15/03/31 引越しコラム column

高速インターに近くてアウトドアに出かけやすい横浜の街


img_yokohama_highway_10

横浜市内には東名高速・首都高速・第三京浜など、複数の高速道路が通っています。このうちアウトドアが出来るところに繋がっているのは東名高速(静岡方面)、横浜横須賀道路(横須賀、三浦方面)等になるでしょうか?他は基本的に東京方面へのアクセスのための高速道路といった感じです。
とはいえそれぞれがジャンクションや幹線道路を経由して繋がっているので、高速に乗ってしまえばいろんな所に行くことはできます。

こんな感じで高速道路自体は本数があり、当然ながらそのインターも数多くあるので高速に乗りやすい街の選択肢も沢山あるのですが…よく考えてください。高速道路にあまり近すぎると高架の日当たりの問題や、騒音、排気ガスなんかの問題で住みやすい環境とはいえないですよね?

そもそも高速道路からの近さがメリットになるってことは、当然車をお持ちの方なんですよ。ってことはインターの隣みたいな近くじゃなくてもいいわけです。
ここではそういった観点で、近くにインターがあり、かつ住みやすさも備えた街をピックアップしてみます。

 

横浜市営地下鉄 三ッ沢上町駅付近のエリア

地図を見て頂くとわかりますが、ここは横浜市を走る各種高速道路の交点になっています。
首都高から支線として伸びた首都首都三ツ沢線に乗ればお台場方面や横須賀方面に行け、ここから始まる第三京浜に乗れば世田谷方面へのアクセスも可能です。また、横浜新道もここから始まり、これに乗ると藤沢方面、またここに繋がっている保土ヶ谷バイパスに入れば東名にも乗り入れることが出来ます。

ということで、ここは駅でいうところのターミナル駅の役割を果たしているわけですが、かといって騒音等はなく、むしろ三ツ沢公園をはじめとした憩いの場所のある住みよい街になっています。
もちろん、車に頼った陸の孤島ではなく、横浜駅から地下鉄で2駅という公共交通機関のアクセスも良好で、”平日”も充実した生活ができる街ですよ。

 

京急線 生麦駅近辺とJR横浜線 小机駅近辺

生麦は首都高のインターで、小机は第三京浜の港北インターの最寄です。おいおい生麦から小机って7㎞もあるじゃないか。いい加減なこと書くなよ。なんていわれそうですが、実はこの両者、来年繋がります。第三京浜を経由すれば東名へも簡単にアクセスでき、特に生麦側の方にはメリットが大きいかなと思います。もちろん、港北側の方は横須賀方面やお台場、ディズニーランドへのアクセスが良くなりますので、この工事、早く終わんないかなー。
街としてみても、両方とも下町っぽい商店街があり、もちろん住みやすさも保証つきですよ。

 

首都高湾岸線 本牧インター付近

駅で表現していないことからお分かりかもしれませんが、ここはちょっと駅が遠いところです。
もちろん、車がないと何もできないわけじゃありませんよ。桜木町方面にバスが出ています。
なぜここをピックアップしたのかというと、憧れてしまうくらい落ち着いた、ハイソな街並みだからです。生活するだけであればここの近辺ですべて賄えますし、ちょっと遠出しようと思えば近くの本牧インターから東京方面・横須賀方面へのアクセスも簡単です。通っているのは首都高のみですが、地理的に横浜市の東の端にある関係で、ここを起点に西向きに進めば、あらゆる高速に乗ることが出来ます。
前述のように電車でのアクセスがあまり良くないので、横須賀方面や自動車通勤が出来る家族世帯の方のお住まいの場所としておすすめの街です。

 

まとめ

最近の若者の車離れもあり、住まいが首都圏に近づけばそれだけ車での外出がし難くなっていきますので、上にあげた街はいわゆる駅近くの喧騒からも一定の距離を持って付き合っていける、落ち着いた街と言い換えることもできる街になります。