スポンサーリンク

17/01/19 引越しコラム column

子ども連れファミリーにうれしいショッピングモールのある横浜の街は?

img_yokohama_mall_09

横浜市は300万人も住んでいる都市ですので、大きなショッピングモールが出来にくい環境ではないか?という考えも浮かびます。大型のショッピングモールというのは都市部ではなく郊外にできるものですもんね。では、横浜にはやはり大型のショッピングモールはないのでしょうか。

いえいえ、そんなことは有りません。横浜市という好アクセスの都市にありながら、存分にお買い物ができ、さらにお子さんも楽しめるという一石三鳥の街があるんですよ。

今回はお子様連れのファミリーが行くのにおすすめなショッピングモールがある横浜の街をご紹介します。

 

スポンサーリンク

JR京浜東北線 「桜木町」駅

まずは言わずと知れた桜木町。もうここで紹介するより、雑誌やインターネットで調べて頂いた方がたくさんの情報がざっと見れて良いかもしれません(笑)。

この町は代表的なショッピングモールというより、一つの街がそのまま大きな複合商業施設のようないでたちになっている街です。

比較的昔からあるクイーンズスクエアやワールドポーターズはいうに及ばず、最近ではコレットマーレやマークイズみなとみらい等の新たなショッピングモールも出来ており、本当に何をお勧めしたらよいかわからないくらいです。

そんな中で、子連れという事であれば、特にお勧めなのはマークイズみなとみらいになるかと思います。ここの最上階にあるオービィ横浜はまさに大都会にある動物園ともいうべきもので、横浜に居ながらにして―20℃の極寒体験や、ジャングルの仮想体験等、他ではできない体験が目白押しでお子さんも大満足間違いなしです。

みなとみらいまで歩いて行ける場所というのは本当に羨ましいところですね。みなとみらい周辺は道も整備されているところが多く、ベビーカーを押して歩くにも、他の場所に比べると特に困ることが少ない気もします。

お子さんが少し大きくなった小学生くらいの時期はよこはまコスモワールドに気軽に行けるのもおすすめポイントのひとつです。コスモワールドは楽しみ方が異なる3つのゾーンがあるため、もちろん小さな子ども向けのアトラクションもありますが、小学生以上のお子さんであれば少し迫力のあるアトラクションにも乗れるのでより楽しんでくれること間違いなしです。

 

東急東横線 「綱島」駅

綱島駅からバスで10分程の所に『トレッサ横浜』があります。
ここはトヨタ自動車の系列のショッピングモールで、南北2棟に分かれ、北棟は主に自動車ディーラー、南棟はショッピングやレストランの構成になっています。

特筆すべきは横浜市にありながら駐車場が無料という事で、時間を気にせずお買いものが楽しめます。

施設としては自動車は勿論、ファッションや家電、家、外食やスーパーまで、本当に何でもそろい、ここをひと回りすると、家を建てるところから始まり、家庭に必要な全ての物をそろえることが出来ます。小さなお子さんがいて、あまりあちこち動きたくない場合にはもってこいですね。

自動車メーカーの系列である事から自動車関係を初めとしたイベントも多く、お子様免許証の作成やミニカーのプレゼント等、お子様も十分満足できる設備だと思いますよ。

 

横浜市営地下鉄 「センター北」駅

 

ここからセンター南駅にかけてのエリアも、桜木町と同じで全体が大きな商業施設の様な様相を呈している街です。

桜木町はどちらかというとアミューズメント的な側面が強く、住むには少し賑やかすぎるという方もいらっしゃるかもしれませんが、ここはかなり落ち着いた街で、『住む』という事を前提にするととても住みやすい街になっています。

ショッピングモールについてはノースポートモール、ルララこうほく、モザイクモール港北等、中規模のショッピングモールが複数あります。

この内、ノースポートモールには遊Kidsランドという子供の遊び場があり、お子さんも退屈する事はないと思います。落ち着いた環境と生活の利便性を兼ね備えた街です。

 

まとめ

ショッピングモールには、駅近郊のアクセスの良い場所にある『そこを目的にしていくタイプ:川崎のラゾーナ川崎や辻堂のテラスモール湘南等』と、ベッドタウン近郊にあり、『立ち寄って生活必需品を購入するタイプ』があり、横浜市の場合、後者のパターンが多いです。逆に言えば、こういったショッピングモールのある街は、ベッドタウンとして住みやすい街と言えると思います。

スポンサーリンク