スポンサーリンク

16/11/14 引越しコラム column

ランニングが趣味?走りやすい東京の街は? 

img_running_tokyo_07

最近、テレビ番組の特集にも組まれるほど人気があるスポーツと言えばランニングです。

運動靴さえあれば、いつでもどこでも始められる手軽さもあってブームとなっているほど人気です。

日本各地、世界各地で行われるマラソン大会にわざわざ飛行機や電車を乗り継いで行く人も増え、旅行会社のツアーなども組まれるほどブームとなっているほどです。

そんなランナーたちは日々身近な場所でトレーニングを重ねて、ランニングを行っています。

新生活を始めるにあたってランナーデビューをしようという人、新しいコースを開拓しようという人もいるのではないでしょうか。

 

今回はランニングが趣味?走りやすい東京の街は?と題してランナー目線で街をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ランナーデビューする人におすすめな「駒沢大学駅」

ランナー初心者に走りやすいと人気のある街が駒沢大学駅周辺です。

駒沢大学駅周辺には小学校・中学校・高校、さらに駒澤大学、日本体育大学などがあり、スポーツをする人口が多い街です。

スポーツをする人を後押しするかのように軟式野球場、駒沢オリンピック公園、駒沢オリンピック陸上競技場、総合運動場テニスコートなどもあります。

おすすめのコースは駒沢オリンピック公園を中心とするランニングコースです。

公園の中には1周2.1kmのランニング専用のコースもあります。

坂や路面のコンディションの悪いところもほとんどなく、信号もないのでペースを乱すことなく走ることができます。

また駒沢大学駅周辺には緑が多く、四季を感じられるので同じコースを毎日走っても飽きることがありません。

たくさんランナーがいるので三日坊主の人でも続けやすいかもしれないですね。

 

とことん走りたいなら「市ヶ谷駅」

走るのが何より大好きで、ずっと走っていても苦じゃないという人におすすめなのが市ヶ谷駅周辺です。

市ヶ谷駅周辺にはいくつものランニングポイントがありコースに困ることがないほどです。

ランニング圏内にランナーの聖地と言われる皇居エリアや迎賓館、東宮御所エリア、さらに明治神宮外苑や国立競技場エリアなど走るにはピッタリの場所がいくつもあります。

 

もう少し距離を延ばせば東京タワーや東京ミッドタウンや六本木ヒルズなどの洗練された街まで走ることができるので、その日の気分によって緑多いコース、都会的なコースと選ぶことができます。

またこの辺りのコースは平坦な道ばかりではなく、緩やかな坂道や小高い丘になったようなところも多いので、足腰をしっかり鍛えたいという人にはおすすめです。

ちなみに、ランニングといえば皇居!というくらいに人気な皇居ランですが、なぜそんなに人気なのか調べてみたところ、一周およそ5kmという程よい距離、信号がないため足止めされない、周辺にトイレや銭湯があり便利などの理由が挙げられていました。

確かに使い勝手が良さそうです。なるほど。

東京の公園といったらやっぱりここ「代々木公園駅」

東京で公園といえばまず出てくるくらいに大きな存在の代々木公園は、ランニングにもオススメの場所です。

公園内は緑が茂り、木陰になっているところが多いため、夏でも比較的快適に走ることができます。

また、アップダウンのない平坦な土地で、コースも特に決まっておらず、自分の好きなように走ることができるので、初心者でも気軽に走れそうです。

公園内を歩いている人や、広場でくつろいでいる人もいるため、ランニング前後にストレッチやヨガをしたりしてのんびりとした時間を過ごすのにも良さそうです。

公園内にトイレや売店がある他、公園周辺にシャワー設備や着替えのできる場所があるのもポイントが高いですね。

 

まとめ

今回はランニングが趣味?走りやすい東京の街は?と題してランナーにぴったりの街「駒沢大学駅」と「市ヶ谷駅」をご紹介させていただきました。

世間ではランニングブームが起こり、都内各地でランナーたちが走りやすいようにと工夫を凝らすエリアも増え、ランナーを毎日見るようになり、通勤ランナーなども出てくるようになりました。

一方でランナーのマナーも問題視され始めています。

エリアごとのルールを守り、場所によっては一般の人が多くいるところもあるので安全に楽しく、無理をしないペースで走ることが大事です。

今回ご紹介したどちらの街もランニングを続けやすく、楽しむことができるので、走ることが大好きなあなたには一押しの街です。

たくさんあるランニングコースをマスターして、今度はあなただけのオリジナルコースを走ってみてください。

スポンサーリンク