迷う時は、基本的に前者を選んでおけば間違いなくピアノを運ぶことが出来ます。
但し、運搬料金や、日時の調整も総合して判断する必要があるので、次の項を確認してみましょう。

 

 

ネットで料金を調べよう

1.ピアノ専門の運搬業者の料金を調べる

まずは、お近くのピアノ専門の運搬業者をいくつかピックアップし、料金を聞いてみましょう。
目安が書いてあったり、ネットで見積もり依頼ができることが多いですが、直接電話することをおすすめします。

なぜなら、引越す距離での計算に加え、住環境の状況によってクレーンが必要かなどの判断、ピアノの種類による判断など、細かい情報をもとに料金を割り出す必要があるからです。
電話で専門の業者の質問に漏れなく答えることで、早くより正確な見積もりが可能になります。

このようにして、2〜3社の見積もりをメモして、次のステップに進みましょう。

 

2.引越しの一括見積もりで料金を調べる

次に、引越しの一括見積もりをやってみましょう。

フォームに沿って入力を進めていくと、引越しする荷物をチェック方式によって選んでいく画面が、大体どこのサイトでも出てくるはずです。
そこで、ピアノにもチェックを入れます。
もしもピアノのチェックボックスがない場合は、自由記載欄に記入して下さい。

そして、ここからがポイントです。
引越しの見積もり金額を各社出してくれますが、その中にピアノの引越しはいくら含まれているのか確認して下さい
さらに、ピアノの引越しは、同一引越し会社内で行うのか、ピアノ運搬の専門業者に委託するのかを確認して下さい

メールで見積もり結果を送られたあとに、大抵の業者から確認の電話がかかってきます。
そのときに、上記2点を聞いてみて下さい。
引越しの一括見積もり後の電話は敬遠されがちですが、ピアノの引越しがある場合はきちんと電話に出て詳細を確認することをおすすめします。

 

3.どこの業者が安いのかを判断する

1.と2.で料金を比べた結果が答えです。
引越し業者に依頼するか、引越し業者+ピアノ専門運搬業者の2カ所に依頼するか、この2択を比較することができますね。

ただし、この段階でピアノの運搬が一番安いところに決めることは、まだ早いです。
次の日時の調整について確認してみましょう。

 

引越しの日時は希望通り予約できるか

引越し業者にピアノ運搬を依頼するならば、その業者がピアノ専門運搬業者に委託しているところであっても、ピアノの引越しとその他家具の引越しは同じ日時で調整されるはずです。

しかし、注意しなければいけないのは、家具は引越し業者に、ピアノは専門業者にと、別々に依頼するケースです。

3月のような引越し繁忙期には、引越し業者、ピアノ運搬業者ともにスケジュール調整が厳しい場合があります。
同じ日に予約ができるかどうか、見積もりをとる段階から確認しておく必要があります。

 

さらには、時間帯も事前に打ち合わせておく必要があります。
家具とピアノの搬出・搬入は、どちらが先の方が段取りが良いのか、双方の業者に確認しましょう。

意外かもしれませんが、ピアノの運搬業者は、1日に複数の家を回ってピアノを運搬することが少なくありません。
上手くスケジューリングしてもらう為には、調整の協力をするのが親切です。

 

このように、一概に料金が最も安いところに頼めばよいかというと、そうとも言い切れません。

もちろん、引越し先が近い、あるいは新居にいつでも入れる、という状況であれば、同じ日でなくても構いませんが、いかがでしょうか。
希望の日時に予約が取れるかの確認と調整は、やや面倒でもあります。
この手間が料金に値するかどうか、検討してみて下さい。

 

ピアノの引越しの注意

ピアノは高価な楽器ですので、後々にトラブルにならないように注意をしておきたいことがあります。

 

傷のチェック

まず、業者立ち合いのもと、しっかりと楽器の外観のどこに傷があるのかを確認しておきます。
確実に行うなら、証拠を残すために携帯電話で写真を取っておくのも悪くありません。
そして搬入後に同様にチェックして、今までになかった傷などがあるかどうかを確認しましょう。
これも業者立ち合いのもと行えば確実です。

 

音のチェック

そして、音が全て出るかどうかの確認も、引越し前後で行いましょう。
もし消音機能をつけているのであれば、電子音も全てきちんと出るか確認します。
ですので、ヘッドフォンなどはテストですぐ使えるように用意しておくことをおすすめします。

 

付属品のチェック

これは非常に意地悪な場合ですが、ピアノの運搬業者によっては、ピアノの椅子はサービスに含まれていないというところもあります。

引越し業者が対応できればよいのですが、家具の搬出が全て終わった後では困ってしまいます。
お互い気持ちよく作業を終える為に、事前にひとこと確認しておくと完璧でしょう。

 

値段と技術の程は?

正直、利用者の口コミを比較してみても、引越し業者だから不備があった、ピアノの専門業者だからよかった、ということは一概には言えません。

あるいは、値段が高かったから良かった、安かったからだめだったということも、同様に言えません。

強いて言うならば、もし傷付いたり故障してしまった場合の対応を比較することが必要かもしれません。
どんなに実績があっても、不運が重なり傷付いてしまうこともないとは言えません。
そんなときに、納得のいく対応をしてもらえるかどうかで決めるとよいでしょう。

 

まとめ

以上のように、ピアノの運搬料金は、引越しの一括見積もりサイトの利用で算出してもらうことはできます。

しかし、ピアノ運搬専門の業者も選択肢に入れ、見積もりを取ること、そしてスケジュールの確認をすることも合わせて必要です。

料金とスケジュール、保証内容などを総合的に判断して、大切なピアノのお引越しを成功させて下さい。