15/04/08 引越しコラム column

大人も楽しめる横浜の街は?

img_yokohama_adult_19

大人の楽しみ・・・うーん、繁華街しか思い浮かばない・・・。まあ、純粋に『楽しむ』ってことだけを追及すると、確かに繁華街に近ければよいのかもしれません。
でも、よく考えてみれば、人間毎日毎日飲み屋で一杯っていうわけでもないし、たまの休日は一人でゆっくりしたい、なんて日もあると思います。

ところで『あの人大人だね』なんていわれる人は、総じて物静かで先読みをして行動する人のことを指しますよね?
ここで私が考えるに、『大人』っていうのは、よく言えば変化に対して対応できる、悪く言えば”初めて”の経験が少ないため、経験に裏付けされて対応できてしまう人という解釈が出来ると思います。
つまり、大人も楽しめる街というのは、ちょっと拡大して考えると『大人も飽きさせない程に変化が豊富な街』ということになるかと思います。

ここでは、そうした”変化”に富み、大人を飽きさせない街をピックアップしようと思います。
ここに住めば、あなたの毎日がカラフルになりますよ。

 

スポンサーリンク

みなとみらい線 新高島駅~みなとみらい駅のエリア

もう何度も出て来ているエリアです。まあ、横浜市を最も表現しているエリアなので当たり前と言えば当たり前かもしれません。
テーマにかかわらず、このエリアに住むことそれ自体がステータスであり、そういう意味でも大人も満足出来るエリアだと思います。
さて、今回のテーマでここをピックアップしたのは、様々なイベントごとが催されるエリアだからです。街自体に非常に活気があることもさることながら、イベントホールのパシフィコ横浜にて不定期にイベントが開催されます。
また、初夏の時期には横浜港の花火大会があり、この辺りは非常にごったがえしますが、このエリアに住んでしまえば誰にも邪魔されることなくゆっくり花火を見ることごできます。
イベントの尽きない横浜の顔とも言えるこのエリアで楽しめなかったら、もう住むとこありませんよ(笑)

 

JR横浜線 新横浜駅

こちらも何度も出て来ている新横浜。新幹線の駅という横浜市の玄関の役割の他、ここには日産スタジアムと横浜アリーナがあります。日産スタジアムは言わずもがな、2002年w杯の決勝が行われ、日本がw杯で初勝利を収めた、国立競技場に次ぐ日本サッカーの聖地です。ここではホームグラウンドとしている横浜Fマリノスの試合はもちろん、日本代表の試合も頻繁に行われます。また、大物アーティストのコンサート等も行われ、まさにイベントづくしです。横浜アリーナも同様で、ほぼ毎日何かしらのイベントが行われます。大物アーティストやアイドルなんかはグッズの販売に長蛇の列が出来ることもあり、ここの近くにすめば、遠路遥々やって来て挙げ句長時間待たされるということも無くなります。

もちろん、イベントごとだけに熱心というわけではなく、別のテーマで触れているように、都心部や横浜駅とのアクセスも良好です。大人の付き合いとしての飲み会はもちろん、休日は新横浜公園でスポーツを楽しむもよし、日産スタジアムでサッカーを観戦するもよし、アリーナのコンサートに行くもよしと、アクティブな方にはもってこいの街なんです。

 

横浜市営地下鉄 阪東橋駅~京急線 黄金町駅の間のエリア

新横浜がサッカーの聖地なら、ここは横浜の野球の聖地、横浜スタジアムがあります。
残念ながら地元球団の横浜ベイスターズはあまり強くなく、余り地域密着感の強くないチームです。しかしよく考えてください。プロ野球は年間で140試合以上あるわけです。
すべて横浜スタジアムで行われるわけではありませんが、Jリーグに比べても倍以上あります。
つまり、地方出身で横浜ファンじゃなくても、年に何回かはここに来るわけです。
他球団のファンであってもここに住む価値は十分あると思います。

さて、そんな横浜スタジアムの本当の最寄駅は関内駅なのですが、関内はオフィス街のためあまり人が住みやすい街ではなく、そこから地下鉄2駅のここをピックアップしました。
理由はこのエリアの利便性にあります。そもそもここは関内駅から1.5㎞程なので十分歩けますし、何よりも、この阪東橋と京急線の黄金町は非常に近く(200mくらい)、しかも両者を使い分けることで様々な方面に行くことが出来ます。羽田空港、都心方面であれば黄金町、新幹線であれば阪東橋というように使い分けることが出来るわけです。
生活するにも近くの横浜橋通り商店街で一通りの買い物は出来ます。
また、もちろんのこと桜木町や関内自体が繁華街なのでそこから歩いて帰ることも可能です。
周辺環境的に家族世帯にはちょっと向かないかもしれませんが、特に男性が一人暮らしするにはかなり理想的な街かもしれません。

 

まとめ

ここでは、『大人も楽しめる街』を拡大解釈し、『変化に富んだ街』ということでピックアップしました。
上記に挙げた3つの街は単純に歓楽街・繁華街という解釈で考えても、横浜市の代表的な繁華街・歓楽街である横浜駅周辺や、桜木町駅周辺からも電車で1本で5駅以内の場所にあります。
本来の意味でも『大人も楽しめる』街であることは変わりないですよ。

スポンサーリンク