スポンサーリンク

16/04/17 引越しコラム column

結婚の決断をできない彼に見切りをつけ引越し!これがタイミングだった

img_move_love_23

何かにモヤモヤしている状況にいるのはわかっているのに、不満を持ちつつその状況に翻弄され続けてしまう、ということがあります。

ときに、何かを続けることよりも何かを諦めることの方が、ずっと勇気が必要なことがあるのです。

人間は「変化」というものを無意識に避けるようです。

引越しがときに、変化というものを促してくれることがあります。

 

スポンサーリンク

結婚を夢見る

20代の時、地方から出てきた私は、東京で同じ夢を持っていた当時の彼と同棲を始めました。

楽しい上に、生活費が折半できるので、喧嘩しながらも、なんだかんだと5年間があっという間にすぎていき、気づいたら30代に突入。

周りの友人達は、どんどん結婚していき、羨ましくなっていきました。

夢より現実に向き合い始めた私は、就職して結婚を夢見るようになりました。

 

決断できない彼に対しとった行動は

しかし、彼は、もう少し待ってくれたら結婚したいと言ったり、まだまだ夢を諦めたくないと、夢と現実の間を行ったり来たり。

そして、少しずつ喧嘩も増え、気持ちもすれ違うようになりました。

このまま待っても何も変わらない。そんな時間を過ごすのはお互いの為によくないと思い、ある日えいやーーっと、一人暮らしを決意。

一人で物件を探していたところ、不動産屋に勧められた赤いドアの素敵なアパートが一目で気に入り、即入居を決めました。

久しぶりの一人暮らしに不安はあったものの、自分の好きな空間に一人で居られる幸せ。久しぶりに自由を感じました。

また、日当りもよく、隣が保育園だったため、かわいい子供の声がいつもにぎやかで毎日明るい気持ちになりました。

 

今がタイミング

一人になりたくない、彼とも別れたくないという気持ちが強かった私ですが、引っ越してみると何故かすっきり明るい気持ちに。

彼と別れる事も決意し、きちんとお別れを言いました。お別れを言った後は、更にかなりの開放感が!!

そんな幸せなある日、地元で良い仕事があるからこないかと友人に誘われました。

以前から、地元に帰ろうか、悩んでいましたが、すべてを前向きに考えられている今がタイミングだと思い、地元に帰る事に。

この好きなアパートから離れるのは寂しいと悩みましたが、好きな空間で色々な事を前向きに考える事ができたおかげで、東京から地元に帰る決心がついた事に感謝しました。

 

変化を恐れない!

人生は、タイミングと決断でこんなにも変化に富んでいくという事を実感しました。

私はこれからも、ここだと思ったタイミングは逃さずに変化を恐れずに生きたいと思います。

皆さんもここがタイミングだと思ったら自分が変化することを恐れずに行動してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク