スポンサーリンク

16/11/07 引越しコラム column

気軽にランニングしたい人へ 走りやすい福岡の街は?

img_running_fukuoka_05

福岡は「福岡国際マラソン大会」「海の中道はるかぜマラソン大会」などのイベントがありランニング人口が多く、市内には結構走りやすいところがあります。

初心者の方から、タイムを気にする本気モードな方まで、どんな方でも楽しむことができます。

楽しく続けるためには、やはり家から気軽に出て走れるところがあったらいいと思いますよね。

そんな方のためにいくつかご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

地下鉄「大濠公園」駅付近の大濠公園

ランニングが初めての女性も、安心して利用できる場所だと思います。

それぞれのペースで黙々と、または楽しく話をしながら、好きなスタイルで周りを気にせず走れるところです。

大きな池の周りを周遊するコースが3つ(ウォーキングコース、ジョギングコース、サイクルコース)あり、コースの境目にライン引かれています。

そのラインに沿って走ると、500mごとに大きな距離表示があり、1周するとちょうど2km走ったことになるのですが、今日は4km走りたいから2周回ろうなど、目標も立てやすく分かりやすくなっています。

ジョギングコースはゴムチップで舗装されていて、足にも優しく非常に走りやすいコースなのも魅力です。

公園内にはスタバもあり、走り終わってほっと一息も楽しめます。私も時々利用しています。

プチ情報ですが、公園内にロッカーがないのですが、大濠公園駅のロッカーを使わせてもらうと便利ですよ。

 

地下鉄「福岡空港」駅付近の東平尾公園(博多の森)

ちょっと本格的なトラックで走ってみたいあなたには、「博多の森」として親しまれている東平尾公園をおすすめします。

自然を生かして、誰もが気軽にスポーツを親しむことができるよう、様々な施設が充実しています。

その中に、補助競技場というところがあり無料で利用できます。

インフィールドの天然芝で十分にストレッチして、体をほぐしてからからトラックに入りましょう。

ウレタン舗装されたトラックは400m8レーンで、本格的な走りを楽しんだりタイムを測定できたりします。

地味に大事なトイレも近くにあり安心です。

ランニングの前後に公園内を散策するのも、ストレス環境からの解放に最適です。

 

「海の中道」駅にある 海の中道海浜公園

博多湾と玄界灘に挟まれた国営公園で毎年「海の中道はるかぜマラソン大会」が開催され、コースも整備されています。

2つのランニングコースを紹介しましょう。

①花と緑のコース(1km)

大芝生広場を中心とした、アップダウンのあるランニングコースです。

季節の花を楽しみながらランニングできます。

②海のコース(5km)

博多湾と玄界灘の眺望を楽しみながら走れるコースです。

コースは、舗装されてとても走りやすくなってます。

また初心者の方は「スロージョギング」教室も時期により企画されていますので、走る楽しさをここでしっかり教えてもらうのもいいと思いますよ。

 

最寄り駅は「長者原」駅 駕与丁公園

例えば4kmのランニングをするときに、400mのグラウンドを10周するのは同じ景色を何度も目にするはめになり、途中で飽きてきてしまうことがあります。

それに対して、一周4kmの公園を走れば次々に違う景色が出迎えてくれるため、走るしんどさを忘れさせてくれることもありますよね。

そして、そんな公園を探している人にお勧めしたいのが駕与丁公園です。

駕与丁公園は粕屋郡粕屋町に位置する大きな公園で、その土地の中には展望公園やバラ園、水鳥観察小屋、アスレチックなどもあります。

公園は大きな駕与丁池を囲んでおり、自然の豊かさを感じることのできる公園です。

ランニングコースは「一周コース」、「東半周コース」、「西半周コース」の三種類が整備されており、最長である一周コースの距離はおよそ4.219kmとなっています。

初心者からすると4kmのランニングというのは少し長く思えてしまうものですが、駕与丁公園なら楽しく走ることができそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットのため、健康のため、リフレッシュのため…ランニングは本当に人気ですよね。

でも結局続けられなければ意味がない。

こんな素敵な公園が家の近くにあったら、自然に楽しく続けてしまうのではないでしょうか。

そんな視点の住まい選びもアリじゃないですか?

スポンサーリンク